ドラゴンボール 最強への道の作品情報・感想・評価・動画配信

ドラゴンボール 最強への道1996年製作の映画)

製作国:

上映時間:80分

ジャンル:

3.3

「ドラゴンボール 最強への道」に投稿された感想・評価

keshibeeee

keshibeeeeの感想・評価

4.0
世代じゃないのにめちゃくちゃ懐かしい。bgm全然ながれなくてずっと寂しげなのが印象的。ピッコロ大魔王も観たかったな
ドラゴンボール 最強への道
1996年 80分

アニメ版のドラゴンボールも完結し、GT版かと思いきや原点回帰の初期の冒険時代を映画化。懐かしさで溢れるけど、正直バトルものが大好きだった当時の僕には物足りなかった。

ブルマ、ヤムチャ、亀仙人、レッドリボン軍にはっちゃんとキャラは良いのでちょっと勿体ない気もした。と言いつつも、ハイパーバトルのが、子供心はくすぐられたかな(笑)
なかし

なかしの感想・評価

3.8
いやぁ懐かしいの極み。

昔の映画と違う他キャラクターとの出会い、いわゆるテレビアニメと同じ設定のもの!

人造人間8号が殺されて覚醒する悟空と人造人間16号が殺されてスーパーサイヤ人2になる悟飯がリンクした!!

ふつーにおもしろい
レッドリボンも割とずっといる
FREDDY

FREDDYの感想・評価

2.2

このレビューはネタバレを含みます

印象としては、原作で描かれていたブルマとの出会いからレッドリボン軍編までの物語を新たな解釈を交えて再構築した、言わばリメイクやリブート作品といったところで、CGを駆使した映像はとてもきれいですし、懐かしさを覚えるとともに、また違った「ドラゴンボール」の世界観が堪能できるので気軽に観る分には楽しめる作品ではないでしょうか。

ただ、全体的にテンポが悪いですし、悟空と人造人間8号との友情をメインとした物語となっていて、フライパン山での出来事や天下一武道会などには全く触れられていませんし、クリリンやピラフ一味などといったキャラクターも登場せず、最低限のエピソードをかいつまんで繋ぎ合わせたものとなっているので、原作ファンからすれば"駄作"と感じてしまうかもしれませんね。声優陣も一部変更されているので違和感でしかないですし。本作は悪くはないとは思うのだが、片手間程度に観るくらいが丁度良い作品かもしれませんね。
とも

ともの感想・評価

3.5
原作初期の総集編的な作品。悟空は小さくてレッドリボン軍との闘い。はっちゃんええやつ~。
絵がすごく綺麗になってます。

バトルよりこっちの冒険の方が好みかも。さすがに詰め込みすぎで展開えらい速いけど。

何より主題歌の「DANDAN 心魅かれてく」がいい。FIELD OF VIEWめっちゃ好き
hiro

hiroの感想・評価

3.0
はっちゃんのセリフ懐かしすぎる
てか亀仙人が初めてかめはめ波やったのて牛魔王相手じゃなかったけ?
この頃の絵が一番いい。
はっちゃんアイテムとしか使ったことなかったけど安定にいいやつすぎ。
piro

piroの感想・評価

3.9
原点にして頂点。やっぱこの頃が好きだな。
GT臭がすごく、ブルマ出るまでパンとトランクスが出ると思いました。
d173

d173の感想・評価

4.0
スピード感、ストーリー!
まさに王道なアニメ✨
DANDAN 心魅かれていく

カメハメ波、練習したなぁー!
ちょっとGTに絵柄がつられている初期の総集編的な劇場版。
ブルマのお色気シーンはなまなましくなっていて好きなんだけど、ハッチャンのくだりはドラゴンボールにしては湿っぽすぎるきらいも。
GTの劇場版を作っても採算が合わないと判断されての原点回帰でしょうが、出来はあんまりよくなかった。
>|

似ている作品