悪夢探偵2の作品情報・感想・評価・動画配信

「悪夢探偵2」に投稿された感想・評価

そら

そらの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

泣けるホラー。ラスト切なかったなぁ。あと子役の子が尋常じゃなくかわいい。
sbchlcfltt

sbchlcflttの感想・評価

1.8
怖いやつだった。

中途半端でやめると余計に怖いから、画面を
手で隠しながら映像と音でのりきった。
1よりホラーテイストが増し面白かった。
ドラマでシリーズ化できそうな設定。
moo

mooの感想・評価

3.0
悪夢探偵1のあと2008年〜2010年に見てると思う。

母親のシーン。

うう、こんなふうに世界が見えているのか…って印象しか覚えてない。。
1よりはるかにわかりやすくなってた
怖さは感じなかったけど
1の時よりホラーよりのテイストに仕上がっていたし
1にはなかった主人公の心の変化も描かれていて2の方が好きだった

夢の中に入る時、入る夢の持ち主の体から出てきたりする表現も不気味で好きだった
前作よりもわかりやすくなり、面白かったです。
3作目も出て欲しいなあ。
1作目より大分面白い。影沼の自殺した母にしろ菊川にしろ人の心が読めてあらゆる物を怖がってしまうのは繊細さと感受性の強さとも読めてそういう人達は往々にして生きづらさを抱えている。それらの人々が疎まれて自身を守るために社会から隔絶して遂には命を絶つのも頷ける話で、案外分かりやすい映画かと思う。菊川を化け物として恐れる張本人の雪絵に対して「彼女は化け物じゃない。怖がってるだけだ」と言う影沼の言葉も心ない偏見に晒されてそうな人達に向けたメッセージに見えて、親にすら疎まれていた菊川のSOSを影沼が救った所に、気付き手を差し伸べる共助の精神が見えたのだがどうだろうか。またずっと恐ろしい化け物として映っていた存在が最後に優しい母として取り戻せたのは母の面影があった菊川を救った事で影沼も救われたと言えてこれも示唆的だ。

演出面でも前作はカメラワークやカット割が激しすぎたりして刺激は感じるがよく分からない映像だったが今作は幽霊ホラーっぽく上手く撮られていて楽しめた。仕切り越しに見えるトイレの足元やマンションのエレベーターに髪の挟まったドアなど十分に本格心霊ホラーを出来そうで、かと思えばクトゥルフみたいな恐怖世界の絵や裂けた顔に伽椰子的クリーチャーなどもあって雰囲気が良い。あの幼稚園バス幽霊も不気味なようで子供が死んだ事にも気づかず無目的に彷徨う姿に哀愁も感じられて一面的な見方をさせない。しかし子供をマッパで映してるのはヤバくない?2008年でしょう。塚本監督はその辺はシッカリしてそうな気がするのですが。出演者は見る前に一覧で市川実日子とあったので注目してたのに全然見なくておかしいなーと思ってたら市川実和子だった。姉か!名前は知ってたけど出演作をあまり見たことがなかったので名前と顔が一致しなくて、「この人見覚えあるけど誰だったっけなー」と思ったら市川さんでした。
2作目。グロを抑えてオカルトホラーに重きを置いた感じ。
怖い、という感情。死にたい、という思慮。どちらも前面に押し出されたワードだけど具体的な対象は描かれていない。でもしっかりと「怖い」「死にたい」理由が読み取れるし、そこはかとない苦しみに切羽詰まらされる。
これは傑作。
メグ

メグの感想・評価

3.8
龍平………綺麗だ…………………
1よりホラー感強くて私はこっちの方が好きかも。この世界観好きだなー
橘

橘の感想・評価

3.8
2の方は前作とテイストが変わって、現在の依頼と悪夢探偵の過去が描かれていてホラー色が強いですが切なくもありました。こちらも面白かったです。
松田龍平さん演じる京一の母親は極度の怖がりで、怖い…怖い…と言い続けて最後には自ら命を断ってしまった。お母さんもどうやら他人の思考が入ってくるとかの能力があったみたいだけれど。。幼い京一が「お母さん」ってずっと呼んでるの哀しい。子役2人いるけどかわいいんだ…怖いのがきて「悪い事はしません。悪い事はしません。今までもしてきませんでしたが、これからはもっとしません。」みたいにお願いしてるのかなり心にくる。。この辺よく理解できなかったけれど、幼い自分の夢にも入り込んでるのかな悪夢探偵?

京一は、雪絵という女子高生からの依頼で「夢から取り除いてくれ」と言われている女子高生・菊川がどうやら母親の逸子と同じようだと思って救おうとするのも哀しい。
でも夢で害してくるのは菊川の能力だったんかな?とは思う。菊川の形は取ってたけど別の魔では。。菊川に他人の思考が入ってくるのは確実みたいだけれど。松田龍平さんと韓英恵さんのシーン美しかったなぁ。支えが出来たんかなお互いに、と思ったけど、菊川がまた外に出られるようになった事しか描写は無かったです。
雪絵も最後には他人の思考が入ってくる体質?になったけど、前向きなので謎でした。
夢の中で、雪絵から京一が出てくる描写が好きでした。

今回1番心に残ったのは逸子役の市川実和子さん。儚げで、でも母の包容力もあって、怖い怖いって言ってる所の迫力もあって魅了されました。
前半はほとんど怯えて叫んでるんだけど、だからラストの京一の夢での穏やかさに泣きそうになります。とうとう夢から覚めなくなってしまったのかと思ったけど、それでも良いのかなと思うくらい美しかったし幸せだった……消えたあと京一が泣きじゃくってるの悲しい。。
父親の光石研さんも良かったです。

音量は今回も調節が難しくて、画面がブレるし暗いしで観るのが大変なのは大変でした。
3ありそうな所で終わったのですが続編無いのですね…気になるな。。


追記:雪絵の夢に侵入してたけど雪絵が先に目覚めてしまって、「まさか…俺より先に起きたのか?」って京一が言ってたけど、そういう場合どうなるの?💦って思ってたらあれ結局雪絵も目覚められてなかったのかな?そのせいもあってふたりと同じ能力に目覚めたんだろうか……わからん。。
>|

あなたにおすすめの記事