プロフェシーの作品情報・感想・評価

「プロフェシー」に投稿された感想・評価

mimi

mimiの感想・評価

2.5
都市伝説のモスマン題材の話。
思ったよりモスマンが出てこないし、盛り上がりに欠けるので残念だった。
モスマン!
観終わったら、この単語をインターネットで検索するに違いない。

ウエスト・バージニアのポイント・プレザント。この街で起こる奇怪な現象の数々!

全ては「モスマン」

実話っていうのがいいね。
UMAのモスマンが出てくる話
題材がモスマンなので勝手にふざけたB級映画かと思ってみたら全然違う
一応ちゃんとした映画だった
ただ少し長く感じた

このレビューはネタバレを含みます

感想「サスペンスというより実話を基にしたホラーです」

クリスマス・イブに新居を購入し、幸せいっぱいの夫婦。
その帰り道に運転中の妻に異変がおき、事故が起きる。
さらに病院に運ばれた妻は、検査により治療不可能な難病であることがわかる。
「あなたはあれを見た?」という言葉や、不気味な絵が描かれたノートを残して妻は亡くなる。
2年後、仕事の移動中に夫は見知らぬ町にたどり着く。
そこでは不可解な出来事が次々に起きていた。
夫はそれに巻き込まれるが、妻の一件と接点を感じてその怪現象を調べ始める。


なんでもアメリカで実際に起きた大惨事を基にした話らしい。
この大惨事の近くでモスマンの目撃例があったとか(wikipediaより)
最近『蛾人間モスマン』っていう映画を見たけど、それもモスマン説の一つにある先住民の呪い説を題材にしているしね。

理屈では通らないUMAやら予言やらの映画だから、オカルト映画が好きじゃない人には合わないかも。
自分は単純にリチャード・ギア主演のサスペンス映画と思って見たから、途中の思わぬ方向転換に混乱してしまった。
見る人が見たら「これはどういうことだったの~」とかになって、不完全燃焼で終わるかも。


話自体はスピーディで次から次へと展開していくから面白かったと思う。
自分は最後の最後でハッとすることが多く、色々考えて終わったから結構よかったと思う。
でもこの事故って実際に起きたんだよね・・・。

一番ショックだったのは、大好きなウィル・パットンの頭部と顔色の悪さだったけど。

-----------------
自分用記録
②4-2  吹替
QUENZE

QUENZEの感想・評価

2.0
1960年代に起きたオカルト現象を映画にしたもの。
モスマンと呼ばれるUMAが人々を惑わし不幸をもたらすストーリー。
それだけで胡散臭いが、もうそろそろ面白い展開になるだろう、と期待して見てたらあっさりEND。
リチャード・ギア、ローラ・リニーが出てなければ、スコアは0に近い残念な映画。
mochiz

mochizの感想・評価

2.8
解決はしないが、ちゃんとオチるし、結構面白かった。
何が出るわけでもないし、音で驚かせることもない、でもちゃんとしっとり怖いのがいい。
ワシントン・ポスト記者と妻とモスマンの関連がよくわからないが、そこは理屈じゃないってことか、とかなんとなく納得したり。
奥さんが助けようとしてくれたのだろうくだりと、起きろ37番、は感動すら覚えた。
日央

日央の感想・評価

2.8
モスマンと呼ばれる都市伝説的な怪物を追う男の物語。

Xファイルにありそうな話だったな。

結構怖いなって思える場面もあったけど、結局都市伝説みたいなものだから、解決する話ではなかった。

モヤモヤする事はないけど、夢の中の話みたい。
SN

SNの感想・評価

2.3
雰囲気は抜群に良いのだが、話の主軸がブレブレで何映画として見ればいいのか最後までわからない。
尻切れトンボであらゆる謎が未解決のままで終わる。もしかしたら、別エンディングとか用意されていたのかな?雰囲気だけを味わう映画。
ダンディなおじさん(リチャード・ギア)がオカルト事件にのめり込む話。なんか気味の悪い不気味な映画でした。結局モスマンとは何だったのか、全体的にそんな感じです。オカルトに興味があるとぼちぼち楽しめます。
ピロ

ピロの感想・評価

3.3
2019.3.17
DVD。
WOWOWで初放送された時に観て引き込まれた作品。
久々に観たくなって近所のレンタル屋へ行くも無く、中古で買って鑑賞。
実話を元にしたってことでナカナカ興味深い内容ではあるけど、正直なところ買ってまで観ることなかった...ってカンジ。
小さな町で予言じみたことが起き、ラストでそういうことね、ってなるんだけど、チョっと小さいと言うか、この最後の件が序章くらいなカンジで描かれてたならもっと良かったかな...って。
2019#15
>|