THREE/臨死の作品情報・感想・評価

「THREE/臨死」に投稿された感想・評価

「キム・ジウン監督強化月間」ということで(嘘)2002年製作という割と古めの作品を鑑賞。例によって予備知識ゼロで観たので、40分くらいで急にエンドロール入った時には「ハッ短奴ッ?!」なりましたけど、次のタイトルが始まった時にようやくオムニバスだと気づきました。そろそろもうちょっと前知識入れとくべきかもしんない。

韓国→タイ→香港、と繋ぐホラーオムニバスということで、そう聞いて何を期待するかによって評価が分かれると思いますが、端的に言うと グロ:弱め オカルト:強め です。人肉饅頭とか人肉ラーメンとか出てきませんので苦手な方はご安心を。とはいえキム・ジウン監督は監督ならではの結構なグロ描写をブチ込んできやがるので、決してグロ無しというわけではありませんのでご注意を。

1本目:キム・ジウン監督「memories」
<あらすじ>妻が失踪し、妻の幻覚を見始める男と、記憶を無くした女。2人が結びつく先にあるものは。

完全に黒沢清だしベタすぎるので意外性も何もあったもんじゃありませんが、キム・ジウンらしいハードで嫌〜な描写と後味の悪さは絶品。後に監督が撮る事になる傑作「箪笥」のベースにもなっている気がします。3本の中で唯一のグロ担当。

2本目:ノンスィー・ニミブット監督「wheel」
持ち主の死と同時に葬られなければならないという伝説の操り人形。それを欲に負けて盗んでしまった男と一家に振りかかる人形の呪い。

えっと・・・誰?全く存じ上げませんが、タイのど田舎で繰り広げられるビミョウなオカルト物語にほっこり感すら感じます。っていうか眠い。滅茶苦茶古臭い感じで2002年というのも信じられません。古谷一行の金田一が出てきてもおかしくない感じ。正直なところ、なんで家族がボンボン死んでいってさえ人形に固執するのか、価値があるのか、伝統があるのか、そういう文化的背景が全く分からなかったので納得もいきませんでした。タイの田舎文化に触れたい人だけにオススメ。

3本目:ピーター・チャン監督「going home」
とある古びた団地へ引っ越してきた父子。近所に住む、半身不随の母を持つ一家の娘の視線に怯える息子が行方不明になる。父は息子の行方がその一家と関係があると調べ始めるのだが。

前2本がいい感じで前フリになっている感じもあるんですがコレがね、すげぇいいんですよ!「捜査官X」の監督さんなんですが、正直この1本だけのために観る価値あると思います。オチは若干読めるかもしれませんがなかなかの変化球ですし、全体に流れる奇妙で哀しい空気は絶品で引きこまれます。お話的に「香港映画ならでは」なアイテムも点数高め。フリとかも巧いんですよね〜、甘くみてると足元救われますよ。しかもレオン・ライとエリック・チャンという香港を代表する豪華メンツ共演ですよ奥さん!もうこの1本でたっぷりやってくれりゃあよかったのにってくらい出来栄えです。お見事。

全体的には古臭さもあり展開もタルいのでバッチリオススメはしませんが、雰囲気のあるオカルトホラー、最近の国産モノはイマイチでのぅ・・・などと感じている方などは観てみては如何かと思います。おっぱいも結構出てきますんで!エロさは皆無だけど。