ソフトボーイの作品情報・感想・評価

「ソフトボーイ」に投稿された感想・評価

高校の調理科に通う鬼塚くんは、おフランスのシェフになる夢を持っていたが、ヤバい友達に誘われてソフトボールを始めたことをキッカケに人生設計が狂い出す

年収200万の地方で育ち、将来もその世界で生計を立てる。高校生でそれ知ってまうの残酷やな

このレビューはネタバレを含みます

俺は好き。

夢よりも友達を優先したことも、
好きな女の子じゃなくて告白してくれた女の子選んだことも、
友達に夢実現されてニコニコしてるのも、

そんなもんじゃんか人生って。

「やってみらんとわからん」

そのセリフには沿ってないかもしれないけども、
俺は好き。
はけ

はけの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

なんか気持ち悪かった…
ラストに垣間見える、ノグチに漂うサイコパス感…

ものすごく穿った見方なのでさわやかな感想を持った人には読まないで欲しい。

何事もやってみないとわからん、というのが作中何度もセリフにもなるテーマなんだろうけど、主人公のオニツカは、一度としてノグチに挑戦する事をしないんだよね。

好きな子の心を奪われても、ラストに自分の夢だった場所に立たれても、自分なりの幸せを得た、と感じる事で自分をごまかして全てを諦めているようにしか見えない。
もっというと、ノグチにそうコントロールされたようにしか見えない。
ラストのテレビを見るオニツカの顔は、負けたことにすら気づかない、負け犬にも及ばないものにしか見えなかった。
だって戦ってすらいないから。

作中唯一ノグチから離れるチャンスだった、料理人のワークショップにも、ノグチや友達の為に行かず、そちらが自分にとっても正解と考えてしまっている。
(親さえもそう思っている)
どんな大事な仲間や友達の為であろうと、自分の夢を投げ出す理由になるか?
あの瞬間にオニツカは、自分の夢の為に戦う事を全て放棄したのだろうね。
結局作中主人公のしたことって、ノグチや周りに流されただけで、唯一自分の意思だったワークショップへの参加は投げ出しちゃってるんだから。

身の程を知るとか、自分の得られる範囲で納得するとか、そういう結末もありでしょ、ってことを描きたかったんだろうけど、オニツカの夢の実現がなされなかった原因を辿ると全てノグチに行き着き、かつノグチが全て叶えてしまっているところが非常に気持ち悪い。

なんつーか人生単位のスパンで行動をコントロールされて、全て予定調和の中に閉じ込められた主人公の話にしか見えなかった。
それならそれで面白い話とは思うが、悪気なく青春モノとしてこの筋書きにしたのなら、ちょっとセンスが理解できない。
ノグチが主人公の夢とは全く違うところで活躍してるならこうは思わなかったんだけど、なぜあんなラストにしたんだろう。

夢だったことは投げ出し、好きだった子の事は諦め、生まれた時から用意されていた家の仕事を継ぎ、向こうから告白してきた女の子と結婚して、自分では何も行動してないことにすら気づかず(ように誘導され)、「何事もやってみないと分からん」と、言葉すらノグチのものを使って語る主人公って、中身入ってるんだろうか…?
なぜスポ根ものでこんな空虚な人間を主役にした?
一度として戦わなかった人間を見てなにを思えと?
マ

マの感想・評価

3.3
元ソフトボール部の顧問の気まぐれ教頭先生がなぜか世界史の授業で観せてくれた
全国大会のシーンとかちょっと恥ずかしくなっちゃうしテンプレ的な流れだけどそこまでのみんなの心境の変化が良かったんだと思う まあテンプレだけど
波瑠ちゃん可愛い
自分を受け入れる事はそこから始まる!
全てやってみなければ分からない!
とにかく諦めない!
恥ずかしいと思う自分が恥ずかしい!
だの臭い言葉を並べてくれました。

しかし、何だか見ていて楽しい。
青春だな〜

ラストが『え〜(゜〇゜;)?????』
こうなるの?
と予想外の展開。

永山絢斗くんや加来賢人くん若っ(・o・)
実話がベースのストーリー。
passion

passionの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

展開はありきたり。
ネタバレすごいけど、
しょうもない理由でソフトボール始めて、バラバラだったみんなが一致団結し始めるけど仲間割れして、主人公が集めて全国大会優勝!言うけど、敗れる。
テンプレ。

ロドリゲスが打席立った時の音楽かっこいい。
野口がお調子者すぎて少々うんざりした部分があったけど、最終的にはそういう人がどんな場面でも強い。そして、賀来賢人さんはこういう人物演じるのが上手い。
緩い青春のスポ根映画。
ダサいけど、楽しくて好きなタイプの映画。
ダラダラと少年団や部活やってた頃を思い出した。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

3.0
まあ、こんなもんだろう。やってみなければわからないというために、ソフトボールを始めたが、やっても結果は同じだったような気がする
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.0
佐賀県初の男子ソフトボール部(なんちゃって)が全国大会に出た話、、、なのか?(笑)

まぁ、そんな簡単じゃないよね、じんせいってのはさ。ってラストが好き。

始終、軽いノリだけど、それが気持ちいい。

ってか、こーゆーノリだから“やってみなきゃわかんない”って言葉がすんなり入る。

結果がどうあれ、“やってみる”って重要だし、それ自体が価値なんだなぁって思う。

スポ根系映画としては異色だけど、俺は好き。

そして、永山絢斗がカワイイ。白ソックスがエロすぎるだろ!!

賀来賢人の佐賀弁も萌えるし。短髪だったら、イケるのにな〜惜しいっっ!!

地味に「ひゃくはち」に出てた主演の子が居た。うん、かわいいぞ!!

目の保養にもなる作品でした。
YUーCHI

YUーCHIの感想・評価

3.2
よくある系の作品で日本っぽいと言えばわかりやすいかな。
たまに出るチート感が物語を上手くリードしてる。
良くも悪くも無い感じの作品。
>|