スピードの作品情報・感想・評価・動画配信

スピード1994年製作の映画)

Speed

上映日:1994年12月03日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

「スピード」に投稿された感想・評価

池田

池田の感想・評価

3.6
過去鑑賞記憶
おぼろげな記憶にて
キアヌ・リーブス若いわねー
バス乗っ取りで爆弾仕掛けて一定のスピード以下で起爆するんだったよね
キアヌの特殊部隊の隊長が確かジョン・モートン
ターミネーター2のマイルズ・ダイソンである
デニス・ホッパーもなかなか不気味な役だった記憶
爆弾作成のせいで手の指が吹き飛んでて、左手で右耳に受話器を当ててたのを覚えている
あとは最後地下鉄内の信号機に頭ぶつけるシーンとかね
あと地下鉄内のサンドラ・ブロック良い演技してるよね
そりゃ自分の身体に爆薬巻かれればあんな感じになるよね(カナリウロオボエ
終始ハラハラの展開。面白かった。バスの後ろの看板がMoney isn't Everythingなのも皮肉が効いて面白かった。
You

Youの感想・評価

5.0
やー!
もうコレ何度見たかわからん。
スカッとアクションとハラハラアクションの金字塔!

もんのすっごいテンポが良いです。
爆弾魔との対決をめぐって「スピード」の舞台を移していく(で、どんどんスピードが上がる)っていう構成がすごく綺麗だよね。
第2ステージだけでもビッグマックくらいのものすごいボリュームで、ここで終わらせようと思えばできるのに、それをしないで第3ステージを用意するおかげで、「スピード」というテーマと「爆弾魔との対決」が綺麗に、納得いく形で、さらにスカッとする形で幕を閉じるんだよね。
加えて、アクションの中に頭脳戦が然るべく練りこまれているのもいい。
無理してねじ込んだ頭脳戦は一気に冷めるからね…(別に交渉人真下なんちゃらのことを言ってるわけじゃないよ…別にね…)

それから、バス乗客同士の間にある「何か」が良い。
ほんでもってまさかの出歯亀エンド(笑

10点満点の新体操を見た気分です👏

この映画のジャックとアニーのカップリングが好きだったなあ~
(だからスピード2は開始10分で観る気が失せたのはまた別の話)
この2人のファンになるきっかけとなったお気に入りの映画です。

あと、あのおっちゃんがデニス・ホッパーだったのね。
何となく憎しみより憐れみを感じる犯人だったな。
実は初めてちゃんと見たかもしれない本作
若かりしキアヌやサンドラ・ブロックは目の保養になるし、デニス・ホッパーもいいキャラしてますね。
バスが一定速度以下になると爆発するって脚本は知ってましたがエレベーターでのテロや電車内での攻防もあったんですね。

スピードくらいテレビで見たことくらいありそうですが、全く記憶になくそれゆえ思い出補正はゼロな自分は、アクション面でこれと言って好きなシーンは正直なかったですかね…
今夜

今夜の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

時速80キロ以上で起動した爆弾はそれ以下の速度になると爆破してしまう。バスは 空港の滑走路に入る。滑走路はヘリが禁止だからテレビ中継されず、犯人に映像が届かない→それでもなお犯人がこちらを察知しているから台車に乗って車体の下の爆弾解除に向かう→台車のワイヤーが外れて車体にナイフを突き刺すがガソリンが漏れてあと10分(ここでタイムリミットを組み込むうまさ)→車内の隠しカメラに気づき電波傍受して録画した車内映像をループさせる、、、などとにかく展開てんこ盛り映画。

犯人が遂に身代金の袋を開けたらペンキが破裂して札束に色が付く仕掛けが作動するアイデアもよく出来てる。
さそ

さその感想・評価

3.4
2021-32 爆弾を仕掛けられたバスで爆走するノンストップエンタテインメント。今見るとけっこうガバガバでツッコミどころも多いけど、犯人に翻弄されながらも何とか脱出しようと必死な姿に見入ってしまう。
キアヌが観たくなってなんか観てしまった。
今、観ても面白い。
音楽が良いんですね。
キアヌ最高ですね。
サンドラ・ブロックはちょっとウザいwww
やっぱ面白かった。

物語 7スキー
映像 8スキー
音楽 8スキー
演出 7スキー
合計 30スキー
ゆり

ゆりの感想・評価

4.0
テレビ放送の度に何度も観た記憶
久々に観てもハラハラドキドキ感が良い
Kir

Kirの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

スピードが落ちると爆発するバスに乗った男女の話🚌

特徴的な音楽と若きキアヌ、そしてヤンデボンという語呂の良さで有名になった監督の代表作。

キアヌイケメン😍淡々と仕事をこなすところが良いよねぇ。

ホッパーの狂気の表情も良いよねぇ。ええ役者や。

車貸した黒人の扱いがツボ。

新幹線大爆破のオマージュで結構ご都合的なんだけど、よりノンストップで終始ハラハラする感じがハリウッドらしい。

バス脱出の件もよく考えたと思うし、最後のわざわざ地上でキスしてエンドも味がある。

時代を思い出すアクションものの代表作です。
ぺん

ぺんの感想・評価

3.8
速度80キロ以下になると爆発する💥設定が斬新だったしspeedのタイトルにぴったり。
次々と畳み掛けてくるスリルを機転を利かせ攻略していくノンストップアクションムービー。
今見ても面白い。ラストのパートは少しスピード感が落ちるけれどスカッとします。

若かりし精悍なキアヌがまさに90年代のスタイリッシュなアクションヒーローを体現。ここからアクション俳優としても活躍し始めたんだなぁ。
やるときゃやるサンドラ・ブロックや頭のおかしい敵役デニス・ホッパーのキャラも魅力的。
なお続編…
>|

あなたにおすすめの記事