ハプニングの作品情報・感想・評価

「ハプニング」に投稿された感想・評価

ナイトシャマランは
暗い家が好きーー

って感じ。

嫌々感想は

わかりやすさがこの映画の売りかも。
人間の弱さとか悪い部分の出し方はお手の物
話の進め方も
展開もわかりやすい。
分かり易すぎたかもしれない
ハプニングで片付けるには怖すぎる。集団連鎖は恐怖でしかない。工事現場から次々とあんな事が 汗。ミツバチのくだり。自然界にはまだまだ理解できない出来事があるって事なのか。人間も自然のひとつで摂理に従えと。手立てがない。公園で急に止まりだしたら…とりあえず警戒します 汗。
Z・デシャネルの青い瞳が印象的
muneo

muneoの感想・評価

3.3
前半は原因不明の恐怖
後半は対処不能への恐怖
ドキドキ ハラハラ
没頭する1作(≧∀≦)
人が次々に原因不明のまま自殺していく、その恐怖から逃れるシャマラン監督の独特なサスペンス。

冒頭の多数の人々の自殺シーンは突然すぎて引き込まれたし、途中の真相に迫るシーンも緊張感あったけど、ネタバレしてからの展開が今ひとつ。

キャストは申し分ないのに、ラストの微妙さも相俟って惜しいなと思っちゃう作品。
皆さんの評価が思っていたより低くて驚きましたが、私はとても好きでした。

不気味で恐ろしいシーンから始まり、そこからはずっとハプニング、そして不穏なラスト。つまらないと感じる時間がなく、また自ら死んでいく人々の姿は視覚的にも見応えがありました。

私的に1番怖いのはおばあちゃんでした。あの人1人だけばりばりホラーやってましたよね。

話が難しいというところは特になく、何も考えずに観ていれば楽しめます。
おすすめなのでぜひ観て欲しいです。
あれー
大好きなシャマラン監督なのに、あまり楽しめなかった

謎だらけの中ショッキングな形で人がどんどん死んでいくの、みんな見たいでしょ?楽しいでしょ?
って突きつけられてるみたいな

その割に主人公が妙な勘で謎を突き止め、対処方法に気付く過程があまりにも雑すぎてご都合主義

いつものシャマラン映画なら気にならないのになぁ。愛嬌が足りなかったのかな?
友達がBOOKOFFのセールコーナーで買ってきたのを一緒に見た。
よくわからないままたくさん人が死んでた記憶しかない。
怖い怖い。

集団で死に隊。

回転するもの、肉食動物へ敢えて委ねるなんてムリムリ。

こうなってしまったら逃げるしかない。

自然界でもイルカとか海洋生物が大量死することあるの人間版。
ん〜理解する頭を持ち合わせていなかったのか…よくわからない…で終わった映画でした。
理解に追いつけず自分の頭がハプニングしてました(笑)
akane

akaneの感想・評価

2.1
先の展開にドキドキしながら最後まで堪能出来たので、面白くないとかつまらないという訳ではないものの、そこまで強く印象に残る作品ではないかも…。
敢えてあやふやな結末にしていると思うので、映画にハッキリした結論を求める人にとってはひたすら消化不良だと思う。
でも逆に自分で考えてストーリーの結末や意味を解釈していきたいという人にとっては、割と楽しめる作品なのかなと思います。

自分でも色々考えてみたものの、自然からの報復にしては劇中に曖昧な点が多すぎて辻褄が合わないかなと思うし、結論としては結局のところよく分からない。
でも序盤で主人公のエリオットが講義している通り、自然現象とは人間が勝手に理論付けしているだけであって、それを我々が完璧に理解する事は出来ないという点がこの映画の本質なのかな。
このあやふやで謎めいた感じが、この映画の持ち味なんだろうと思う。
終始不気味な雰囲気が漂っており、終盤に不気味なおばさんが出てきてからはややホラー的な雰囲気も漂って、ビビりの私は割と怖がらせてもらいました。

ただ主人公の奥さんに度々苛立ちを感じていた自分としては、この夫婦のドラマは正直蛇足でした。
奥さんの言動や行動がどうしても自己中に思えて、パニック映画という題材の中で、それが特に悪目立ちしていたように見えた。
予測のつかない不可思議現象が起こる中、多くの人々が電車に乗って避難している状況で、旦那が友人に夫婦喧嘩の話をした事に怒り、一人で別の車両に座るという単体行動を取る。
人々が次々と自殺を図るという状況を目の前にして、旦那に「どうすればいいか考えて!」と丸投げしておきながら、すぐさま横で「傍観してはだめ!道徳に反する!」って喚いて、人に押し付けたなら黙っててほしい。
他にも幼い子供と繋いだ手をブンブン振り回しながら、こんな危機的状況の中で浮気の弁明をする等々…この奥さん本当に今の状況を理解しているのか?っていう。
幼い子供であるジェスが気丈で、健気に恐怖や辛さに耐えている姿が印象的だったので、余計にこの奥さんの性格が目に付いて終始苛ついてました。
だからラストで描かれた夫婦の後日談とかも割とどうでもよくて、もう勝手にどうぞっていう…。

テーマ自体は面白い気がするんだけど、なぜかそこまで深く印象に残らないというか、2回目は観なくていいかなと思ってしまう映画でした。
>|