踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望の作品情報・感想・評価

「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」に投稿された感想・評価

つい見ちゃう踊る大捜査線シリーズ。

少しこっちが恥ずかしくなる様なトレイディ要素をいつまでも貫く感じたまらなく好き。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

3.0
警視庁湾岸署管轄内で開催されている国際環境エネルギーサミットの会場で誘拐事件が起こり、さらに数時間後には被害者が射殺体で発見されるという事件が発生。警察が押収した拳銃が使用されたと見られ、全ての捜査情報を文面にて管理官・鳥飼(小栗旬)へ報告すること、所轄の捜査員には情報開示されないことが捜査会議にて発表される。異例と言える捜査方針が敷かれる中、第2の殺人事件が発生。さらに、今では湾岸署署長となった真下(ユースケ・サンタマリア)の息子が誘拐されるという第3の事件までも起こる。青島(織田裕二)は疑念を抱きつつも事件解明に向け懸命に捜査するが……。
テレビドラマから始まった「踊る大捜査線」サーガ・ファイナル。
前作の大コケを挽回する完結編となるかが、注目となった最終作。
警察の証拠保管庫から盗まれた拳銃による殺人事件誘拐事件と大量の酒の誤発注事件が、交錯してストーリーが進んでいく。さらにすみれが古傷の悪化により、退職を決意するという事態が発生する。
「相棒」などリアリティーを重視した作り込んだ刑事ドラマが注目を浴びる中、やはりバラエティー色の強い「踊る大捜査線」は時代から取り残された作品になってしまったと感じる作品の出来になった。
「戒名」のくだりのギャグ、スリーアミーゴスが絡むギャグなど、ドラマが始まった際には笑えたが、今となっては笑えない。
ただ、警察の証拠保管庫から盗まれた拳銃という事態を隠蔽するために、警視庁が湾岸署を使って身代わりの容疑者を送検しようとする警視庁を中心とした犯罪、真下が交渉課にいた頃の誘拐事件の謎に立ち向かう青島刑事の活躍は、全盛期の「踊る大捜査線」の硬派な部分が復活した感じで、ビールのくだりを除いてシリアスに徹した方が仕上がりが良くなったと思える。
警察組織の犠牲にされそうになった青島刑事と室井管理官の逆襲劇は、やはりスリリングで熱い展開。
刑事サスペンスアクション映画としては、及第点といった出来で、「踊る大捜査線」シリーズのオチをきれいにつけた完結編。
tomo

tomoの感想・評価

3.7
お笑い要素や無茶振りはほとんどなく、シリーズの中で警察映画らしい作品でした。
全体的に背景のトーンも低めで、それらしい雰囲気が漂ってました。
シリーズのファンからすると物足りなく感じるかもしれないですね。
個人的にはこういう作風も好きなので楽しめました。
シリーズの中で一番余韻が深かったかもしれない。
青島くんと室井さん、青島くんとすみれさんの関係はほんとにジーンとします。
すみれさんとの関係は有耶無耶なままで終わってしまったけど、いつか冒頭の唐揚げ屋みたいな威勢の良い夫婦になって欲しいですね。
MiYA

MiYAの感想・評価

3.8
評価は甘め。でもね、TVドラマシリーズから見始めて、たまに映画で再会しては「久々に会うけどお前らも変わんねーなー」なんて感じで付き合いを続けて15年。これで見納めかと思うとそりゃしんみりもしてしまうのです。

映画としてはそんな悪くないと思います。少なくとも第3作からは随分持ち直しました。ストーリーは小細工なしの本格的な刑事ミステリーだし、本部で指示する室井と現場で走る青島の姿がさすがに感慨深く、見事なサービス精神を見せてくれます(バナナとかビールとか、ツッコミどころは多いですがw)。筧利夫と真矢みきまで無理やり登場させるなど、顔見世興行的な祝祭気分もよし。

でもね、ファンとしては青島とすみれさんとがくっついてこその大団円なわけですよ。結局そこを描ききらないままの幕切れではモヤモヤするー!
でっさ

でっさの感想・評価

3.6
すみれさんはショートカットじゃなきゃ
そして
真下巡査が所長になっているとは驚いたぜぇ
Paddington

Paddingtonの感想・評価

3.0
面白かったです。青島と室井さんと、青島とすみれさんと、青島と真下の関係性がきちんと描かれてました。ドラマの頃からすでに絆があって、それはファイナルでもしっかり結ばれてるんだよ、というだけの話のような気もするけど、シリアスな場面の中に笑いもあって踊る感満載だったし、青島が自転車漕いだり、すみれさんがバス暴走するのも、らしくて良かった。青島の真っ白なキレイな歯並びの笑顔を見るのもこれで最後かと思うと寂しくてまたドラマを見返してしまいそうなくらい、ハマってしまった。
おぼろ

おぼろの感想・評価

3.3
1.2とは比べ物にならないですが、3が酷かった分マシに感じました。
3であった違和感はあまり感じませんでした。
冒頭のから揚げ屋のシーンとか好きでした。
ひつじ

ひつじの感想・評価

3.8
映画館で観た時も、テレビで放送されて観た時も、やっぱり絶賛にはならなかったので、ドラマや1作目、2作目ほどは見返すこともなく内容も展開もそこまで思い出せることもない作品という立場でした。
でも、今回真剣に見返してみたら「結構面白いじゃん!」となりましたね。
正義、組織、規則、隠蔽…などなどドラマから何度となく出てくるテーマのようなものが今回事件となって現れます。
青島と室井さんもずっとそういうものに抑圧されていつか変えてやる!って約束して頑張ってます。今回の犯人たちとそこまで想いは変わらないけどやり方を間違えてしまう。
青島が「正義感なんて秘めてるぐらいがいいんだ」って鳥飼に言うのがズドンと胸にくる。
織田さんって本当に青島がはまり役だなぁ〜って思う。
あと小栗旬演じる鳥飼が好きでした。いい役所ですよね。
あとオープニングのタイトルバックが最高にカッコよかった。踊るファンならあれだけでも見る価値あり。
ただ、勿論欠点も多々ありましたね。そこはまあ、踊る愛でカバーします(笑)
数日前にCSで放送された第1作目を観てから、もう何度目か忘れましたが僕の中に訪れた「踊る」ブーム。

DVDを引っ張り出してテレビシリーズ、スペシャル3本、スピンオフ、劇場版2作目、3作目そしてFINALをここ何日かで鑑賞。
残念ながら「LAST TV」だけはDVDが紛失してしまったようで観られませんでした…買いなおそうとあちこち探したんですがありませんでした。無念!

地味ぃ〜に「逃亡者木島丈一郎」が良かったっ!

不思議なもので「駄作」と思っていた劇場版2作目、3作目も面白く、以前見た時の印象とはだいぶ違いました。

「FINAL」に至っては内容をほぼ憶えておらず初見の様に楽しみました。

「FINAL」って2012年作品なんですね、6年も経ってるのに全然色褪せてない。
このシリーズが終わってしまったのが今更ながら残念でしょうがないです。

改めて観るともっともっと掘り下げてほしいキャラクターもたくさんいてスピンオフだけでも続けて欲しかったなぁ…と今更ながら思います。

でもすみれさんのラストシーンがあそこって言うのはちょっと残念、復帰はしたんだろうけど湾岸署にいて欲しかったな。

…いたのかな?もう一回観てみようかな?
キャストの皆さん、音楽全てかっこいい!
もっと続いてほしかった!!😭
>|