現代やくざ 与太者の掟の作品情報・感想・評価

「現代やくざ 与太者の掟」に投稿された感想・評価

otom

otomの感想・評価

3.8
実録と任侠の中間ってとこか。なかなか斬新なオープニングから奇抜なカメラワークまで飽きずに観られる。若干、志村喬の無駄使いな気はしなくもないが、富三郎のアクロバティックな死に様が良かったので、全て良しとする。
とも

ともの感想・評価

3.8
藤純子そうつながるか。
夕陽が美しい。
さすが菅原文太、イケメン!!!
刑務所を出た暴れ者の男がヤクザと兄弟分になりやがて騒動に巻き込まれていくお話
牧尾

牧尾の感想・評価

3.5
最後いくらなんでも頑丈すぎてダメだった。不死身かよ。たぶん生きてそう。
山城新伍がいい味出してますね。
法一

法一の感想・評価

3.2
 菅原文太の東映での主演デビュー作らしいけれど、なんか日活の『無頼』シリーズっぽい(名前も五郎だし)。待田京介とのファーストコンタクトが「電車賃の立て替え」なのだが、あれを恩義に感じて殺し合いに参戦するあたりかなりヤバい。子分や女性陣も添え物。
 しかしつまらないのかというとそうでもなくて、夜の橋の下?での闘いだとか、ラストの繁華街まで飛び出しての討ち入りだとか、東映の技術力を感じさせる良いシーンはいくつもある。あと若山富三郎の前転もすごい。目を瞠るとはこのことである。

 劇中に登場する喫茶店、ガラスの壁にメニューがプリントされているオサレ仕様なのだがオレンジジュースが「ORANGE JUISU」になっていて、切ない。
府中刑務所から京王線で新宿に出てくるのだが、この「新都心」西口で迷う文太の姿は「新宿という町の文化史」の1ページだ。フランク永井の曲を歌う若山富三郎や待田京介、そして志村喬が良い。
後半はほぼスプラッター。スタント無しで車のボンネットに飛びつく菅原文太など見所多し。
おなじみ着流し任侠映画をフォーマットに、舞台を現代の新宿に置き換えましたという感じだ。
志村喬がいるだけで画面が重厚になるし、友情出演の藤純子や若山富三郎も映画を華やかにしている。
ただ、現代が舞台の割にはいかんせん任侠映画的過ぎる。

特にどうということもない内容だが、菅原文太の格好良さにおいてはシリーズ屈指だと思う。
黒ジャケットと白シャツというシンプルなファッションで新宿を闊歩する姿は、後年の猥雑さと松竹時代の洗練の名残が丁度良い塩梅で共存していて、存在しているだけで画になっている。
さらにトレンチコート姿も印象的。特にクライマックスの殺し合いでの血濡れトレンチがまた格別に格好良い。
Chihiro

Chihiroの感想・評価

3.0
典型的なヤクザのドンパチ映画ですが、若山富三郎や待田京介が華を添えているのでヤクザ映画が好きな人なら楽しめると思います。
なんと菅原文太さん初主演映画らしい。

そして現代やくざシリーズ第1弾。
オープニングがいつもの東映映画とちょっと違う。カッコイイ。

文太さんが最後までクール路線。(山城新伍が乱すけど)

菅原文太と志村喬が共演してるのってかなり珍しい気がする。。

一番カッコ良かったのは若山富三郎。美味しい役。
>|