釣りバカ日誌10の作品情報・感想・評価・動画配信

釣りバカ日誌101998年製作の映画)

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

3.4

あらすじ

「釣りバカ日誌10」に投稿された感想・評価

ika

ikaの感想・評価

5.0
スーさんの再就職!面白かったー!
金子賢に宝生舞のカップルとか最高だし。
いー

いーの感想・評価

4.8
ハマちゃんとスーさんの絡みが好きだから、スーさんが社長だってバレるまでは本当面白かった!!!
なかの

なかのの感想・評価

3.6
さあて今週の釣りバカ日誌は
スーさん社長辞めるてよ❗
松五郎、タイ料理好きだってよ❗
の2本でお送りします
スーさんが会社をやめた!?スーさんが資格が多いとは知らなかった。
わかる方いたら教えて下さい!スーさんが、浜ちゃんちの台所のポットで自分用の読み物を作ってるシーンが、シリーズ何だったかを...!
勝手知ったるな雰囲気で、浜ちゃんちに馴染んでる、すごく好きなシーンです。

このレビューはネタバレを含みます

オープニングが描き下ろしの漫画ver
原作者のやまさき十三・北見けんいちも
レストランのシーンでカメオ出演している。

そんな記念すべきシリーズ10作目。
メインストーリーは…
会社に嫌気が差したスーさんが清掃会社に再就職
しかしその派遣先がまさかの鈴木建設!
社長という身分を隠し潜入していく。

ビル清掃という点でいうと
脚本の山田洋次が監督を務めた「学校3」
公開年も近いしストーリーの着想に影響が
あったのだろうか。
とにかくこのシチュエーションが
コメディとして面白い!!

佐々木課長のペンをパクったり
重役たちが社長の悪口を言ったり

色んなフロアに出入りする清掃員が
社長とは知らずに軽口や悪口を言いまくる
社員たち。
チグハグなシチュエーションが生み出す笑いは
シリーズ上では一二を争う秀逸な設定だ。

このシチュエーションを活かした笑いを
もっともっと見たかったと感じた。
それくらい楽しい。

運転手・前原がいつもより活躍するのも素敵。
すっかり釣り好きになってしまっている格好は
愛らしい。

ゲストは金子賢と宝生舞。
できちゃった婚や同棲生活…
スーさんと歳の離れた男女が巻き起こす日常。
そして就職難や中高年の自殺など
全体的にしっかりと「今」を描こうとしている
気概を感じる。

北九州人の無骨な父親を演じる夏八木勲も
短い出番ながらも土地の色が出た人物を
しっかりと演じ切っている。

披露宴のシーンだけスーさんが
髪の毛ボサボサでお吸い物ガブ飲みしたり
少々ぶっ飛んでるのは何故なんだろう?

そんなどーでもいい疑問はあるけれど
いつもの設定を生かしながら崩す所は崩す。
ゲストで若者の今も描く。

シリーズの中でも
安定と挑戦を感じる秀逸な1本。
個人的には大好きな作品だ!

ナイスカット
屋上のジェスチャー会話
ふざける塩梅がちょうど良い。
コレ以降の現実離れしたふざけは
現実離れし過ぎているので好きじゃない。

ラストの工場と一体となった釣り場・空撮
途中、北九州の様々な場所も丁寧に撮影
北九州の切り取り方が良い

ふざける塩梅と日本の風光明媚。
栗山富夫監督のセンスが好き
CRIBS

CRIBSの感想・評価

3.0
今回の再就職パターンすごく好きです(^^)役員達の社長だと分かった後の態度よ!笑

このほっこり感は幸せですね。
修学旅行とか社会見学とかさ、バス乗って観てたし吐いてた
地元やけん^ ^


合体

させてくり^ ^
大好きな釣りバカ日誌シリーズの10作目‪🎣‬

今回の物語は
なんとなんとスーさん社長辞めるってよ!
重役との対立で大決断!
釣り三昧で余生を楽しむ事に♪
しかしハマちゃんからは仕事をやってこそ釣りが楽しいのだと言われる。
再就職したスーさん、そりゃああの資格数はヤバすぎ!で再就職も余裕。
そして就職した派遣先はなんと自分の会社(笑)もう楽しくて面白くて、ハマちゃんとのやり取りも最高!

再就職先で出会ったスーさんの同僚。
そしてハマちゃんの友人でもある松五郎(金子賢)と恋人(宝生舞)の福岡県北九州を舞台に大恋愛劇もあり大満足の作品!

スーさんの運転手、前原(笹野高史)の出演シーンが長いのも嬉しい♪
そして高木ブー、原作者の2人が出演しているのも見逃せないポイント🌴
maco

macoの感想・評価

-
会社を飛び出したスーさんが再就職して鈴木建設に戻ってきてしまうという笑える展開。宝生舞が懐かしくかわいい。しかし何度もいっしょに出張しているのに、いまだに関係がばれていない浜ちゃんとスーさんはなにげにすごい。