デブラ・ウィンガーを探しての作品情報・感想・評価

「デブラ・ウィンガーを探して」に投稿された感想・評価

学校の授業で観た映画。
エイドリアンシェリーに出会えた映画で、もっと早く知りたかった。
QUENZE

QUENZEの感想・評価

4.5
女優のロザンナ・アークエットが監督。2002年制作。
34人のハリウッド女優に、俳優業を営む傍ら、妻や母親としての日頃の悩み・葛藤などをインタビューしてまとめたドキュメンタリー。
女子会のノリで愚痴り大会みたいなシーンもあったり面白い。
当時アラフォーだった数人の口から、メリル・ストリープやスーザン・サランドンの名前がよくこぼれてる。尊敬している先輩女優なのでしょう。
ホームビデオで撮影したシーンも多く、大部分は画質が悪いです。
カンヌ映画祭のインタビュー中、遠くに一瞬だけハーヴェイ・ワインスタインらしき人物が写ってる(これから獄中生活送る人)。
特典映像のロザンナのインタビューで、女優は映画の撮影以外の場所で犠牲を払う場合もある、みたいなニュアンスを含む答え方をしてる。
今年に入って一連の裁判の訴える側でロザンナの姿も見かけたし、そういうことを伝えてたのかなぁ…。
往年の女優たちの生の声や苦悩に納得。

映画というよりは、ドキュメンタリーですね。
映画としてのスコアです。
ドキュメンタリーとしてなら3・5くらい
トニコ

トニコの感想・評価

5.0
ここからフランシス・マクドーマンドがアカデミー賞で「インクルージョンライダー」と叫ぶまで15年かかった。まだ道半ば。でも彼女たちを、自分を信じていたい。
姫

姫の感想・評価

1.5
『女優の仕事と家庭の両立は可能か?』という疑問を女優ロザンナアークエットが、40代を中心としたハリウッド女優34人に投げ掛けるというドキュメンタリー。

知ってる女優が結構でてたから見続けられたものの、ただ繋いだだけ感がする。
40代の働く女性の悩み事。それが20代で想像つく範疇を出ないし、20代でもそれは不安に思うことであったり。
?が頭に浮かぶけど、それは語り手の彼女たちが『ハリウッド女優』だからだ。
出演しているハリウッド女優34人中、どれだけの人が本心を話しているのかがまず謎。女優だから。あんなに話題にあがっていたメリルストリープが出演していない理由は?
モナ

モナの感想・評価

-
歳とりたくないなあと思ってた自分がバカバカしくなった。

女として、人としての生き方を人生の大先輩から教えてもらった、というより 諭してもらった感じ。

人生で大事なものは何か。
見てよかった。
誠治

誠治の感想・評価

2.5
ジェーンフォンダやメグライアン、ウーピーゴールドバーグなどびっくりBIGなゲスト多数登場。勿論、デブラウィンガー本人も!
インタビュー集なんだけど、この手ので本人の素顔を垣間見るのは興味深いが、今作品については女優たちが余り美しく見えなかった。
やはり、女優は役を通した方がより美しくなるのだろうか?
今なら、きっともっと大勢の俳優さんが分かると思う
見直してみたい✨
大学生の時に、『愛と青春の旅立ち』のデブラウィンガーを観たくて映画館で鑑賞した。ハリウッド女優達のドキュメンタリー映画で、なかなか面白かった気がするが今観たら別の見方をしそう!
フランシス・マクドーマンドが先を見据えて、おばさんの役は自分にしか演れなくなってくるみたいなことを話していたのが印象的。そのとおりになった。