愚行録の作品情報・感想・評価

愚行録2017年製作の映画)

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:120分

3.6

あらすじ

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊…

閑静な住宅街で起こった一家惨殺事件。被害者・田向浩樹(小出恵介)は大手デベロッパーに勤めるエリートサリーマン。妻の友季恵(松本若菜)は物腰が柔らかく、近所からも慕われる上品な美人。ふたりは娘とよく買い物に出かけるなど、誰もが羨む仲睦まじい≪理想の家族≫として知られていたが、田向は1階で友季恵と娘は2階寝室で刺殺された姿で発見され、世間を騒然とさせた。未解決のまま一年が過ぎ、風化していく事件。週刊誌記者の田中(妻夫木聡)は改めて真相を探ろうと関係者の証言を追い始める。しかし、そこから浮かび上がってきたのは田向夫妻の外見からは想像もできない噂の数々だった-。

「愚行録」に投稿された感想・評価

最初のバスのシーンからもう好き。
クズがたくさん出てきて最高だし、終盤で一気に謎が解ける感じが面白い。後味悪く終わるのめちゃくちゃ好み。
あと出てくる大学が文應大学で笑った。

松本まりか好きなんだけどやっぱり可愛かった。
ずっと気になっていましたが

なんとも嫌〜な感じになる
話しやね!

偶然と色々な人々の行いが
こんなに繋がるとは

役者も豪華で
たいがいのキャラがアカン奴ら

想像した展開とも
違って驚きました

好きな映画です

このレビューはネタバレを含みます

内部だの外部だの。
聞き覚え、見覚えのあるような
どうしても他人事だけに思えなくて
とっても胸糞悪いまま見てた
むなくそ。くそ
くそ

映画の題名の通り
愚行録、まさに

どこにも何にも良いところがない
全編べっとりしてる
手がべたべたするする肌の上を這う
見ているだけでおえってなりそう
全体的に青みがかった暗い映像なのも
弦楽器のキイっていう音とか
不協和音とか、耳も嫌

誰と喋ってるの?までの満島ひかり
この人の演技はどうにも
素晴らしいなあ、どきどきした

ヒエラルキーって
何にもいい影響がないんだよな
客観視してたつもりだけど

こういう映画は嫌いだけど見ちゃう
このヘドロみたいなのって
邦画の醍醐味って感じがする
まさかでした。
犯人はあらかたわかりましたが、子供父親がまさかでした。
良い映画でした!

ありがとうございます。
満島ひかりの演技はやっぱすごい好き。妻夫木聡も。いいテンションのミニマリズム。良作。世間的にはこう言う階級社会ってどれくらいの人が意識してるのか気になった。

時系列バラバラなのが後半で一気に組み立てられる系好きだからこれは好み

驚ける部分も終わりがけに詰め込まれてて良かった
最初とラストのバスのシーンが印象的。
あとは這う手の演出とか、音とか、映像の暗さ。主演二人の演技がさすが。
三度の衝撃というより、ジワジワ来た
恵美の台詞が妙に残った、こわい〜
椿

椿の感想・評価

-
衝撃作。本当にえ、って、目を見開くシーンがいくつもあった。観る人によっては気分が悪くなる映画かもしれないけれど、私は光子の生き方には本当に共感したし美しいとすら思った。
ら

らの感想・評価

3.4
妻夫木、満島ひかりの演技が本当に良かった。
後は人間のゲスさがリアルに描かれていました。決して気持ちのいい映画ではありません。正直言ってもうすこしどんでん返しなどがあるかとは思ってみていましたが、今ひとつでした。
暗い雰囲気の暗いまんま終わる感じです。
しむ

しむの感想・評価

3.5
満島ひかりの演技が鳥肌もの。三度の衝撃は大きいものじゃないけど、ぞわぞわした。男のゲスさとか女同士の人間関係とかリアルで面白かった。あと松本若菜さん、電王以来見てなかったけど本当に綺麗な人だなぁ。
>|