悪夢探偵の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪夢探偵」に投稿された感想・評価

ホラーシーン、痛々しいシーン、
謎の変な動きのシーンは塚本晋也らしくて楽しめた。

話はLINEマンガとかで無料で読めるやつにありそうな話だなって思って、正直ちょっと安っぽかった
松田龍平の悪夢探偵の造形とキャラはよい。
けど何かがもの足らず。
個人的には2が好み。
相原

相原の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

影沼(松田龍平)の「夢に入りたくない」という気持ちがとても理解できる。それでも見て見ぬ振りが出来ず霧島(hitomi)を助けに来るあたりがとても生きにくそうだと思った。
どのキャラも性格が一貫してブレていなくて、そこはとても良かった。
病室でのシーンで、霧島が影沼に「夢に入って犯人を倒してきてくれないか」と頼むところで、影沼が「あなたは確実に地獄に落ちる」というようなことを言っていたのが印象的で、確かになと思った。
影沼のビジュアルと雰囲気がめちゃくちゃ良い。最初に出てくる手がとても綺麗だった。
moo

mooの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

【あらすじ】

いやだ‥あああああ~
いやだ‥ああ、いやだいやだいやだ‥

携帯電話でお互いを感じながら自殺する‥

ネットで噂のこの自殺方法で「0」という表示の電話番号に電話をかけた、ちょいゴスねぇちゃんとあんパン大好きサラリーマンが悪夢を見ながら自分を切り刻んで自殺する怪事件が起こる。

悪夢を見ながら自殺ってなんかおかしくない?と捜査してみたら、人の夢に入りめる特殊能力をもつ探偵がいるって話を聞いたよ。

じゃあその人に依頼してみようぜ!ってことで、女刑事率いる警察が悪夢探偵を訪ねてみたら、その悪夢探偵は首を吊っていました。

悪夢探偵とか言われてるけど、本業じゃないし、本当は人の夢に入るのなんて嫌で嫌で仕方ない。

そんな松田龍平演じる悪夢探偵に、hitomi演じるキャリア女刑事が無理矢理事件を解決させようとするスリラー映画。


【感想】

上映当初、ポスターが素敵だなぁってのと、エンディング曲がフジファブリックだってだけで見た作品。

人の夢に入る悪夢探偵っていうから『パプリカ』『ザ・セル』みたいなもんかともったら全然違った。

「悪夢探偵」だなんて大層な通り名で呼ばれてるけど、本当は人の夢に入るのが嫌で嫌で仕方ない。

夢に入るとか本当迷惑…と嫌がってる、ネガティブを絵に描いたようなトラウマ青年に、
キャリアから無理矢理現場に来た世間知らずなのに気だけは強い女刑事が「私、囮やるから夢に入っていっしょに犯人倒すわよ」と事件解決を頼むも自分は逃げまわるわ、心をのぞくな!とか逆ギレするわ…なヒロイン?にイライラする。

探偵史上、最弱‥というか、タイトル「探偵」ってつくのに本人否定の探偵じゃない探偵映画。

松田龍平さん演じる悪夢探偵こと影沼さんのネガティブさ‥というか、キャラがすごく立ってて良かった。
設定や
冒頭のシーンで期待大で始まったものの
0の事件自体はどんどんしりすぼみ感を感じた

0のトラウマのシーンで
小学校の頃友達が目の前で釘を踏んでしまって足を貫通したことを思い出してしまった
Ideon

Ideonの感想・評価

3.0
悪夢を見ながら自分で自分を切り刻んで死ぬという事件が頻発、被害者はいずれも0という謎の人物と通話していた。警視庁の霧島は被害者に暗示をかけた者がいると考え、他人の夢に入り込める特殊能力を持つ影沼という男に協力を申し出るが…というお話。
演出もカメラワークも独特でストーリーも悪くないのに、ヒロインのhitomiの棒演技で全く話が入ってこない。大してビジュアルも良くないのに何で起用したんだろう。
ヨシミ

ヨシミの感想・評価

3.6
グロ度ありあり。コンセプトおもしろい。映画で一気に深めるより、ドラマで徐々にやるのがあってたかも。
hitomiのビジュアルはとても良いんだけど演技力が壊滅的に無くて残念!!😣冒頭の原田芳雄さんの夢で「オッ」と期待大!がどんどん尻すぼみに…予算の関係もあるんだろうけど似たような設定の「パプリカ」「ザ・セル」には遠く及ばず。影沼も結局何がしたいのかhitomiの大根っぷりも相まって退屈。0こと塚本監督の演技が1番上手いって言うね😅ラストの0のオチが1番恐怖だった。0のトラウマがよく分かんなかったー😣
安藤政信が出ていたので…
面白い安藤政信が見られたので…
良きです
スタイリッシュでライトな作品かと思ったら、がっつり鬱々Down系な映画だった。あかるいシーンがまったくないよ。
夢と現実が交差する曖昧な映像のなか、グロい有機物の生々しさの対比が印象的。
ヘタレな死にたがりを演じる松田龍平さんの顔がもうキレイすぎて、私の方が死にたくなった。
>|

あなたにおすすめの記事