相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜の作品情報・感想・評価・動画配信

相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.4

「相棒-劇場版II- 警視庁占拠!特命係の一番長い夜」に投稿された感想・評価

Yuki

Yukiの感想・評価

4.3
また見ちゃった。
神戸尊が相棒もいいね、三浦警部補もいる頃か。
「官房ちょーーーーー!」
冒頭のミッチーのシャワーシーン、下から舐めるようなカメラワークがものすごく面白かった。
徐々に事件の真相が明らかにされるも、完全解決、つまり悪いものは手錠をかけられ、正しい人は報われる展開には至らない。
立場が偉い人が事件に絡むとなると、なあなあで終わらされるこの展開、10年以上前の映画なのに今の日本を見ているようだった。
警視庁幹部を人質に取った立て籠り事件、正当防衛として犯人は射殺される。犯人が犯行に至った訳と正当防衛の真相とは?って映画。

警察組織の闇を感じる。
再放送をやってないのでアマプラで劇場版を見てみる。

やはり組織と個人、立場による正義というテーマを大上段に振り上げた社会的と言われるような作品に仕上げられてる。

組織の為と言いつつ個人的な保身をはかる人間たち。組織を牛耳る権力は個人なのか組織なのか。

警視庁、警察庁という組織の中の出来事はあらゆる組織に存在する問題と同じDNAを持っている。

しかし、しかしだけど杉下右京は細かいことを気にして好奇心をエネルギーに組織とか個人と信条とかを超えたところで持ち前の頭脳でひょうひょうと謎を解く姿の方が好きだな。

ノンキャリア組の星である石倉三郎はただでは済まないと思ってた。
つい

ついの感想・評価

4.4
いやー見応えありました!もう「相棒」面白過ぎでしょ...最近「相棒」しか観てないのに、まだ11年前の作品って、どんだけ分厚いドラマなんですか。

ドラマ「相棒」シーズン9の9話から直接繋がる物語ということだったので、ドラマを中断して鑑賞。シーズン途中で、大きくストーリーに影響する映画を公開するってのが面白い試みですね。

最後の山場は、ライブで映画鑑賞して興奮してた元カノから聞いて知ってましたけど、それ以外は全く知らなかったので新鮮に鑑賞できました。

1作目がスピード感あふれるエンタメ作品としたら、2作目はドス黒い社会派ドラマという感じ。

警視庁幹部を人質にとった籠城立てこもり事件からはじまり、特命係が裏に隠された真相を追いかける様を描き、更に警視庁と警察庁のバチバチも描いたストーリー。

「相棒」観るまで警視庁と警察庁の違いもよく知らなかったし、官房長と官房長官の違いも知らなかったし、公安が都道府県警にあるのも知らなかったし、いろんな組織の勉強になります(それでもよく分かってないこともまだまだありますが)。

いやーそれにしても豪華キャスト。
小西真奈美さん、小澤征悦さん、國村隼さん、葛山信吾さん、宇津井健さんなどなど。それにチョイ役だけど有名どころの俳優さんを多く起用してて、全くもって物語の展開が読めませんでした。
もちろん警視庁が主な舞台なので、いつもの警視庁の俳優さんも登場。

はー面白かった。
さてドラマに戻りますかね。
中盤以降、一気に黒い影を落とす展開に。
事件は解決しつつも爽快感のない感覚、これが相棒の良さである。
Tsubaki30

Tsubaki30の感想・評価

3.4
相棒劇場版の中では1番好きです。
ドラマも以前はほぼ観ていました。
期待値が高すぎるのか、劇場版は今一に感じてしまいます。
警察官僚ってこんなに腐ってんの?と疑いたくなるような話
杉下さんの突然のアクションシーンには笑った
官房長にはじまり官房長に終わる。
Readme

Readmeの感想・評価

4.2
相棒がミッチーになってから右京さんが窓から飛び出したりめっちゃアクティブ。
警察内部の話とはいえ、こにちゃんが事情聴取されなかったりとなぞも多い。
あと國村さん顔が悪人過ぎてて怖い!😫

いろいろあった事件だけど、最後の
「官房長ーー!!」しか覚えてない
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品