25日・最初の日の作品情報・感想・評価

25日・最初の日1968年製作の映画)

25-E - PERVYI DEN'

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:12分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「25日・最初の日」に投稿された感想・評価

knkne

knkneの感想・評価

3.5
キュビズムのタッチの街。
一時期ロシアアヴァンギャルドについて調べていた時の知識が役に立った。
レーニンと赤旗、ロシア革命。
人が炎のように揺らめき燃え盛っていた。
監督自身も映像を通して表現の自由と闘っていたんですね。
たった12分だけど画面に釘付け。
海

海の感想・評価

3.9
苦しみの時代と、そこからの解放、革命を、美しく愛らしくどこか淋しげなアニメーションで描くユーリー・ノルシュテイン。この一本には、ユーモアと悲しみと苦しみと、そして生きていく事の幸福、尊さがぎゅっと詰まっていた。
私のとても好きな作家ジョナサン・サフラン・フォアの小説に、「ユーモアは、悲しい話を正直に語るただ一つの方法」という言葉が出てくる。どういう意味だろう?本当の意味をずっと探しながら生きてきて、この作品を観て少し答えに近づけた気がした。

白と黒に赤。ロシアの芸術や歴史に特別詳しいわけではないから核心的な事は何も書けないけど、この12分にはただただ圧倒された。
悲しみの色は透明だと聞いた事がある。真っ赤な炎、それが燃え尽きてしまった後の淋しい灰、子供の白い頬、大人の黒い服。いずれすべて悲しみへと還っていく、いくつもの色。そして幸福もまた、透明である。

2018/10/10
なつこ

なつこの感想・評価

3.0
アニメと言うよりは、動画の形をした美術作品ですね。
私は政治色の強い芸術があまり得意ではないので、短編で良かった…。
いや、短編だからこそ力強く表現できたのではないかと思います。
一般人

一般人の感想・評価

3.1
ショスタコーヴィッチの音楽!
赤がなんとも映える
権力はソビエトへ。土地は農民へ。
kai

kaiの感想・評価

3.4
灰色の画面全体が真っ赤に染まる程に、赤く燃え上がる民衆の波。
コミカルに慌てふためくブルジョワ。
とにかくエネルギッシュな作品。
Cisaraghi

Cisaraghiの感想・評価

5.0
ノルシュテインの映画は、アニメの枠をはるかに超えて動く絵画、動く美術。映画レビューではなく美術批評の対象になる範疇の作品では。
 というワケでとにかく素晴らしい!としか言えないが、これはロシア革命という題材に合わせてロシアアヴァンギャルド風の作品なのかな?チト怖い。
 音楽はショスタコービッチ。
大越

大越の感想・評価

3.0
国立シネマアーカイブ、夏休みのデートでノルシュテインを選択した学生たちがそれなりに来ていた。

初デートらしき彼らの出鼻をくじくソヴィエトの赤!
国立映画アーカイブ開館記念 日本におけるロシア年2018 ロシア・ソビエト映画祭 『ユーリー・ノルシュテイン選集』
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
 ソ連のアニメ作家ユーリ・ノルシュティン作品。ユーリていうとあのフィギュアスケートアニメ思い出すんだけど笑、世界初(だよね?)の社会主義国家の誕生の瞬間を垣間見るオペラって感じ。
moon

moonの感想・評価

3.0
ロシア・ソビエト映画祭にて念願のノルシュテイン6連発! そして初めての国立映画アーカイブでした。

「霧の中のハリネズミ」など動物キャラクターのイメージしかなかったので、1本目からいきなり政治色の強いアニメーションで驚いた。キュビスム様式で描かれるロシア革命1日目。ジョルジュ・ブラックの絵画のような冷たい都市に赤い民衆が流れ込む。純粋にかっこよかった
>|