25日・最初の日の作品情報・感想・評価

25日・最初の日1968年製作の映画)

25-E - PERVYI DEN'

上映日:2016年12月10日

製作国:

上映時間:12分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「25日」とは、ロシア旧暦で1917年10月のロシア革命最初の日にあたる日。たなびく赤旗に浮かび上がる文字は「すべての権力をソビエトへ!」静かな広場に民衆の怒りが打ち寄せ、資本家・貴族・ブルジョア・聖職者・憲兵らの支配者階級が打ち倒される様子が描かれる。

「25日・最初の日」に投稿された感想・評価

Cisaraghi

Cisaraghiの感想・評価

5.0
ノルシュテインの映画は、アニメの枠をはるかに超えて動く絵画、動く美術。映画レビューではなく美術批評の対象になる範疇の作品では。
 というワケでとにかく素晴らしい!としか言えないが、これはロシア革命という題材に合わせてロシアアヴァンギャルド風の作品なのかな?チト怖い。
 音楽はショスタコービッチ。
大越

大越の感想・評価

3.0
国立シネマアーカイブ、夏休みのデートでノルシュテインを選択した学生たちがそれなりに来ていた。

初デートらしき彼らの出鼻をくじくソヴィエトの赤!
国立映画アーカイブ開館記念 日本におけるロシア年2018 ロシア・ソビエト映画祭 『ユーリー・ノルシュテイン選集』
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
 ソ連のアニメ作家ユーリ・ノルシュティン作品。ユーリていうとあのフィギュアスケートアニメ思い出すんだけど笑、世界初(だよね?)の社会主義国家の誕生の瞬間を垣間見るオペラって感じ。
月月

月月の感想・評価

3.0
ロシア・ソビエト映画祭にて念願のノルシュテイン6連発! そして初めての国立映画アーカイブでした。

「霧の中のハリネズミ」など動物キャラクターのイメージしかなかったので、1本目からいきなり政治色の強いアニメーションで驚いた。キュビスム様式で描かれるロシア革命1日目。ジョルジュ・ブラックの絵画のような冷たい都市に赤い民衆が流れ込む。純粋にかっこよかった
前衛的な雰囲気はモリモリだけど赤色の使い方とか音楽との合わせ方とか案外キャッチーで面白かった。終盤の声と実写のインパクトがすごい。
コディ

コディの感想・評価

3.5
いいデビュー作
ショスタコが良い、ロシアの音楽はやっぱり素敵
iceblue

iceblueの感想・評価

3.5
ロシア革命のアニメーションなので大人向けです。
虐げられてきた民衆の決意を感じる力強い作品。なかなかの迫力。対象的に、慌てるブルジョア達の滑稽な姿。
灰色の絵が次第に赤に侵食されていく。当時の芸術家達の作品をコラージュしたとのこと。
初ユーリー・ノルシュテイン。
Uknow

Uknowの感想・評価

3.5
イコンの母子像
塔の日時計
整然と並んだ銃剣たちが行進する上を狂ったように舞い、炎のように押し迫る赤い人波つんざくような管楽器の音

赤い旗のもと自由の野を歩く大勢の白黒の人々

短いのだけれど、映像と音楽で一気に迫り来る。動悸が激しい。
notitle

notitleの感想・評価

3.8
ロシア革命の話。完全にアート作品、アバンギャルド芸術。かなり政治色が強いけど、普通にかっこいい。今にも溢れ出しそうな、エネルギーが凄い。
>|