キンキーブーツの作品情報・感想・評価・動画配信

「キンキーブーツ」に投稿された感想・評価

最近YouTubeでミュージカル動画よく見てるんだけど、ちょいちょいオススメに「キンキーブーツ」のダイジェスト動画が出てくんのよ。
その動画は日本でやったミュージカル舞台の映像なんだけど小池徹平&三浦春馬が主演なの。見る度に気になってた元ネタがこの映画♪

さんざん歌う映像見てたから これもミュージカルかと思ったら違ってた^^;

でもね、めっちゃ泣けるし、めっちゃ熱い話だった~!!

父親が急死した老舗の靴工場のあとを継ぐこととなった息子が主人公なんだけど、実はこの会社、身売り話も出るぐらい経営難に陥っていたの。

ここは伝統的な紳士靴を細々と作ってるんだけど、今のままでは競争相手も多いし先行きは不安しかない。

そんなある日、たまたま街で見かけたドラァグクイーン(女装してショーに出てる男性)。
女性用のヒールを履いてショーに出てる彼ら(いや彼女らかな)のための耐久性に優れセクシーに見えるブーツを作れば、ニッチな市場開拓も出来て、工場を建て直せるかも!!
ってことに気付いて。。。

って感じの話。

そのドラァグクイーンの彼女をブーツのデザイナーとして採用するんだけど、田舎の町工場だし当然偏見の眼差しで見られるんだよね。
彼女の悩む姿、奮闘する姿も描かれてるし、色々考えさせられるし勇気ももらえたかな。

あとね、この跡継ぎ息子がめっちゃ頼りないんだけど、彼女と出会ってどんどん変わってくから。後半の彼の熱いセリフには、本気で感動して泣いちゃったし。

もちろん彼女たちのお店でやるショーのシーンもあるよ。これがまたパワフルだしめっちゃ素敵なの♪

しかもこの話、映画のために作った話じゃなくて、実話なんだってね。これがまたビックリ!!

めっちゃ素敵な話だったし、これをもとにミュージカル作ろうって思った人たちがいるのも当然だよね。実はミュージカル舞台の映画版もあるらしいけど、まだ未公開(フィルマの一覧には載ってるけど)
こっちも気になるよね♪
hawa

hawaの感想・評価

-
敬意の大事さと自信の持ち方を教えてくれるローラが、強くて綺麗でかっこいい!
minamo

minamoの感想・評価

3.0
ストーリーメインならミュージカル映画というよりはちゃんと映画というジャンルで見られるので、こういうのは大好きです。

このレビューはネタバレを含みます

実話に基づいた物語。倒産目前の田舎の紳士靴工場。後その起死回生の一手は、ドラッグクィーンのためのセクシーなブーツ製作だった。
靴のデザイナーとして工場にやってきて、奮闘するドラッグクィーンのローラが最高に魅力的。
男らしさ、女らしさってなんだろう?
心にもやのようにかかる偏見を取り去って、足を通すひとを魅力的に見せることを考えてこそ、最高にセクシーなブーツが作れるのだ。
rrrRED!

素敵な映画
本作はミュージカルではない。
だからこそ リアルを留めて
ラストは盛り上がる。
センス良く感じました。
tomo

tomoの感想・評価

3.6
ストーリーは面白かったけど、チャーリーは最後まで好きになれなかった。ローラがかっこいい!!
Momoka

Momokaの感想・評価

4.0
うわーーー田舎というか均質的な場所にいると価値観こうなるよね痛い
こういうの見てちょっとずつ無意識なホモソーシャリティに気付いていけるはず、男か女か決めろって誰が決めたもんか
どのシーンでも気づいたら靴を追ってた
けーな

けーなの感想・評価

4.3
とても良かった。なんで今まで観ていなかったんだろうと思った。勝手に、もっとドタバタしたコメディーなのだろうと思い込んでいたが、とてもハートウォーミングな作品だった。

イギリスのノーサンプトンに実在する紳士靴の工場がモデルになっている。倒産寸前の靴製造工場だったが、ドラァグ・クイーンのための靴を製造することにして、再起を図る物語。

この映画が上映された後、ブロードウェイで上演されたミュージカル版が、大ヒットしている。日本でも、小池徹平と三浦春馬の出演で、日本版が上映されている。そう言えば、三浦春馬が、今作について熱く語っているテレビ番組を見たことがあったのを思い出した。それらのミュージカルがヒットしたけれども、とにかく、本家は、この映画だ。

主役の、ちょっと冴えない靴屋の息子を演じるのは、ジョエル・エガートン(実際の発音は、エジャトンが近い)。冴えない感じが、ぴったりだ。彼女役が、全然可愛くなくて、なんで、この人と付き合ってるの?と思ってしまうが、それも、話の流れからしてもっともなことだろう。工場で働く彼女の方が可愛いな、やっぱり。

そして、何より、驚いたのは、ドラァグ・クイーンのローラを演じているのが、「それでも夜が明ける」のキウェテル・イジョフォーだったこと。見終わってから知って、とても驚いた。歌や踊りも見事だし、オネエ役も、とても上手で、惹きつけられた。
ゆひ

ゆひの感想・評価

3.0
大大大好きなミュージカルの原作映画!
これはミュージカルじゃないけど面白い。
ドラッグ・クイーンがカッコ良すぎる。
ミュージカル化もされ、日本でも小池徹平×三浦春馬によって上演された真っ赤なロングブーツを巡る物語。

正直言ってすごく面白いとは思わなかったけど、なかなか楽しめた。

C・イジョフォー演じる”ローラ”が特にいい。見た目はおっさんだけど中身が愛くるしい。

今や監督業にも手を出してるJ・エガートンにもこんな冴えない青年みたいな時代があったと思うと感慨深い。僕の中では「華麗なるギャツビー」のイメージなんでね。

いつかミュージカル版も観てみたい。
>|