蛇のひとの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「蛇のひと」に投稿された感想・評価

もえ

もえの感想・評価

3.0

壮絶な話かと思いきや、なぜかコミカルな感じ
誰の中にも蛇はあるね
mikuro

mikuroの感想・評価

3.1
永作博美がやっぱり可愛い。ストーリー的にはなんとも言い難い。薄いんだよな。
marron

marronの感想・評価

3.0
西島さんの関西弁、がんばったんやと思うけど、大阪人としてはやはり違和感あり。ラストが消化不良。
Mikuni

Mikuniの感想・評価

4.0
西島さんの関西弁…めっちゃ違和感あったけど映画の雰囲気にははまってた

キャストみんな好きだし

おもしろかった
気がついたら西島秀俊祭り、最後の作品は、フォロワーさんのshihoさんお勧めの作品。

西島秀俊が関西弁をしゃべる…。微妙な関西弁をしゃべる…。でもがんばってるし、抑揚がある分だけ棒読み感がないし、結構はまってたので、やっぱりクリーピーでの棒読みはわざとだったのかもしれない…とか思ったり…。

会社の部長が自殺して、その部下だった西島さんが行方不明。どうやら西島さんは会社の金を横領して、上司を殺したんじゃないかという疑いがあり、西島さんの部下だった永作ちゃんが彼を探して、いろんな人を当たってみると…というお話。

もう冒頭の「夜、口笛吹いたら、蛇出るでぇ」という濃ゆいけどなんか違う西島さんの関西弁にいきなり笑ってしまいましたが、内容は面白かったです。特に、西島さんの幼少期の秘密が明かされるところはとても面白かった。この時の語りがまた、ネイティブスピーカーの板尾なんだよね。ネイティブ出さなかったら、西島さんの関西弁の微妙さももっと目立たなかったのになぁ。

でも、他人の口から語られるその人の話って面白いですよね。聞く人によって同じ人なのにすごい多面的で、自分はこういう人間ですって規定できないよなぁと思います。似たような話で、有吉佐和子原作の「悪女について」、宮部みゆき原作の「火車」も面白かったなと思います。

人はみんな自分の中に蛇を飼ってる、つまり自分をごまかしながら生きてるというお話なのかなと思いますが、そういう結論に持って行くには少し話がずれている、というか強引な気もしました。
ぱなお

ぱなおの感想・評価

3.8
『第2回WOWOWシナリオ大賞』というだけあって面白かった。一見、優しげで「いい人」だけど、何を考えているかわからない役が西島秀俊さんにはよくはまる。言葉だけで人をあやつる、アドバイスしているようで人を不幸に落し入れる…でも、された側は「いい人」と信じたまま。ストーリーとしても面白く、静かなミステリーでした。
ユキミ

ユキミの感想・評価

3.0
西島さんの奇妙な感じが役柄に
すごく合ってた

関西弁は違和感あったけど
この作品はそれくらいでいいのかも
HONEY

HONEYの感想・評価

3.3
なんだか不思議で奇妙でよく分からない話だったな。中々面白かったけど。最後はあれどういうことだったんだろうかー。西島さんの関西弁、よく練習したんだろうな。すげー似合ってなかったけど。どういう教訓として受け入れればいい話なのか悩むところ。ホラー映画ではないので安心を!
ゆう

ゆうの感想・評価

3.6
キャストが好きなのもあってよかった。

西島さんの関西弁含めて不気味な感じが好きだった
幼少期の話がすき
Miku

Mikuの感想・評価

3.0
🐍💫

西島さんの関西弁が見どころ。
そして永作博美可愛い〜♡
私レビューで可愛いばっかり言ってる(笑)
まぁ好きな女優さんが出てる映画選んで観てるからそうなるかぁ。

一瞬のシーンだけど、西島さんと永作博美の身長差キュンだた…☺️

(田中圭が田中役で出てた)
>|