麦子さんとの作品情報・感想・評価

「麦子さんと」に投稿された感想・評価

miho

mihoの感想・評価

3.3
堀北真希が美しく尊すぎることを再確認できる映画です。バイトの同僚と声優の真似事してる時は最高でした。ストーリー的には、親を大切にしようかなと思った。それにしても無愛想でアニメばっかり見てて服装ださいのに何故こんなにもかわいいのか…
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
全く期待もせず見始めたものの、これがなかなかの当たり。突然いなくなった母親を乞う気持ち、突然帰ってきた母を憎む気持ち、突然死んでしまった母への行き場のない様々な気持ちと言う、感情がいろいろゴチャゴチャしてるのを、堀北真希も松田龍平も驚くほどアッサリ演じていて、でもそこがすごくいい。逆にこちらの胸が痛い。脇を固める俳優は一人残らず適材適所。反抗期がそんなに無かったり親との関係がずっと良好だった人は見てもピンとこない映画かもしれないけれど、それもまた映画の良さと言うことで。
K

Kの感想・評価

3.9
幼い頃離婚し、しばらく会っていなかった母親が突然目の前に現れ、しばらく気にしたことのなかった母親という存在について考えさせられる麦子の姿を描く。

親のありがたみは失ってようやく気付けるのかもしれない。そういえば、親のことよく知らないなーと気付かされた。親はどんな人生を送ってきたのだろう。感謝の気持ちをちゃんと伝えられているだろうか。

母親が嫌いだけど嫌いになれない、そんな麦子の複雑な心情を通して、意外と考えさせられることが多かった。
YukiShirai

YukiShiraiの感想・評価

1.0
終始シケた仏頂面で態度の悪い堀北真希。
可愛いお顔が台無しです。

他出てくるのも『っせーなババア、だーってカネ出せよ』みたいな不愉快なセリフや母親突き飛ばしたりタコ焼き振り払ったり、亡くなった時もクズ丸出しのやりとりのオンパード。
最後の改心やホッコリに繋げたいのは分かっていても観てるのが不愉快で苦痛で仕方なかった。

余貴美子さん好きな俳優さんだけど、堀北真希の若い頃ってんだったら風吹ジュンかなって思った。顔的にね。
でも演技は好き!
星1つは余さんへのみデス!
母を許し受け入れて 、前へ進むお話。
でもそうでなくてもお母さんは全部わかってるし、麦子がいてくれて幸せだったと思う。 堀北 真希の笑顔がかわいかった。
jg

jgの感想・評価

3.0
鑑賞中はつまらんなあと思ってたけど
観終わった後、じんわり良い映画だったのかなあ。。という。

壊したの直した目覚まし時計のラストショットはズルい
watarihiro

watarihiroの感想・評価

2.8
兄と二人暮らししている声優を目指す麦子。そんな時に生き別れとなった母が登場。そんな母を煙たがる兄妹。しばらく一緒に暮らしたが急に母が死んだ。納骨のため、母の故郷に行く麦子だが母の人生を知る事になる、、、。

思った以上に重たい話でした。麦子は母の事を覚えておらず、母が急に現れてもそんな良い思いはしない。兄は彼女と同棲を理由に出て行く。母親とうまく行く事なく死別。

故郷に納骨して、いろんな人に出会うが親の金を平気で使いまくる痛い息子の登場。何かしらと心臓にズキズキ来る描写はありました。

本作を鑑賞したら何かしら感じるものはあると思います。親の人生の知らなかった部分を知る大切さを感じました。

堀北真希可愛かった、、、。
温水洋一は免停でしょ(笑)

「犬猿」を見たついでに、こちらも見てみました。展開はベタだし、セリフで全部説明しちゃうし、「ヒメアノール」や「犬猿」みたいな皮肉も効いてないし、ここ泣き所ですよー、みたいなシーンもあって、あまりのれませんでした。
『親孝行 したい時には 親は無し』

心を開くコト。
素直になるコト。

それは簡単なようで 難しい。


子から親、親から子、
近ければ近いほど 照れくさい。

最高の親孝行って 何だろか?
KURO

KUROの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

二度目の視聴
やっぱり最後で泣いちゃう

お母さんと過ごす場面と故郷に行く場面のバランスがよく ストーリーの緩急も良かった
そのため 段々引き込まれていきますね

麦子の本心は自ら言っていたのでやっぱりそうだよねとなるのですが
最後に自転車に乗った親子がぐっとくる
お母さんが麦ちゃん って言っているので この作品全体をリアルな物からフィクションに変え あーそうだったんだー 的なニュアンスを醸し出した気がします
すっかり忘れていたお母さんとの思い出が お母さん自身の思い出に触れたことで 思い出すことができ 来る前と違い 優しい表情を見せる麦子が印象的でした
>|