相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿の作品情報・感想・評価

「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿」に投稿された感想・評価

ka28mar

ka28marの感想・評価

2.8
相棒の劇場版スピンオフ
ヒットしたTVシリーズの脇役に焦点を当てるパターン。
本編は継続してるならこちらの方が値打ち案ぢゃね?
[R_D]
MiYA

MiYAの感想・評価

2.5
「日曜洋画劇場」にて。六角さんが映画主演。この事実はいろんな意味でいろんな人に勇気を与えただろうなぁ。

ラストで一芝居打って犯人をおびき出すところは「おお」と思いましたが(てっきり犯人は×××だと…)、まぁ2時間ドラマで十分かなという内容(ドラマシリーズ見てませんけど)
ぱなお

ぱなおの感想・評価

2.5
歳のわりに、無鉄砲な青臭い萩原直人の刑事役にちょっとイライラさせられたけど、犯人の想像つかなさは意外で、ちょっとビックリ。スピンオフものは劇場版にまでしなくていいんじゃないかなぁ…。
相棒スピンオフ。今はもう警察学校の教壇に立つ米沢守が主人公。元々相棒の米沢さんが好きで、大学選びの時マジで将来科捜研(もしくは科警研、鑑識もいいけど鑑識になろうとすると現場の刑事になる可能性もあったからあんま選択肢になかった)選ぼうと思ったレベル。やから出た時はすごい嬉しかったしおもしろかったよ。レビューになってねえな、すみません
jackpov

jackpovの感想・評価

-
昔見たのを思い出した
片桐はいりが片桐はいりだった
じつは中学生のとき小説版も読んだ
Junpei

Junpeiの感想・評価

4.5
相棒にはTVシリーズからいろいろなテーマで描かれている。今回は驚きの結末。この人が犯人だったのかという驚きは他のミステリーには真似出来ない。この作品はその真骨頂。
ごじ子

ごじ子の感想・評価

1.1
相棒のブランドの力に頼って作られた映画。固定ファンと宣伝力など、テレビ映画ならではの有利さに支えられているんだから、もっとキレキレの冒険作を作って世間を驚かせるぐらいやってほしい。映画文化に乗っかって利用はするが貢献する気はない?ほどほどのもの作って済ませ一年も経てば地上波で放送してしまうなら、正攻法で頑張る映画にスクリーンを譲るべきだと思う。
米沢さんにスポットがあたっていて、人柄に癒されつつ観れます。
六角精児うますぎる。感情移入してしまう。癖がありながらもいじらしさを見せてくれた。
あれだけ口にしてた、出て行った女房がまさかの形で登場。米沢さん、ホントに苦労人。
>|