帝都大戦の作品情報・感想・評価

「帝都大戦」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

1989年。加藤対人類の霊的戦い第二弾。第二次世界大戦末期、日本の霊的指導者が敵国指導者の呪殺を企てるところから始まる。加藤がそれを妨害するので、大局的に見たら善人のように見える。前作よりもオカルト色は弱まり、サイキック・バトルの趣(中村が付ける霊力増幅用ヘッドギアからの印象か)。登場人物も少なく、終盤のプロット分岐も二つだけで前作よりも見やすい。暗い紫色の色調に雰囲気あり。超視覚効果スクリーミング・マッド・ジョージによるグロテスクなクリーチャー造形が秀逸。ナチスの秘占星術アクツィオン・アストラとは。
LD所有

昭和20年、世界大戦に敗戦色濃厚な日本は起死回生を狙って、仏法と科学を融合した連合国首脳陣を呪い殺すという奇策に打って出ることに。
時を同じくして、帝都に散った怨霊が集合し″魔人・加藤保憲″も復活!再び帝都破壊を目論みます。
はたして日本政府は、連合国を打倒し、さらに加藤の野望を阻止することが出来るのか!?って話☆

前作同様に、史実の裏でオカルト的な力が働いていて、超能力者同士の超絶バトルが繰り広げられます。
超能力によって、雑巾絞りのように身体をねじり殺されたり、フライング鉄板の首チョンパなど見所も多いですが、日本兵のあまりにも無能な描き方は辛いものがあります。

さらに、ドイツが降伏したから日本が敗北したかのような描写になっている点も非常に気になります。違うんじゃないかなぁ?

そして本作では、陰陽道や密教的な呪術描写が前作より圧倒的に少なく、前作の世界観や設定が好きだっただけに残念。

とはいえ、加藤保憲というキャラクターの魅力は素晴らしく、彼との戦いを時代を越えて見続けたいと思える一本(* ̄ー ̄)☆
チアキ

チアキの感想・評価

3.6
あのゆきこちゃんが南果歩さんなのか?




加藤雅也さんと加藤保憲の戦い!

かほさん名前呼んだだけで
あんなこと出来るんだったら
早くから…
出て来て、加藤雅也さん助けて下さい!


でも
嫌いじゃない作品w
荒俣さん出たはった‼️w
kumi

kumiの感想・評価

2.5
「帝都物語」からすれば小ぶりな内容だけれど、
記憶に間違いがなければ中村雄昴(加藤雅也)が
白スーツで戦う姿は「リベリオン」でガン=カタを
披露したクリスチャン・ベールを連想する
ANDY

ANDYの感想・評価

2.5

( 過去映画チェック中 )
( スコア評価だけです )
10億かけて10億しか儲からなかった映画の続編だからか、順当に規模縮小され、ルックのスケールも下がっている。ほぼ嶋田久作の顔芸映画。

前作は実相寺昭雄の実験場と化した帝都で、狂った絡繰人形あり、ストップモーションアニメの怪物あり、絢爛豪華なセットありでなんだかんだ楽しく観られたのだけど、今作はそれらの要素が全てなくなった上、微妙な塩梅でWWⅡが絡められたり、内容も妙に小ぢんまりしていた。残念。
前作より色々と豪華ではない、、
なんだか加藤の存在感も薄らいでいる。なんで加藤に勝てたのかもよくわからないし、前作の登場人物たちが結局どうなったかも語られていないから、、気になる。もやもやする。原作を読むしかないのか、、
「物語」より暗くてグロいけれど、同じくらい楽しかった!キャラクター、雰囲気、特撮が素晴らしい。本当に良い映画だ、僕にとって。
ヒトラーのシーンは笑った!日本映画に母国語のドイツ語のシーンが入ったらいつも喜ぶ!
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
2016/10/14鑑賞(鑑賞メーターより転載)
不死身の嶋田久作(笑)が第二次大戦末期の東京に再び降臨。前作は豪華ではあるものの出てくる人が多すぎて混乱していたが、こちらは比較的構成もシンプルでわかりやすいホラーの体になり、またSF描写の技術も(前作からのインターバルはわずか1年なのだが)かなり進化を感じさせ続編としての正しい成長を遂げている気がする。ただやっぱり、前作と同じく何でかはわからんがトータルで面白いかというと首を縦に振れない不思議さも継承されているが。あと、超能力決戦の飛び火があんなところまですっ飛んでっていいのかというのが気になるw ​
初見は子供の頃のテレビ放映時。グロ描写が恐ろし過ぎて口を開けたまま固まってしまう程だったが、あらためて観てみるとなんか大げさでアニメっぽい印象。お金はかかっているけどB級な感じがする。前作の豪華な雰囲気の方が好きだけど、時代設定が違うから仕方ないのかな。
>|