帝都大戦の作品情報・感想・評価・動画配信

「帝都大戦」に投稿された感想・評価

Koji

Kojiの感想・評価

2.6
小学生のとき土曜ロードショーで観た時はめっちゃ怖かった。当時全然話がわからなくて、今回Amazonプライムでみた。
怖かったのはこの場面か、って懐かしかったが、話はかなりつまらなかった。
た

たの感想・評価

-
見ないほうがいいですね

狙っても、なかなか出来ません
これほどの面白くない作品は!
なんか『帝都物語』からびっくりするほどスケールダウン。
加藤は何のために甦ったん?
っていうか前作ラストで死んでたっけ?あれ?

見どころは電柱の上に立つ加藤のヴィジュアルと
超能力合戦のはずがゲボ吐き合戦になっちゃうところ...

若き日の加藤雅也が顔はいいのにすごく棒なのが...
でも渾身の「加藤ぉぉぉぉ~っ!!!」の発声はよかったです。
方眼

方眼の感想・評価

3.4
1989年。このあと、一瀬さんは製作に徹したほうがいいと悟ったか。監督っていうのはいかに絵作りにおいて細かいことに気つかわないといかんかがわかる反面教師映画。
正直、存在すら忘れていた作品でしたが、単純に見れるなんていい時代です。肝心の映画は残念でしたが。
帝都物語の続編。
第二次世界大戦の中、本土で亡くなった者たちの怨嗟で加藤が黄泉返る。。
こういうノリ、魔界転生みたいでしょう。
しかし、帝都物語が八犬伝みたいに色々な人々の結集で加藤を邪魔出来たのに対し、精々二人。。
続編なのにスケールダウン感が否めません。

ターミネーター対二人でああいう大作を築けるのに、何故?と思えるほど、ヒーロー、ヒロインの活かし方がトホホでした。
呪よりサイキックに振れたためか、単調になりがち。
むしろ今どきのCG時代なら色々ド派手にキメれたかもしれません。
ある意味、帝都シリーズを映像化するには時代が追いついてなかったもしれません。
あと、丹波哲郎が連合軍指導者相手に呪をかける僧の役で出てましたが、結局、加藤相手には
一切絡まず、「この呪、加藤に向けた方が良くね?」って感じで肩透かしでした。

ただ、犠牲によって覚醒ってのは、ある意味、日本的と言えば日本的か。
salinger

salingerの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃、凄く怖かった記憶があり、確認の意味を込めて視聴。
霊的防衛とか、連合軍司令官を呪殺するとかは子供ではら理解できんと感じた。
でも話の設定は好き。原作の小説を読もうかな。
jun

junの感想・評価

3.0
昔映画館で先輩に連れられてしぶしぶ行き観た映画でした。とにかく嶋田久作がはまり役でした。内容が少し難しくて当時はよく理解していなかった。今ならわかるかな?
SYU

SYUの感想・評価

3.0
2020/10/09
監督 一瀬隆重
加藤雅也
南果歩
嶋田久作

【戦争はこれからだ!】

太平洋戦争終盤の東京を舞台に、長引く戦争で溢れでた人々の悲しみを依代に復活した魔人加藤(嶋田)と霊能力者の末裔である女性(南)の戦いを描くシリーズ第2作。

前作よりはスケールが小さくなった感があるのは少し残念で、期待した程ではなかった記憶。

ただ、敵国トップを呪い殺そうとする作戦は、実際にやってそうな雰囲気で設定が面白かった、作戦トップの霊能力者に丹波哲郎というのもナイスキャストでした。

和製ホラーという面だけでなく、空襲シーンなど戦争の悲惨さを描く側面もあり、ちょっとしたラブストーリーもありと少し詰め込み過ぎて個人的には、纏りに欠けていた感じがあったが、やはり嶋田久作演じる加藤保憲の存在感は秀逸、加藤雅也も男前、そして当時結構ファンだった南果歩の可憐さも印象的だった一本。

続編やリメイクも期待はしたいシリーズではあるが、加藤保憲=嶋田久作のイメージが強すぎてなかなか難しい気もします。

鑑賞日 1989年 劇場にて
2015年の感想「帝都物語」の続編。一瀬隆重監督作品でこの方、当時かなり若いのではないのかと。今54歳らしい。「帝都物語」が結構当たったので注目された人物。その後もJホラーをハリウッドに紹介したりと度派手なプロデューサーのイメージがあるが、ウィキペディアによると現在廃業中の模様。80年代のバブルの時代を走った人でしょうか。大王製紙、西武グループが出資してバブル感がありますね。白昼の空襲を受けているシーンは、いいですね。そのほかは、何だか良くわかりませんね。丹波哲郎が霊界の関係者で出てくるのは、はまりすぎ。狙ってのことだと思いますが。
風神

風神の感想・評価

3.3
大好きな帝都物語の続編!

話はなんだかなぁって感じでしたが
嶋田久作さんが加藤を演じているだけで
十分です!

だって、敵軍のトップを
呪い殺そうって話ですよ?

加藤昌也さんがイケメン!
加藤さんが
「かとー!」って絶叫するシーンが
好きです!
>|