ドラゴンボール 最強への道の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボール 最強への道1996年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボール 最強への道」に投稿された感想・評価

奈都

奈都の感想・評価

2.5
無印と若干ストーリー違ったけど受け入れられました!

ハッチャン、きみってやつは!!!
suama

suamaの感想・評価

3.0
どんなんだっけって観てみたけど、これ小学ん頃観たことあったわ、、
懐すぎだって、
無印のリメイク。比較にならないレベルで綺麗。
亀仙人の声が違和感しかない。
taaaaaaa

taaaaaaaの感想・評価

3.2
ドラゴンボール初期のセルフリメイク。
GT同様に音楽が徳永さん、主題歌が FOVだったりとビーイング盛り。
JURI

JURIの感想・評価

3.9
このGT風の絵柄の少女ブルマがかわいくて大好きです。ヤムチャとの絡みが原作より10倍ロマンティック笑

個人的にはブルー将軍の扱いにう〜ん…という感じでした。でもバイオレット大佐のビジュが好きだったので、少しでもスポットが当たって嬉しかったです。ハッチャンとの物語も胸熱でした。
劇場版DB第17作。

最初期の始まりの物語を再構成してリメイクした映画。
96年当時は原作とZに夢中だった子どもだったので、超サイヤ人のド派手なバトルから原点に戻った本作にイマイチな反応だったが、ドラゴンボール全作品に触れて大人になってみると、初期の冒険活劇な雰囲気が大好きになっていた。
なので今作はとても感慨深い気持ちになれ、どこか切ない懐旧も胸に広がるとっても大好きな作品になった。

1時間程度の尺なので端折られた部分は多く、ほぼ原作とは違った物語にはなっているが、要所では楽しい原作通りの名シーンもしっかり織り込まれているし、コンパクトに纏められた展開も新鮮ですごくいい。
(クリリンファンの方は泣いていい)
この当時の手書きセルアニメでは最高峰のクオリティで動く悟空の大立ち回りも爽快で気持ちいいし、なにより圧倒的なアニメ技術に感心してしまう。もはや国宝だよね。
ブルマは衣装が何度も変わって可愛いし、初期ヤムチャはギャグキャラだけどデザインはカッコいいし、鳥山メカが動き回るのも最高に良い。
まさに摩訶不思議アドベンチャー!!

ハッチャンに関しても、ずっと大好きなキャラなので、今作では大活躍で嬉しい!
そして、悟空の涙で一緒に号泣してしまう…

小さい頃、DBに夢中になれたからこそ、今の気持ちと、当時の気持ちを重ねながら宝物のように何度も作品を楽しめる事はとても幸せだなって思いながらの再鑑賞だった。
AQUA

AQUAの感想・評価

3.6
劇場版ドラゴンボールの17弾。
ドラゴンボールの原点を新たに描きなおした作品でレッドリボン軍とちびの孫悟空との戦いを描いている。

まだ見たことがない世代には最初に観るのに良いかもしれない感じ、勿論知ってる人も懐かしさがありますね。

映画.com参照
7つ集めれば何でも願いが叶うという伝説のドラゴンボールを探す少年・悟空たちの冒険を描いた長編アニメーション。東映アニメフェアの顔として10年もの間、人気を集めてきたヒット・シリーズの第17作で、これが最終作となった。原作は鳥山明の同名コミック。監督は「DRAGON BALL Z 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」の山内重保。“'96春東映アニメフェア”の中の1本。シリーズ10周年記念作品。

ドラゴンボールZ 最強への道
1996/日本
配給:東映
作画もアクションも凝っているけど、うちのクラスでは総スカンだったなこれ。
光線技のゴリ押しバトル主体になった原作末期から初期のクンフーアクションに回帰したのは良いが、小学校低学年にはいかんせん渋すぎた。
エピソード的に仕方ないが、クリリンが出ないのも寂しかった。

少年向けなのにブルマのお色気シーンに異常に力が入っているのはいかにも90年代アニメ。
まあまあおもしろい。まだドラゴンボールがドラゴンボールGTOやドラゴンボール超などで汚染されていない頃の作品。
おれ

おれの感想・評価

2.5
映画100本ノック延長の34本目。ドラゴンボール劇場版第17弾。初期ドラゴンボールをリメイク。ラストは原作と違うものの、これはこれでありですね。ここまで全ての劇場版を観ている上で本作を観て思ったのは「懐かしい!」でした。レッドリボン軍やらはっちゃんやら。全ての世代が楽しめる作品かと思います。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品