ワン・ナイト・スタンドのネタバレレビュー・内容・結末

「ワン・ナイト・スタンド」に投稿されたネタバレ・内容・結末

お前ら病人の前でなにやっとんだ❗

ロバート・ダウニーjr. しか感想ほとんどないです。他目に入りませんでした。
噂に聞いていた以上にダウニーさんの
チャーリーが綺麗でした。それが1年でああも蝕まれてしまう…
でも病床のチャーリーは懸命に生きているように見えた。辛そう、かわいそうという薄い感想が抱けないほど。
皆が集まって来るって逆に辛くないか?チャーリーは笑顔だったから観てて嬉しくはなりました。

マックスが撮った写真。あの綺麗なチャーリーが胸のなかに残りました。チャーリーに関心が持てなかったらあまり中身がない映画と思ったはずです。

チャーリーはマックスに思うように生きてほしいって言ってたけど相当ショック受けてたよ。目で分かった。
絶交してた時間がもったいないって涙に胸が苦しくなりました。
マックスが仕事で身動きとれない思いなのが贅沢にしか見えなかったです。CM作りでピクルスが下らないって?あんたの言うアートってどんなごたいそうなもんなんだ?奥さんに疲れているのは理解できる。パワフルで精気を食い尽くされる。別れたあと、彼女ファッションも少しおとなしくなっていた。新しいパートナーはマックスほどマウントとれないのかも知れない。

キンスキーさんかわいかった。
でもチャーリーしか見えませんでした。
若かりし頃のロバートダウニーJr.がゲイ役で出ていたのがビックリ笑
最後のタクシーに乗り込むシーンは衝撃でした!!!まさか不倫のまま結婚するとは思いませんでした笑
まぁお互いが良ければそれでもいいのか笑
マックス(ウェズリー・スナイプス)
親友のチャーリー(ロバート・ダウニー・Jr )

HIV感染を知り5年ぶりに再会。

カレン(ナスターシャ・キンスキー)と出会う。一夜限りの恋。

一年後チャーリーを訪ねカレンと再会。
カレンはチャーリーの兄の妻だったのだ。

やっぱウェズリー・スナイプス好き。
RDJの演技が迫真で死にゆく姿がもう辛くて、チャーリーの序盤のキラキラした大きな目から弱々しく痛いしく変わって...と、彼のシーンは素晴らしいのに、それが不倫のちょっとのスパイスにされている。

チャーリーメインで作ってもよかったんじゃないかなこれ...チャーリーの話と主人公等の不倫話の落差が酷い気がします。
一夜の夜っていうかほんとうに軽率な不倫だった。
ラストもまるでコメディーなのかと首をひねる終わり方で、全く共感ができませぬ……日本の寿司バーってなにか流行だったのかこの時代。

そもそも弟が亡くなったパーティーで妻子ありの人があるがままに人のいない小屋でSEXはいくらなんでも現実味が無さすぎ、結局兄も父もゲイでHIVの弟を差別してたんだなぁというのがひしひし伝わってきてスピーチもすっごく薄っぺらい、登場人物はみんな自分勝手だよなぁ……

HIV感染してなくなるRDJを観るだけの映画…あの部分だけ雰囲気が全然違うし、言葉の重みも全然違った……
タンクトップでキラキラしていたRDJが正直一番かわいかった、病でどんどんヤツレていきながらも健気な姿に目を奪われ…遺影の写真もかわいいし、感情移入もそこだけだわ……