山口組外伝 九州進攻作戦の作品情報・感想・評価

「山口組外伝 九州進攻作戦」に投稿された感想・評価

実話だからしょうがないのだが、なぜ夜桜銀次が破滅的な人間なのか特に描かれていないのが少し惜しい。拓ボンが順調に役者の格を上げていたり、津川雅彦、志村喬と、実録路線では少し珍しい客演者たちが好演していたりしたのが印象に残った。
伝説のヤクザ?夜桜銀次を菅原文太が演じる東映実録路線の一本

タイトルに直接山口組の名前を冠した作品で、その九州侵攻と共に夜桜銀次の破天荒な人生を描く

特に面白くないと思う、なんか美化するような感じが嫌
世の中から敵視されているヤクザの中にあってもやっかいもの扱いされた銀次であったが、兄貴分たちはその死をエエ極道だったと語るのであった、、、みたいな終わり
んー、いいヤクザなんているわけないので、ほんとのクズって意味ならそうかも
実録路線はノンフィクションではないけど、実名が出されていてヤクザを美化されているとなんか複雑な気分になる
ただ何かと白スーツ、白コートでキメた菅原文太の姿はかっこいいんですよねー

組長でも幹部でもなくただのチンピラのお話なんだけど、出演者は無駄に豪華
菅原文太に梅宮辰夫、松方弘樹、渡瀬恒彦、志村喬なんかも出てはいるんだけど、特に印象に残る感じじゃなく、まさに無駄に豪華

珍しいところでは主人公である夜桜銀次の退場が案外早い、残り20分ぐらい残しての死亡
てっきりラストのクライマックスに持ってくると思った

あとはどうせほとんどフィクションなのに途中一年半くらい銀次の消息は不明とかで時間が飛ぶ、リアリティ出したとも言えるけど、そんなこと言ったら他のシーンだってよくわからないけどこんな感じでしょでやってるはずなのにw

今作のヒロイン渚まゆみはこれを最後に引退した作品らしい、浜口庫之助との結婚を機に家庭に入ったらしく、劇中の濡れ場もその影響で吹き替えであるとか

あとは劇中梅宮辰夫の隣にいて、インテリヤクザみたいな幹部、誰かわからなくて見た後確認したら津川雅彦だった!何故か全然気づかなかったなー
大阪電撃作戦とリンクしてるので背景が多少わかり易かった。夜桜銀次こと菅原文太さんが主人公。

この銀次が厄介な輩でまさに狂犬。この野良犬の生き様と振り回されるヤクザ達を描いている。
退屈せずに観れたけど戦争も無く、ラストは尻切れトンボ的に終わって肩すかし。警察が優秀でした。
山口組の九州進攻についてです。夜桜銀次は菅原文太が演じます。私の元々持っていたイメージでは夜桜銀次はかなりの厄介者でクソでしたが、文さんがやると違いますね。背景の物語がいろいろと見えてきます。明友会事件から博多事件までをおさらいできてとても勉強になりました。特筆すべきはやはり渡瀬恒彦ですね。最高でした。キャスティングは見事でした。拓ぼんは最後まで死ななかったです。
0607xxx

0607xxxの感想・評価

3.0
主演の夜桜銀次を演じる菅原文太は勿論の格好いいが、子分の憲一を演じる渡瀬恒彦のチンピラ感も中々良い。最後の台詞「夜桜銀次いうエエ極道がおりましてな」の通り、夜桜銀次の生きざまを見る映画。
sumi

sumiの感想・評価

3.7
菅原文太さんが実在したヤクザ「夜桜銀次」を演じる。

冒頭は夜桜銀次が所属する石野組が序盤の別府抗争で坂口組と対立。白スーツで襲撃する夜桜銀次がスタイリッシュでカッコいい。その後、銀次は指名手配され大阪に隠れる。

大阪で渡瀬恒彦演じるチンピラ憲一とわちゃわちゃしてるのが楽しい。淋病にかかって注射打つとことかなんだアレ!笑
若いもんのしでかしたことは自分で落とし前をつけると憲一の腹に1発ぶち込む銀次。無茶苦茶や笑

夜桜銀次が射殺されるところは凄いシーンでした。撃たれる前の緊張感あふれる間とほとばしる血しぶき。

ただ実録ということで実際に起こった事件を観るのは面白いんですが、夜桜銀次がそこまで狂ったようには見えなかったです。九州での夜桜銀次は影が薄いというか、九州でのいざこざはちょっと盛り上がりにかけるかな。
とも

ともの感想・評価

3.5
ちゃん銀、死に花咲かせよったなぁ…
わいら死んだらゴミやで

梅宮辰夫は何を思ったか!
T

Tの感想・評価

3.7
菅原文太が死ぬほどかっこよい。若造の渡瀬恒彦、これまた良い。ヤクザから金を奪う極道専門強盗コンビ、アツ過ぎる。夜桜銀次って、格好よすぎやろ~!ラストの渡瀬のシーンは不可解。

このレビューはネタバレを含みます

・夜桜銀次華麗に散る
・菅原文太が思ったより暴れ足りずにあっけなく死んでしまったり、どの話も消化不良で終わりう~ん
・菅原、渡瀬の兄弟コンビは良かった
・仁義なきシリーズの方が好きかな
bigrig7000

bigrig7000の感想・評価

2.8
菅原文太はあっさり殺されるし、九州に上陸した兵藤組の人たちは軒並み逮捕されるし、渡瀬恒彦が銃を4丁も手に入れたのに何もせずだし、未消化感がすごい。最後に「夜桜銀次いう、ええ極道がおりましてな」って台詞があるが、いい極道には思えない。
>|