キトキト!の作品情報・感想・評価・動画配信

「キトキト!」に投稿された感想・評価

kty

ktyの感想・評価

3.4
大竹しのぶの肝っ玉母さんが暮らす富山県高岡市。上京してホストで働く息子役の石田卓也が飛鳥に見えてしまう。その姉貴役の平山あやもチャラい。

ほっこりする家族愛。
そういえば親が送ってきた宅配便のダンボールには愛が詰まっていた。

光石研のバイプレイヤーぶりも光る作品。🙂
ラストにかけて急な展開。富山県民というか北陸県民もっと閉鎖的な人の方が多い気がするけどなあ……。東京のホスト行って堂々と歌歌える人なんていないんじゃ……?富山の方言はしっくりきた。ただ、ダラをすごい強調したいんだなって感じがモロに出ちゃってたのは残念。もっとキトキトっていう題名だからもっと富山感じれる映画だと思った。東京がメインだったなあ
キリン

キリンの感想・評価

3.0
この作品なのかわからないけど「キトキトの魚」という
タイトルが頭の中に残っていて、観てみた

そこそこ面白かった、分かり易い話だし
やっぱり大竹しのぶって凄いと思う

不意に伊藤歩が見られたのも良かったな、やっぱり奇麗だわ
大竹しのぶとの共演だと、「ふくろう」なんかも面白かったな
ごはん

ごはんの感想・評価

2.5
土地がテーマの家族ものを見るたびに、その土地である理由と物語について思いを馳せるが、これは本当にここで良かったんだろうか。どこの土地でもOKであれば、土地推しはしなくていいのにと思ってしまう。

このレビューはネタバレを含みます

シンプルに面白かった。
誰もが思いつきそうなストーリーで、日本国中あちこちの地方にこういう家族が居るのだろうなぁ…と思わせる物語。
それでも引き込まれてしまうのは、大竹しのぶや光石研の安定した演技や、石田卓也の素直な演技によるものだろう。
富山弁もいい。
大竹しのぶは、女を武器に男を騙すような悪女役より、こういう肝っ玉母さんの方がいいと思う。



 僕は、思った。

 自分の死を前に、元嫁の名前を、呼ぶのは、すこしはばかれる。


 きっと、『おかあちゃん』か。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.5
これは拾い物でよかった。最後涙を誘うクライマックスがなんとも言えなかった。主演の石田卓也俺が中学校高校の時に人気っていうかよくドラマや映画に出てたけど、最近全然見かけなくなっちゃったなぁ。Prime Videoで配信されていたのでなんとなく鑑賞してみた。田舎町に住む青年2人が東京に行って、ホストクラブで仕事する+他のエピソードが満載の作品だった。石田卓也は普通に演技うまいし、ボケてる感じがまた笑いをとってて面白いのよね。もっと映画に出てもらいたいわ。相変わらず大竹しのぶは面白い演技をする。あのオープニングの洗濯の大変さを母ちゃんが息子に言って、クライマックス息子が〇〇に話すのがたまらなかった。
AiR8

AiR8の感想・評価

2.5
大竹しのぶの演技安定で「間」が最高。
めちゃくちゃ観やすい。

息子・娘のファッションやビジュアルに時代を感じた笑
miki

mikiの感想・評価

3.5
どの時代も光石研は脇役ながら大きい印象を残していきますね…
お母さんの「ご飯ちゃんと食べとるけ?」は堪える 母と子の絆的なそういうの、あんまり綺麗に物語化されると真っ直ぐ食らって涙出るからやめて〜…(良い)
あと尾上さんが格好良い…です…
富山県高岡市が舞台の映画ってことで観てみたら、富山弁が飛び交いまくっていた。

ただ東京でのホストシーンの方が多いかも。

急展開な場面が多く、感情がついていけなかった。

エンディングのワンドラフトのフルサトは懐かしすぎる…
>|

あなたにおすすめの記事