ナイアガラの作品情報・感想・評価

「ナイアガラ」に投稿された感想・評価

ナイアガラに行く予定なので、その前に観ておかなきゃ!

歩き方から座り方から、なんと色っぽいこと。モンローウォーク堪能させていただきました。
マリリンが殺される場面の映像がとても美しく印象的でした。
船が滝壺に落ちていくシーン、有名ですよね。
1953年の映画としてはとても迫力のあるものになっていたのではないのでしょうか?

ジーン.ピーターズがとても良かった。初々しい新婚さんでありながら、恐れないしっかり者の芯の強い眼差しの女性を好演。

お風呂から出てきてもベッドで寝ていても真っ赤な口紅のフルメイクはちょっとなぁ、、
当時の男性しかいかなかった現場だったからですかねぇ。
chacole

chacoleの感想・評価

3.3
今のサスペンスものと比べると物足りなさがありますが、60年以上前の作品としてはなかなか頑張ったクライムサスペンスです。
マリリン・モンローはどの衣装でも美しかったけど、その中でもピンクのドレスを纏いレコードにあわせて口ずさむシーンの彼女が特に魅力的でした。
Nana

Nanaの感想・評価

2.9
モンロー見たさだけで見てみたけど、寝起きはともかく風呂上がりもフルメイクってどうなん?!笑
殺そうとした方が殺されて…までは想定内だけど滝に吸い込まれて行くとこは結構迫力ありました
ジョセフコットンの怖さとモンローのフェロモン炸裂が良かった
ENDO

ENDOの感想・評価

2.0
前半のナイアガラ観光映画としての楽しさ、ジョセフ・コットンのモノローグに狂気を感じるがいかんせん後半の冗長さは何とかならなかったのか…緊迫感のない編集と投げやりな最後。鐘のある沈黙やドイツ表現主義的陰影は良かった。レビューが気持ちに左右される様では甘いと痛感。
Camille

Camilleの感想・評価

3.2
モンローウォークが印象的♡
マリリンがとにかく可愛いけど
全体的にちょっと怖かった😂
みずき

みずきの感想・評価

2.6
マリリン・モンロー見たさに手を出した。
内容としては愛人と共謀して夫を殺そうという話。
これはマリリン・モンローを楽しむ映画なんだなって鑑賞後に思いました。作品としての面白さはあまりありません。突っ込みどころは多いです。
ピンクというかバラ色のドレス、赤い口紅にゴールドのイヤリング、似合いすぎます。ブラウスとスカートだけでも虜になります。さらに、ボディラインが美しいので何を着てもなにをしても、様になるしゴージャスに映えます。
当時27歳のマリリン・モンローの悪女を見たい方はどうぞこちらの作品を。
k

kの感想・評価

2.2
びっくりするほどつまんなかったけどマリリン・モンローはめっちゃ可愛い。
マリリン・モンローをもっと出して。
Chaam

Chaamの感想・評価

3.7
マリリンモンローのカラー映画。
あの真っ赤な唇、
お尻フリフリモンローウォーク、
普遍の美しさに見惚れてしまう。

ストーリーはナイアガラの滝で起こる
サスペンス。
壮大な滝を前にドロドロとした
愛憎劇が繰り広げられる。

なんとなく滝には
全てを飲み込んでしまう恐ろしさが
あるように感じる、、、
それをうまく使った映画だと思った。
初見。字幕。
男女のもつれが引き起こすサスペンス

マリリン・モンロー初期の作品、色気半端ない。男を虜にする抜群のスタイル、セクシーな服装、表情や仕草など・・・そりゃ男はガン見するわ
いじわるな表現かもしれないけど、マリリン・モンローは男女のトラブルを引き起こすにはまさにうってつけの人物だと強く思います。あのルックスは人の感覚を惑わす誘惑に満ちている。映画の中の世界でも私生活でも、周りの人間を巻き込むというのは一種の才能だと思います。

この作品もそんな彼女の魔性の部分が存分に生かされてる。
周りの人間を巻き込んで愛憎劇を大事に発展させてしまう。そして正常な判断がつかなくなった男の末路とは?

この作品は壮大な大自然も見どころ。有名な観光地として、その街がどういう空気感なのかがよく伝わります。ナイアガラの滝、一度は行ってみたい。
迫力の水しぶき!
filmout

filmoutの感想・評価

3.9
2000年頃に一度見たかな。
2019.9.16 再見。
ナイアガラの滝を舞台に繰り広げられる愛憎サスペンス。
マリリン・モンローの後をつけるシーンではあのモンローウォークが見られる。
ストーリー自体は特に何の変哲もないといった感じだが、隠れたところからヌッと現れる描写やノワール調のライティング、美しすぎる死のカット、壮大で恐ろしさを感じるナイアガラの滝など見どころが多い。

更に現実でのマリリン・モンローの死もこんな感じで周囲に死者が出ており、暗示のような気さえしてくるのが悲しい。
>|