サーカスの作品情報・感想・評価

「サーカス」に投稿された感想・評価

チャプリンの放浪者の設定だけで、ワクワクするよね。
今日はなにを見せてくれるのかなって。
面白いです。
てんま

てんまの感想・評価

4.2
最初から最後まで面白い。ずっと笑ってられる
♪虹を見たいならうつ向いてはいけないよ……

1928年に製作された本作はチャップリン自身が歌う曲で始まります。
同年、チャップリンの母親ハンナが死去しています。
本作の全米公開が1月で亡くなったのが8月、この曲をハンナに捧げたものかどうかは判りませんがそうとも取れる内容の曲です。

チャップリンがユナイテッド・アーチストに移って作られた本作は『黄金狂時代』(1925)と『街の灯』(1931
)に挟まれて発表されました。
その後の『モダン・タイムス』(1936)『独裁者』(1940)などメッセージ性が強くなる前の作品で勿論サイレント作品です。

サーカスという題材自体が喜劇役者としての必然的な選択。
目で観て楽しいしハラハラする。
音楽はあるがセリフは無い世界で正にサイレント映画に近似の題材。
そこで水を得た魚のように身体を張った芸を爆発させるチャップリン。
ジョン・レノンがメッセージ性無しで純粋にロックンロールするためにオールディーズを集めた「ロックンロール」(1975)というアルバムを出したようなもの。

しかしチャップリンの永遠のテーマである愛はもちろん忘れてはいません。
サーカスのクラウンのように哀愁を帯びた悲恋。
『モダン・タイムス』のように画面の向こうに消えて行く最後のチャップリンですが希望のあるものではなく「さくら、幸せに暮らすんだぞ」と柴又の駅に向かうがごときラストでした。

メッセージ性が薄いと書きましたが、警官から追いかけられて偶然サーカスの本番の舞台に登場してしまったチャップリンが可笑しくて大笑いをする観客という場面があります。
逃げながらも権力をおちょくっているチャップリン。
権力に噛みつくスタイルは自然といつものように出て来てしまいまっています。

ちっとも難しくなく目で観て誰でも解る笑い。
サイレント映画の傑作です。

※900回記念
初めてチャップリンが面白いと思った。冒頭に出てくる鏡のショットは秀逸。そしてラストの幌馬車のようなサーカス団の大移動に感動。ヒロインを座組に帰らせるため自分が買った「指輪」を綱渡り師に渡し、結婚させようとする放浪者=チャップリンの姿。団長の暴力に悲しんでいた彼女の問題もこれで解決するわけだが、しかし放浪者だけが仲に入ることができない。人を笑わせるが故に、自らが間抜けたろうとする屹立した「個」がここでは描かれていて、そこに圧倒された。

このレビューはネタバレを含みます

1986年3月3日、鑑賞。

チャップリン映画としては、途中までは従前同様に笑える映画だが、ラストは悲しい。
「こういう結末もありかなぁ」と思った。

考えようによっては、喜劇と悲劇のバランスが良い作品と言えるかもしれない。
Nanako

Nanakoの感想・評価

4.0
野外シネマで友達と観たやつ
無声映画は数回しか観たことないけど個人的にこれが1番面白かった
言葉なしでこんなに笑えるのはすごい
しうち

しうちの感想・評価

4.2
チャップリン作品を観るのは3作目だけど、どれも安心して観れる面白さがある。しかしこの作品はそれらの中でも群を抜いて可笑しい。
この時代にしてスラップスティックの究極まで行ってしまっている感がある。本当に天才としか言いようがない。

こんだけ笑わせておいて最後人情話で落とすのがズルい。絶対泣いてまうやんあんなん。
pier

pierの感想・評価

4.1
チャップリンの身体能力の高さにも驚かされた作品。
本作も愛がテーマの物語です。
はるか

はるかの感想・評価

4.5
小学生と観たけどちゃんと笑ってて。チャップリン様様です。
ラストの締め方も好き。
Saki

Sakiの感想・評価

3.7
いっっっっつも仕事探してるよね、彼。
今回は天職ではなかろうかと思っていたよ。

ふんわり天使のように高いところへのぼってゆき、細く不安定な綱の上でクルクル動く。
もうチャップリンって、ただの小さいおじさんじゃなくて、天使とか妖精の部類のなにかなのかなーって思ってしまう。

でも、、、マーナの為に指輪そんな使い方しちゃうのね。
泣ける…

泣けるーーー

幼稚園児の「〇〇君がすき」「〇〇ちゃん愛してる」のようにまだ本当の愛が何か知らないような、でもそれこそが純真な「愛」なのではないかと思うような、チャップリンのマーナへの「愛」だと思った。


p.s.私のチャップリン祭が一旦終了します。
というのも、近所のTSUTAYAとかGEO数店舗よりチャップリン映画レンタルし尽くしたからです。
残りのチャップリン映画は東京出張やら旅の際に代官山か渋谷にて。
>|