愚行録の作品情報・感想・評価・動画配信

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「愚行録」に投稿された感想・評価

人はある一面しか見せていない
それは他人でも家族でも

自分の価値観で相手を見極め
友人や恋人、家族として
繋がっていく

なんて脆く崩れやすい関係性

このレビューはネタバレを含みます

これは良く出来ている!
一家殺人事件を記者が追取材していく定型ではあるのだが、記者の妹が児童虐待で捕まっているエピソードと並行して描くことで登場人物みんなの愚かさが暴かれる。欲を言えば、一家のイメージが逆転するという感じではないので初めの1人はいい人でしたエピソードでも良かったかも知れない。
なによりも特筆すべきは冒頭のバスで席を譲るように強要されて不貞腐れて足に障害があるかの様に見せる妻夫木聡。彼自身も愚者であることを示しつつ、注意した人間まで愚かな様に思わせる、他人をどう支配するかの物語でもあることを象徴している。善悪ではなく、賢愚として描かれることで物語の判断基準がビシッと定まっていた。
今、満島ひかり以外で誰があの役できる?…観終わってまずそれを考えた
ナナ

ナナの感想・評価

4.4
ミステリーとして面白くてどう繋がっていくのかワクワクしながら見てたら、ミステリー面白いね!とかの次元の話じゃなくなっていった…

こんな話だと思っていなくて、このすぐ前に映画ジョーカー見たばっかりで余計メンタル終わった……

妻夫木聡が結局どんな人なのか何を思っているのか何がしたいのか、分からん
武田

武田の感想・評価

3.4
暗いというか どんよりで淡々としているので、梅雨時期にピッタリな作品でした♪各キャラクターが本当にリアルで身近に居そうな所がこの作品の1番好きな所で 1番怖い所。
「駆込み女と駆出し男」の満島ひかりさんも良かったですが、こちらも素敵でした!
hani

haniの感想・評価

4.0
まさに「愚行録」でした。

登場人物に共感したくないけどリアルさもあり目を離せなかったです。

奇妙な関係で人々が繋がっていて怖さがあり、悪人だと思っていた人も誰かにとっては大事な人なんだと感じるところが不気味でした。
気持ち悪い映画だった。
登場人物の誰とも共感したくなかった。
おやす

おやすの感想・評価

3.5
だいぶ苦しかったけど、だいぶ歪んでいた、、、
結末が想像つかなかった
接点がないのに急に繋がるのは意外と嫌いではないです
幸せな家族が昔クズだった系も嫌いではないです
N

Nの感想・評価

4.5
3度の衝撃ってどこ??!!
男の嫌なところと女の嫌なところが、めちゃくちゃリアルに描かれている。テンポよくポンポン進んでいく。そして衝撃がくる。私は2度だった、、!
>|