ザ・バニシング-消失-の作品情報・感想・評価

上映館(4館)

「ザ・バニシング-消失-」に投稿された感想・評価

Hiros

Hirosの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ずっとおもしろい。
ラスト自分だったらと想像したら怖すぎる。
拷問とかいろいろ想像してただけにリミットよりも怖かった。
「キューブリックが絶賛」という宣伝文句に負けない作品。
傑作。
好奇心が身を滅ぼすという、寓話的で普遍的な話。
主人公を通して、我々観客が試される。
アメブロを更新しました。 『「ザ・バニシング 消失」誘拐された女性を探す男と誘拐した男、その間に分かり合える部分は無い。』https://twitter.com/yukigame/status/1139653391775256576
まい

まいの感想・評価

5.0
こういう映画、大好きです。ホラーというよりスリラーでしょうか。ミステリー要素もしっかりとあって、キャラクター分析映画でもありました。それも通常ならば全く共感できないであろうキャラクターを丁寧に描写しており、ある種の説得力のある犯行動機を観客に示すことに成功していると思います。とくに犯人の、賢いけど完璧ではない部分がお間抜けでユーモアがあり、全体のトーンと背反する組み合わせがなんとも絶妙です。
主人公だけでなく、サスキアや主人公のレックス等、それぞれの登場人物の行動も丁寧に描写されているので、彼、彼女らの行動に疑問を持つこともありませんでした。
直接関係のないお話で申し訳ないですが、ハウス・ジャック・ビルトの雰囲気が、アプローチの仕方こそザ・バニシングとは違いますが、若干似てるかも…!と思いました。
演出が面白いものも多く、音楽の組み合わせもとても良かったです。映像が美しいです。
am

amの感想・評価

4.3
登場人物の"好奇心"にどれだけ共感できるかによってこの映画の怖さを受け取る量が変わってくると思う。
私は顔面蒼白で映画館を出て、そのあと食べたご飯の味がしなかった。
おかゆ

おかゆの感想・評価

3.3
じわじわと来る怖さ
30年前ほどの作品とは思えないスタイリッシュさと、狂気でした
えみ

えみの感想・評価

4.0
なんか、すごく見入ってしまった。

精神的に緩やかに攻めてくる感じ。

前半に少し笑いを入れてくるところも逆に怖い。その笑いがあるのに、それを完全に忘れさせるくらい怖い後半。

最後の結末がサイコパス。後味が悪い感じの余韻が今も残ってて、はっきり言って気持ちが悪い。

正直、どちらも異常に見えた。
どんどん追い込まれて執着してる主人公も
とても自然体で冷静にことを進めてる犯人も。
オランダ人のカップルがドライブでフランスにやってきます。立ち寄ったサービスエリアで妻がいなくなります。はじめはホラー映画かなと思ったのですが、推理小説的な展開になり最後はサイコ。そういうのって怖いから。ヨーロッパ系の映画の精神に来る映画は本当に怖いです。好きだからまた見ちゃうんだけど。
さち

さちの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

アカン…アカンすぎる…


おドジなサイコパスの完全犯罪劇。ちゃんと練習したりしてるからまじ怖い。
可愛い娘たちや陽気な奥さんもいるから余計に怖い。
でも結構おドジでコメディかと思う瞬間さえある。このトーンなのに?ってさえ思う。

出会った2人がどうなっていくのか、ラスト時計の針を見て展開を予測しかけたのにその隙さえくれず奈落の底に突き落とされます。ちーん。やば…

愛すべきトラウマ映画に認定(笑)
SYU

SYUの感想・評価

4.0
2019年47本目
監督ジョルジュ・シュルイツァー

ドライブの途中立ち寄ったサービスエリアで突如消息を絶った妻、その行方を捜し続ける男がやがて辿りつく真相、そして予想外の結末を描くサイコスリラー。

地元映画館での上映最終日に滑り込み鑑賞。

ジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド出演の同監督によるハリウッドリメイク版「失踪」は随分前に見ていたので、内容もラストも大体覚えていた。

見終わって改めての個人的感想は、傑作ではあるが、やはり「気分が悪い映画」だと思う。

リメイク版でジェフ・ブリッジスが演じた犯人役も恐ろしかったが、どちらかというと彼の演技力の凄さが印象に残った感じだった。

その点、オリジナル版である本作の犯人役は正直知らない俳優だが、その普通な感じがより一層不気味さを引き立てていた。

現実の世界でも、実際に起こり得る危険。

トラウマになりかねない絶望感と恐ろしさを秘めている一方、一度みたら忘れられない衝撃も併せ持つスリラーです。
>|