Love Letterの作品情報・感想・評価

「Love Letter」に投稿された感想・評価

とも子

とも子の感想・評価

3.8
ピアノの旋律が情景とうまくマッチしてて美しさを感じた

並の感想だけど恋っていいな、と思いました。
めっっっちゃ良かった。
後半からだんだん面白くなってきて最後には観てよかった!!!!ってなった。
個人的に駐輪場のシーンがなんとなくグッときた。
20代の時に観た映画。中山美穂を観るための映画。そのくらい、このくらい好きな映画
Rily

Rilyの感想・評価

3.5
全然イケてない青年が気になる女性を映画デートに誘うも撃沈していた。
でもチョイスは絶対に間違っていなかったと思う。
なぜなら彼が選んだ映画は「レオン」だったから…
ひーな

ひーなの感想・評価

4.0
泣いた( ; ; )

男の人って初恋の人が忘れられないってこのこと

博子さんが切なすぎる
いろいろ都合が良すぎる話だが、一粒で2度美味しいというか、うまいことクロスオーバーして2つの悲恋と秘密を味わえる喜びと切なさと納得感。
柚子

柚子の感想・評価

4.0
とても良かった。
一人の亡くなった男性を巡って展開する二つの恋の物語。

もう届くことのない宛先に亡き恋人を想い手紙を出してしまう。
一目惚れだと言ってくれた恋人の初恋の相手が自分にそっくり、例え中学時代のことであってもやっぱりショック。
そんな博子の死後なお一途な想いには胸を打たれる。

一方の樹(女)は、とある一通の不思議な手紙から中学時代の同級生の男子を思い出す。
遠い思い出の中の彼を回想するうちに、かつての自分の気持ちに気がつく。
若さゆえに理解することのできなかった、淡い初恋の思い出。

恋とはこういうこと、と思い出させてくれた映画だった。
一人の死から始まる物語にもかかわらず、鑑賞後胸に残るのは暖かく、それでいて甘酸っぱい気持ち。
20年以上前の映画なのに、色褪せず、恋を経験したことのある生きとし生けるものすべてに通用する作品だと思った。

ただ、時代を越えても愛される映画だけどこの当時でしか起こり得ないシーンもいくつかあった。

個人情報保護のため卒業アルバムに生徒の住所はもう載ってないし、載ってたとしても男女平等の観点から今は男女混合の名簿になっているのでその時点で同姓同名の人がいることには気がつく。
また、インターネットや携帯電話の普及からきっとやりとりはメール・SNSで行われるだろうし、住所を腕に書き取る情緒あるシーンもきっとパシャって写真を撮って終わり、何とも味気なくなってしまうと思う。
本の貸し借りだって今はバーコードでピッとやって終わりで図書カードなんてもうないかもしれない。
2010年代後半の現在では成立しえない、あの当時ならではの世界観だなあと、本編とは関係のない所で感動した。

どこにでもありそうで、どこにもない奇跡の物語だと思う。
p

pの感想・評価

3.7
ラブレター借りてきてって母に言われて、ぽっぽやのほうのラブレターを借りてきた記憶がある
鈴木蘭々が可愛かったので調べたら現在40代でした。
この映画はなんと20年前の映画だったのです。

豊川悦司
純ファンタジーといいたい
さすが岩井さん
(純は純喫茶の純と同意)
>|