こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIEの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.3

あらすじ

原作

主題歌/挿入歌

「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」に投稿された感想・評価

コオジ

コオジの感想・評価

3.5
当時毎週父親とアニメを観ていたのを思い出す。
特にアニメ好きでもない父親だったが、こち亀に漂う昭和感が好きで、一緒によく観ていた。

今作もシリーズアニメのドタバタ感は残しつつもホロリとさせるストーリーの展開がこち亀らしい。

爆弾テロというなかなか笑えないテーマをネタに出来てしまうのは、こち亀の力だろうか。
ヒロインの魅力も原作があってなお良し。
Cafu

Cafuの感想・評価

3.0
こち亀はテレビで放送してたときは何度か観たことある程度でした。話数が沢山あるため、当時は単行本を読んで楽しんでいました。今になって映画作品の存在を知って視聴。

オープニングから、こち亀ワールド全開でした。
内容として葛飾区で連続爆破事件が起こり、事件解決のために両さんと仲間たちが奮闘するお話。
ストーリーは単純明快で前半かなり笑いどころあり、後半も笑える場面と、ほっこりする場面があって楽しめました。本作は、こち亀を観たことない方でも十分楽しめる作品だと思います。
ど真ん中の席をとったのに薬を飲んだせいで何度もトイレに立った映画。
あの列に座っていた皆様ごめんなさい。

ドタバタしつつも、話の起承転結はあって中々観れる作り。
感慨深さはないけれど楽しめる
両さんは漫画でしたか見たことがなかった。ウンチク多めの漫画よりこれは結構騒ぐして賑やか。エンディング吉田拓郎最高だけど、こち亀には合わないような……
連続爆破事件という大規模な題材ながら、こち亀らしい下町情緒溢れるドタバタコメディに上手くまとめられた作品。下町育ちとしては馴染みの場所がたくさん出てきて嬉しい限り。
長年に渡って連載された"こち亀"の
劇場版アニメ第一作。
子どもの頃に何度も見返した作品だが、
人情ギャグコメディ・アクションとして
最高の映画だと思う。

葛飾区で発生する爆弾事件に、
両さんをはじめとするお馴染みの面々が
奔走していく物語だが、
ドタバタ劇に人情話という
"こち亀"の良さを詰め込んだ作品だと思う。
単なるギャグ映画と思えてしまうが、
結末に至るまでの伏線や前ふりを
上手く描写していて、
無駄な部分がない映画と感じられた。
物語自体も一件落着かと思いきや、
まさかの展開に陥る内容で、
王道ながらも飽きない内容だった。
両さんとゲストヒロインの
FBI捜査官リサとのバディものとしても
良く練られており、
最後の別れの場面は粋な計らいだった。
エンディング主題歌である
吉田拓郎の「気持ちだよ」は、
いつ聴いても心に染みる名曲だ。

「幸せの神様は泣き虫が嫌いなんだ」
という言葉と共に、
子どもの頃を思い出させる、
笑って感動できる良い映画だった。
正直、こち亀のアニメは、
「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」
と同じように続いて欲しかったと
改めて思った。
wadahiro

wadahiroの感想・評価

3.0
20年以上前のアニメ映画なので映像荒いな。
ドタバタ感はこち亀ならでは。
山田

山田の感想・評価

3.4
最近面白い映画に出会えなさ過ぎてやけくそになってみたら最初からめちゃくちゃで笑った

小学生の頃を思い出す破天荒常識皆無人情愛されおじさん👏👏
ONE PIECEで言うところの、いわゆる"ペル問題"というのがこの映画でも起きているが、なんというかそういうことを指摘するのも野暮な話なんだろう。
理の外にいる者、理をねじ曲げる者としての両津勘吉と考えると、ペル問題もなんか納得できるようなできないような。
ながら見しようと思ってたのにいつの間にか見入ってしまってた。

相変わらずホッコリするお話し。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品