ケルジェネツの戦いの作品情報・感想・評価

ケルジェネツの戦い1971年製作の映画)

THE BATTLE OF KERZHENETS

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:10分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ケルジェネツ」は河の名前で、実際にこの河のほとりで行われた西暦988年のロシアとタタールの戦争が描かれ、それに巻き込まれる村が舞台となる。

「ケルジェネツの戦い」に投稿された感想・評価

moon

moonの感想・評価

3.1
まさに動くフレスコ画、歴史絵巻。水面に映り込むシーンの美しいことよ… 戦のシーンで塗料の割れが生かされていたり馬の表現が面白かったりと、表現の面で驚くことも多かった
この作品に限らないけど若干のウェスアンダーソンみを感じる。シネスコ感が良い。
iceblue

iceblueの感想・評価

3.5
動く中世のフレスコ画。綺麗な色彩と壁画の質感が素晴らしい。詳しいストーリーがわからないので、アート作品という感じ。
日本でいうと、高松塚古墳の飛鳥美人が躍動するというイメージでしょうか。
notitle

notitleの感想・評価

3.2
フレスコ画の様な絵が、中世ヨーロッパを感じさせる。戦が終わり、栄えゆく過程の色使いが美しい。アートとして素敵だが、面白いわけではない。
フレスコ画が本当に美しい…
戦争に巻き込まれる人々の悲しみや嘆きが聞こえてくるようだった。

それにしても、世界史もうちょっと勉強したほうがいいなぁぁ
ユーリー・ノルシュテイン作品をHDリマスターした「アニメーションの神様、その美しき世界」より。中世ロシアのモンゴル人による支配を「タタールのくびき」といってロシア史的に大きな意味を持っているのだそう。フレスコ画の引用で織りなされるアニメーションと、戦に苦しむ民衆の叫びのようなひびわれた大地に赤の差し色が入ってくるのが印象的。
フレスコ画がとても綺麗だった。なんとも言えない哀しみと美しさを表現した演出がすばらしかった。色合いといい、音楽といい、感銘受けた。
Kazuho

Kazuhoの感想・評価

4.5
“タタールのくびき”はロシアを理解する上で決して欠かせない要素の一つですね
フレスコ画は圧巻すぎて泣きそうになった
【特集】ユーリーノルシュテインの世界。


二本目は『ケルジェネツの戦い』
中世のフレスコ画が命を吹き込まれる。

前作との違いは、戦いと平和を描いている部分。
前作は戦うことで、新たな可能性を導き出した。だがその結果として待っている部分までに触れることはない。
本作では争いのもとでの憂い、平和による繁栄を連想させる。

BGMと連動した戦闘シーンは、荒々しさが見えつつも儚さも同時に感じさせる。
色彩の美しさはすげえとしか表現できない。


争いとは人がいる限り、いつの時代も起こる。そのおかげで生まれるものもあるかもしれない。
だがそのために失うものはあまりにも多い。
争いのための無惨な死は、世界を赤い血に染めていくだけ。
その後の世界では彼らの傷痕は語られているわけではなく、まるで無かったかのように明るい。

繁栄の裏には犠牲が。
犠牲の裏には繁栄が。
表裏一体なのかもね。
A

Aの感想・評価

3.3
『Yuri Norshtein Film Works ユーリ・ノルシュテイン作品集』より

緻密に描かれた幾重にも重なったイコンのような切り絵が動く。接写や早いカット割り、荘厳な音楽とものすごい作り込みで、想像以上の迫力。
美しく芸術的。絵画とオペラを同時に鑑賞している感覚かな。どちらにも造詣が深くはないけれども。
>|