シャ乱Qの演歌の花道の作品情報・感想・評価

「シャ乱Qの演歌の花道」に投稿された感想・評価

冴えないバンドをやっていたつんくが演歌歌手としてスカウトされる話。結構キツイ下ネタも入っているが普通に面白い。つんくが大御所作曲家の娘(瀬戸朝香)に「一発やらせてくれ」と頼んでからズボン脱ぐ下りとか爆笑。
こういう正当なプログラムピクチャーは観てると心が洗われるし楽しい。つんくのライバル的存在になる陣内孝則演じる演歌歌手がとにかく最高だった。嫌なやつなんだけど、最後の最後でめっちゃ良いこと言う。根っからの悪人が一切出てこなくて素晴らしい。森高千里もガチで出てきて笑った。
フィクションと現実がうまく重なるラストの下りとか滝田洋二郎ならではで泣けた。モー娘。は一時期聴いていたけどシャ乱Qも聴いてみよ!
csm

csmの感想・評価

4.0
あんなC調人間をイヤミなくサラーっと演じるつんくスゴイ。瀬戸朝香が音楽の勉強しにニューヨークへ船で向かうとこのバイクUターン、ホストクラブの客で橘雪子さん、最後ダメ押しのように出てくるまねだ聖子最高。痴漢シリーズとかと同じできっちり映画やるコメディ。なんならラストシャ乱Qのライブ不覚にもちょっとジーンとした。
ryodan

ryodanの感想・評価

3.5
2009-05-30

タイトル通り、シャ乱Q主演のコメディ映画。
脳天気なお馬鹿映画で結構笑えました。つんくさんがちょっと下手な分、まわりが盛り上げていました。尾藤イサオさん、いいですね。歌も上手いし。
五月女和代です。
つんくさん。覚えていますか?
私が、16さいのときに、馬頭観音世様の、お墓が、ありました、ポケモンGOを、やって、消えました。
モーニング娘に、いじめられていました。
精神科に、もう、22年。
最近の流行は、関係しないから、平気です。
kutata

kutataの感想・評価

3.5
小学生の頃劇場で観た。
ふと思い出してまた観たくなったが、配信などでは手軽に観られませんね。
人生初映画キャッツアイと二本立てで。母がシャ乱Q好きで連れていかれた。
今でもつんくさんの歌声はずっと好き。
しかし初めてがテレ朝系アニメとかジブリじゃないってのがねw
まこー

まこーの感想・評価

5.0
非ポルノ滝田の最高傑作かと。ラスト付近の松田聖子のそっくりさんでのギャグ。これぞ滝田コメディ。陣内孝則の動き、曲は演歌だけどザ・ロッカーズ。
実写版キャッツアイと二本立てで見ましたがなぜか何度でも見られるおもしろさがありました。
キャッツアイは見られるレベルではないですが。

見所は陣内孝則による陣内孝則芸。
騙されたと思ってみてほしい傑作。滝田洋二郎監督なので演出は安定しているし、プログラムピクチャーとしてのツボを完全に押さえている。特につんくのキャラクターが、見方によっては最低なのに憎めなくてよい。あと、瀬戸朝香が最後に言い放つ一言も見事。それと、登場人物がある経験をすることにより表現がさらなる輝きを増す、というのが映画的に表現されているのも見事だと思った。さすがに今見るとダサい部分も多いが。。