愚行録の作品情報・感想・評価

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「愚行録」に投稿された感想・評価

ちゃか

ちゃかの感想・評価

4.0
周りに恵まれてたら変われるチャンスもあるかもやけど、不幸にも負のスパイラルになったら歪んだ過去がある人ならこうもなるかもね。
常人には理解出来ない猟奇的な事件最近多いけど、そんな犯人の思考を垣間見た気分。
しかし犯人流石にバレるやろー。
RA

RAの感想・評価

3.0
まさに"愚行録"。
ひとつの殺人事件とひとつの児童虐待事件からはじまって登場人物たちの"愚行"が描かれる。

"愚か"と言いがたいのは主役二人で、ただ生きることに一生懸命…なんだけど…
やるせなくなる映画。面白いです。暗いの大丈夫なひとは元気のある日に観てみたらいいと思う。
m

mの感想・評価

3.6
妻夫木くんは好青年だった頃から
しっかり役を積み重ねていてすてきだな
満島ひかりはずっとみていられるな

最後にでるタイトルがどーんと胸に響いて広がった
愚行、録
不器用なところ、みんなあるんだよなとおもう

時間を置いてまた観たい
そーた

そーたの感想・評価

4.7
邦画独特の緊張感と静けさに加えて、観終わった後の怖さと衝撃にやられた。ハッキリとした結末を描いていない部分が少し物足りない感はあったものの、他は文句のつけようがない。タイトルもこんなにマッチしてる邦画は珍しいと思う。
おもしろかった。
驚かされるシーンあり。
まじか…て思わせてくれる映画好き。

暗い役の
満島ひかりと妻夫木聡は
本当最高としか言えません!
ホラー映画かと思うぐらい全体的に暗い。そして声が小さい。
正直なところ、サスペンス的要素で犯人は誰か?みたいな話なら根拠はなくとも映画が始まってすぐに、たぶんコイツだ。ってのは思いつく。ただ、人間は身勝手で愚かだ。そしてもしかしたらきっと自分も...と思わせてくる人間の愚かさを突きつけてくる。これぞ胸糞悪い映画。よかった。
どう見ても大学生には見えない出演者など、細かいツッコミどころはあるものの、陰鬱な画の中で淡々と進んでいく会話が登場人物たちの悪意をあぶり出していく様子は、緊張感を持って見ることができました。

しかし、それも途中までのことで、後半になると別軸にいた人物が突如として割り込んでくるのですが、設定に無理がありすぎたせいか、自分の集中力は崩壊してしまいました。

後味の悪さだけを残し、映画は終了。この映画を観ること自体が愚行ではないかとさえ思いましたが、それも込みでの愚行録といったところでしょうか・・・。
ともこ

ともこの感想・評価

5.0
みんな愚かなんだけれど、見る時の心情や環境によって誰がいちばん愚かなのかって変化すると思うし、見た人同士でそれぞれの愚かさを語れるのがおもしろい。

妻夫木聡と満島ひかりのこう言う闇の深い演技は最高だ。
明烏

明烏の感想・評価

4.0
ほんと、人間って愚かですよね。
でも、だからこそ人間だと思うのです。
この作品を見終わった後の気持ちの悪さは、誰かしらの登場人物を自分の一面と重ねてしまうからなのではないかと思ってしまいました。
あなたも私も少なからず愚かな部分ありますよね?
作中で印象に残ったのは終始徹底したカット割りというか「画」の作り方でしょうか。
ほんとに、構図も照明も完成されていてなんの違和感もなくこの作品の世界観に浸らせてくれます。これだけで3.5は硬いです。お話の展開、肝心のオチに関しては3つとも途中で薄々気付いてしまったし、そこまでびっくりは無かったですが特にマイナス要素ではなく無いかと。
1つ思うのはお兄ちゃんが〇〇を〇〇したシーン。リアリティが無さすぎて白昼夢かと思いましたが、そういう演出なのか、、どうなのか。
もう少し分かりやすくしても良かったかもです。
まぁ、良作です。同監督の次回作に期待。
suuuuuu

suuuuuuの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

パッケージとかチラシに煽り文句書くのあんまり良くないな。と改めて。
なんなら、あの一家惨殺事件の家の近辺の土地が全く売れてない様子の写真とかだけでも…。
良い煽りもあるけど。

これ言ったらいけないかも…と思いつつ、殺人が一番ひどいことなのか?と考えてしまう。
出てくる人間のほぼ全員が利己的で、強者からの圧力を受け入れるやり方しか知らない人間を欲を叶えるための部品のように扱う。その部品の役割が長年続いたら壊れるのも仕方ないのかな…と。

子供、2人とも怖くて育てられないよ、これは。だけど、妹は夢を叶えられると思ったんだろうな。
そうゆうことを話せる信頼できる他人がいない。だから、2人だけの世界・秘密。

兄は過去を引きずったままの生活なのに、妹は乗り越えて更に向上することを期待している。その妹の期待が悪意を引き寄せる。
希望を持つのは良いことなのにな。
世間から、そこに留まれよと釘をさされる。
>|