252 生存者ありの作品情報・感想・評価

「252 生存者あり」に投稿された感想・評価

【☆☆☆☆1/2】
評価は普通ですが、全日本国民に一度は観てほしい一作です。

2011年以前の映画ですが、2011年直前に観ていたら、国内の災害の被害はもっと抑えられたのでは?と思ってしまうくらいにリアルに作られています。(災害そのものはかなりBIGですが)

上層部と現場の間のジレンマ、個人の無力さ、そんな中生きることに真剣なそれぞれの彼らの姿が素晴らしくて明日も頑張ろうと思えました。

☆4に達さなかったのは、惹かれはしますが何度も観たいと思うタイプの映画ではなく、一度観て考えさせるための映画だからです。
(☆の基準の違いです。申し訳ございません)

タグは個人的に惹かれたキャストさんをまとめています。
好きな方がいらしたら是非ご覧ください。
Choco

Chocoの感想・評価

3.3
好き。
災害が作り物感あるのは大大大前提として、レスキューの葛藤とか気象予報士の上司の判断とか、人間臭い話だった。ただ最後のはさすがに代わりに担いだれよ!!って思った〜
台風の話らしいのですが
作り物感がハンパないっていう…

伊藤英明主演だと海猿にしか見えなかったです。

序盤は面白かったけど
だんだん失速…
2時間は長かったです。

252と叩くと生存者ありという意味がわかったところはよかったです。
kaede

kaedeの感想・評価

3.0
怖い怖い怖い
水あんなに溢れてきた怖いって
どうしよう本当にあんなことになってしまったらって考えたら怖いなぁぁ
って、ドキドキしながら見てた

252のリズム絶対忘れない
この数字不謹慎かもだけど気に入ってしまって
一時期携帯のアドレスに252って入れてました。

逝ってますね私
やよい

やよいの感想・評価

3.2
台風の話とは知らずに、台風の日に鑑賞(-∀-`; )

海猿から陸猿に転職してた伊藤英明の映画でした←違うけど(笑)

結構な大災害なんだけど、東電は神なのか通電は生きてた。あれは各会社の予備バッテリー?自家発電?
関電なら完全アウト(ノ∀`)
さすが意識高い系トーキョーね‎( ꒪⌓꒪)

ラストはちょっと過剰かしら??
と言いつつもホロり(ノД`)シオリチャーン

退職してもなぜかその職場に復職できちゃうのはなぜ??
特殊職種だから?
身近にいないから分かんないんだけど、結構普通な事なのかな?とやっぱり辛口(笑)
過去鑑賞。
252=生存者あり
という知識がついた。


こういう系統を見る時は、お涙頂戴を期待して見るのでそういった意味で凄くちょうどいいと思う。なんだかんだお涙頂戴映画は好きです(言い方)
史上最大の巨大台風が東京直撃、衝撃的空前のスケールで不屈の脱出劇と決死の救出劇が交わる運命の18分。圧倒的リアルな災害シーンの反面、人間ドラマ部分の回想シーンが薄っぺらい。2・5・2拍子(ハイパーレスキュー隊の通信コードで「要救助者」)。新橋駅崩落。廃駅旧新橋駅。東京都消防庁消防救助機動部隊。台風の目。

このレビューはネタバレを含みます

また見たい。初見は海猿の続編wかと思いました。ストーリーは地震からの台風直撃だそうです。日本が舞台のパニック映画なのでリアリティあります。外国だとどこか違う世界という風に見てしまいます。また災害・隕石系パニック映画を見ても、すぐには起きない自分には関係ないと思いがちです。最近の異常気象などの被害から、私が見た中で一番現実味があり、起こりうる可能性が高いだろうと思うパニック映画でした。
chamur

chamurの感想・評価

2.0
途中からラストにかけてつまらなくなっまた。
特にラストにかけての過剰な演出。
morgen

morgenの感想・評価

3.7
やっぱり伊藤英明はこういう作品が似合うなー。
海猿の途中の作品なので、まだ身体が細い。初々しい。

東京の地下鉄が崩れると半端なく救助は難しいだろうなー。
地下何階まであるんだろう。
>|