こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIEのネタバレレビュー・内容・結末

こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE1999年製作の映画)

製作国:

上映時間:95分

ジャンル:

3.3

あらすじ

原作

主題歌/挿入歌

「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE」に投稿されたネタバレ・内容・結末

昔リサを助けた男の、「幸せの神様は泣き虫が嫌いなんだぞ!」
フラグがビンビンのいかにもな台詞。
この時点でまさかとは思ったけど、案の定終盤で両津が同じセリフを吐く。ワロタ。
アニメ長く見てたけど、そんな慰め文句1度も吐いたことないやん(笑)

映画の内容はほとんど忘れた。
意外と面白いかも
この映画がこち亀との初めての出会いだった気がする
昔なんかの帰りのバスでこれ見て、龍樹に両さんが死ぬか聞きまくってた記憶がある
それからトワイライトでよくこち亀を読むようになった
こち亀アニメほぼ見た自分は展開が読めてしまったけど、それでもTVアニメ→映画に変換するのにちょうどいい規模感な気がする。(2はスケールアップ感がありすぎて)
両さんの人の良さも出てて、「幸せは泣き虫のところには来ない」という両さんらしい名言にもジーンときてしまった。それにやっぱり、下町はいいよな。

よく考えたら、先に「展開が読めた」と書いたけど、いいんだよこち亀だから。TVだっていつもどうせ爆発して吹っ飛ばされるのがお決まりで読めてるんだから。笑 まあ、それが2時間ものになってアリなのかナシなのかが、人によるのかな。
アニメの両津もドラえもん映画方式ですか、粋な両さんの亀有愛&男気が堪能できます。

シナトラ建設の建造物ばかり狙う爆弾魔"弁天小僧"を逮捕しにFBIからリサが派遣されてくる。両津とバディを組んで爆弾解体に奮闘する。

いつもの両さんのハチャメチャぶりも健在だが3:7の割合くらいでハチャメチャ:男気となっている。でもそのハチャメチャぶりが後になって生かされたりきちんとオチにもつなげていたりしていてきちんと映画している。偽EDなど高度なテクも使ったりしている。それでいてきちんとベタな展開も入れ子供も一緒に同伴しなければいけない大人もある程度楽しませる作品となっていた。

子供だったら気にしなかったかもしれないが今見てみるとリサが子供を探す切羽詰まった場面で大声で探す場面の覇気のなさの違和感が凄すぎる。ともさかりえの声優演技、、えぇひどいです。
仕事帰りにiPadで鑑賞。
子供向けだから仕方ないけど、とにかく展開が読めるのが残念。

弁天小僧はどう見ても、リサしかいないじゃん。登場人物いないんだもんw
しかも、FBIで下町育ちでアメリカの親戚のところへなんて色々無理すぎ。

でも、最後はいつもどおりの両さんである意味安定してますね。
『泣くな、幸せの神様は泣き虫は嫌いなんだ』とはかっこいいじゃないか。

伊東四朗さんと小松政夫さんのコンビがいい味してます。
漫画は持ってないけど、アニメは見てました!

懐かしい!

両さんって、おバカだけど、人情味溢れていて好き。

あなたにおすすめの記事

似ている作品