踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望の作品情報・感想・評価・動画配信

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望2012年製作の映画)

上映日:2012年09月07日

製作国:

上映時間:126分

3.2

あらすじ

「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」に投稿された感想・評価

ogu4

ogu4の感想・評価

3.3
久々に鑑賞。ストーリーはいまいちかな、、。
でも、踊る大捜査線は各キャラと音楽が魅力だと思うので、あんまりストーリーは面白くなくても観れてしまう。
ドラマの頃が一番好きだな〜。
テレビで観始めてシリーズを観たりみなかったりしたドラマを映画で完結。色んな刑事ドラマを観るけれど、どれもやっぱり上層部は腐ってる。鳥飼役の小栗旬が室井役の柳葉敏郎に言ったシーンで、政治も組織もシステムが機能していない。こんな所にまだ居るつもりなのか。と、言って去って行った。私も、その言葉には納得しました。でも、青島(織田裕二)は、正義なんて胸に秘めとくぐらいがいいんだと言い放った。どちらの言葉も賛否両論。最後にしては、何か物足りなかった気がします。
町の人達を守る最後の砦

警察なめんなよ

本当によかった。🥲
ま

まの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

室井さんがかわいい。
オープリングがこれまでのシリーズのカットを流してて、室井さんは眼光が変わらない。バスがつっこんでくるところ、すみれさーーーんてガッツポーズした。嘘は言わないけどはぐらかすビールのくだり好き。

このレビューはネタバレを含みます

ついに踊る大捜査線ファイナル!
まず登場人物と役者紹介のオープニング映像がカッコイイ。ドラマと映画の過去映像がギュッと詰め込まれて、一瞬にして「この人達のことよく知ってるわ~」って身内のような気持ちになれる。(エンドロールの過去名場面とオフショットも良かった!)

真下くんと雪乃さんのお子さん登場。お台場の街は空き地が減り、道路が増えて一大観光スポットに発展、夜はスカイツリーも見える。刑事たちもスマホを使用。シリーズを通して見ると時代の移り変わりがよく分かる。
お馴染みのスリーアミーゴス、カエル急便、エリート組の筧さんと真矢さんも登場でほっこり。集大成に相応しく、会議室の膿出しと派手な演出(CGがちょいショボイ…)も見どころ。

今作のテーマは「正義」。
室井さんの「おじまげなぁ」、青島さんの飾らず人のために動く姿勢が周りの同僚達をも変えていった15年間だった。
警察という同じ組織にいても正義は違う。犯罪者もそれぞれの正義で生きている。だから正義と悪は表裏一体、平和を保つのはとても難しい。でも壊すことではなく「守る」ことに尽力してくれる青島さんやよき理解者の室井さん達がいてくれるから、きっと今日も平和なのだろうなと思えるラストだった。
な

なの感想・評価

-
相変わらずの豪華な俳優陣で終始見応えがあった。音楽でより盛り上がった。
かなりドロドロな話だけど
前作(3作目)より全然良かった!!

最高の最終作!!
tomiosho

tomioshoの感想・評価

2.4
踊る大捜査線のシリーズ最終回、
本当はそれなりに面白いかも…
毎回映画館で観ていたけど、「2」以降は惰性で見ていた。

テレビドラマ版を含めて一時期、見過ぎて私が勝手に飽きていただけかも…
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
シリーズ最終作。警察官が関与した疑いの事件が発生、隠蔽に動く組織の理不尽に翻弄されながらも、湾岸署青島刑事が事件解決に動く。さすがの作り込みの細かさ。いつも通り、警察署オフィスでの後ろの人達の動きが気になる。出演者も豪華。和久さんを彷彿とさせる場面にもぐっとくる。最終作にふさわしい終わり方、感慨深い。
ぴこ

ぴこの感想・評価

3.6
いききってやったぜー。回を増すごとにテンポ感がゆるやかになって、ちょいだれちった…キャストが相変わらず超豪華やから、いろいろ許そう(笑)結果1が1番テンポよくておもろかったかな。それでもこういうオチがわかってるシリーズもんは楽しいもんなんよ。
>|