七人樂隊の作品情報・感想・評価・動画配信

『七人樂隊』に投稿された感想・評価

ふづち

ふづちの感想・評価

2.5

●七人樂隊(2021年香港。ティミー・ハン)

ジョニー・トーのプロデュースのもと,香港で活躍する7人の監督が1950年代から未来まで,さまざまな年代の香港をつづった7作で構成されたオムニバス。


>>続きを読む
シネマ

シネマの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

2020年香港映画。

1950年代から未来までの香港の風景を描く7つのオムニバス。

最初のサモ・ハン・キンポー監督の子どもの頃のカンフーの修行の様子と投資の話と最後のセルフIDについてと思われる…

>>続きを読む

全話とても面白かったです。
真係過癮、我鍾意呢啲戲


それぞれの監督の特色がストレートに出ていました。(先にこれらの監督の作品を見ていたのも面白さアップになった)


第一話、サモハン監督
カンフ…

>>続きを読む
れん

れんの感想・評価

-

贅沢であたたかい時間を満喫させて貰った。
サモ・ハンの『稽古』アン・ホイの『校長先生』パトリック・ラムの『別れの夜』ユエン・ウーピンの『回帰』ジョニー・トーの『ぼろ儲け』リンゴ・ラムの『道に迷う』……

>>続きを読む


クイズみたいでオモロい
オムニバスでタイトルと監督名が各作品のエンディングに出るから誰の作品かわからず観る

『教育』サモ・ハン・チンポー

冗談はさておき…

全てが良かった✨
上手い✨
ショー…

>>続きを読む

香港を舞台に、
時代が移行していくオムニバス映画。

オムニバスは
テーマがあるのが普通なんだけど、
時代動いていくのは面白かった。

香港映画にはあまり馴染みがないので、
どんなのかなぁ?
からは…

>>続きを読む
くぅー

くぅーの感想・評価

3.7

もちろんまた香港に行きたくなりましたね…「道に迷う」と「回帰」、特に印象に残ってます。

»七人の香港の名監督が、1950年代から未来までの各時代を1つずつ担当し香港の人々の生活を描く、全編35mm…

>>続きを読む

子供の頃から香港映画を観ている自分にとっては、なんとも言えない古き良き香港の空気感を感じる素晴らしいオムニバス作品だった。

香港を代表する7人の監督が、くじ引きで決めた50年代から少し先の未来まで…

>>続きを読む
るる

るるの感想・評価

4.2

映画を観る気力がないとき、本読むのが面倒くさいときも短編集はお手軽だから、大好きなんだよ。流石に7本もの短編集は初めてでだいぶショートな感じがしたけど、たくさん観れてお得!とも思う

時代は進んでい…

>>続きを読む
Tk

Tkの感想・評価

4.0

前から気になっていたけど、観れていなかったこの作品。短編作品で観やすいなぁと思ったのと、香港映画の良さというか、そういうものを感じたし、出てる俳優陣も有名な方々が出ていたりするし、空気感が良かったな…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事