チャップリンの勇敢の作品情報・感想・評価

「チャップリンの勇敢」に投稿された感想・評価

哀愁漂う始まりからの天晴れなラストへの流れが素晴らしい。足の細かな動きが印象的。人の波の上がり下がりが綺麗で楽しい。電灯芸ヤバすぎる...こんな戦闘シーン初めて。無秩序溢れる街。ヤクで無双スーパーマンに成りその高揚のまま高まりきって終わるのが気持ち良い。街の変貌ぶりは凄いけれど、皆ヤクにでも目覚めたのかな?
ミューチュアルでの9作目。

笑えるけど貧困や暴力が強調された作品。イージー・ストリートの警官になったチャーリーの話。
覚醒剤でパワーアップするチャップリン。ジャッキーにもそんなのあったな。
殺陣でクルッと回転するのめっちゃ好き。
R

Rの感想・評価

3.5
23年後にチャップリンが「独裁者」を撮ることになるのがとても腑に落ちるラスト
紫色部

紫色部の感想・評価

3.0
2018.5.18 CS(吹替)

覚醒剤で強くなるチャップリン。かなり活劇しているが、場所を固定したアクション自体にはそこまでノレず。二階から暖房器具が落とされる。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
2月7日(水)鑑賞…☆

放浪者のチャップリンが…「警察官」に…☆

街の騒ぎを収め…女性を救い…♪

チャップリンの歩き方、仕草、表情、ステッキ使い…本当に凄い‼︎

…喜怒哀楽…全て表現…♪…凄い〜☆

少しドタバタしているけれど…クスクス笑って鑑賞…(o^^o)

YouTubeにて鑑賞…☆
st

stの感想・評価

3.8
警察官のチャップリン。
逃走劇、モブシーンが見事で面白い。

いつも思うのだが、チャップリンの攻撃には殺意を感じる(笑)
極貧のチャップリンが警官になって活躍。
30分弱なのでサクっと観ることができる。
チャップリンの映画はいろんな風刺が入っているのだがアニメのように楽しめる。
今から思えばドリフもMr.ビーンもジャッキー・チェンもみんなチャップリンをお手本としているのですね。
「チャプリンの勇敢」

ほんとかよ!
わずか1~2年のミューチュアル時代にこの作品を含む濃密短編12本(本当はもっとあるかも・・)
他の時期はもっと多忙かも・・・!
チャップリンの私生活にはまだまだ研究の余地があるくらい謎と鉱脈が多いらしいですが素人目にもどれだけ凄まじい私生活だったことか!
そこに加えた絶倫ぶりもw
ちなみにこの作品、エリッヒ・フォン・シュトロハイム・ジュニアまで出てるんですな・・・絶句!
教会へやって来たチャップリンは未来に希望を持ち、警察官になる決意をします👮

いつもはトレードマークである放浪紳士スタイルのチャップリンが今作ではピシッとした警察官になり、制服を着て大活躍です(^o^)

制服姿のチャップリンも中々似合ってますよ^_−☆

チャップリンの配属先は労働者の暴動が絶えない easy street💥(ง •ૅ౪•᷄)ว

持ち前のすばしっこさで暴動の街に果敢に挑むチャップリン(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

もう動きが早すぎだし、笑えるし(^◇^;)…
邦題を「チャップリンのヒーロー誕生」に変えたいぐらいの大活躍です👏

チャップリン作品では権力を皮肉った作品が多い中、貧困・飢え・暴力を描きながら、チャップリン自身が警察官になり、希望にあふれ、スッキリとまとめられた貴重な短編集です🎞
>|