麦子さんとの作品情報・感想・評価

「麦子さんと」に投稿された感想・評価

YUKI

YUKIの感想・評価

3.0
吉田恵輔監督強化期間です。
声優を目指すやたらノルディックな堀北真希が死別した母親の故郷に行き足跡を追う。
登場人物全員ちょっとずつダメな人間だけど、アウトな人はいない。現実も実際は結構みんなダメな所あるよねっていう匙加減が本当に上手い。母親の痛々しい笑顔、兄の彼女の車、ミチルさんのBL好き、ぬっくん等"笑うに笑えない場面"が面白い。
あと、吉田恵輔監督パチンコ屋好き過ぎだろう。
QHEY

QHEYの感想・評価

3.2
一緒に暮らした母親でさえババアと罵声を浴びせがちなのに自分を捨てたババアともなると想像を絶するクソババアなのでしょう…そう思っていたはずなのに、彼女の過去に触れることで徐々にお母さんと認識していく美女田舎滞在セラピーもの。
監督のいつもの吉田節は、鳴りを潜めている。
吉田監督も堀北真希さんの殻を破ろうとして破れなかった感じ。
美人で演技もそこそこうまいんだけど、何かが足りない。
顔が整いすぎているから、脇役にはなれないし、清純派のイメージがついて回って、作品選びも苦慮されてそう。
引退せずにこのまま女優を続けていたら、吉永小百合さん路線だったかも。
(別に吉永小百合さんの批判ではありません)
堀北真希ひさびさにみたけど、顔整いすぎててこわいくらいやな。こんな人がアニメイトの店員さんやってたら、まじでびびる。
話はテンポよいしシンプルな分、とくに引っ掛かりもなくするすると進んでいく感じやった。
鳩山

鳩山の感想・評価

3.5
親との距離感って難しいよねえ。優しくできるのも些細なことでイラッとくるのも親だから、っていう理由から来ると思う。親だからっていう理由が良くも悪くも働く方面が広すぎる、お母さん大好きだけどきらいなところもある。優しくできないときもあるけど後悔もする。難しいなぁ🥺
正直この映画の母娘の愛ってよくわからなかったけど親子の愛なんて他人から見て分かるものの方が少ないんじゃないか?だからそれでいいや
とにかく何がアレかって堀北真希様が美しすぎるんだよな…久しぶりに見たけどマジでかわいい。堀北真希見ると鼻筋が神の造形物だなって感動するね。わかるよ。
言わずもがな松田龍平は最高です。
hyk0722

hyk0722の感想・評価

3.0
親の心子知らず

急に素直になるのは難しいですよね
で、後悔

こうしておけば良かった
ああしておけば良かった

色々あると思います。


後悔のない行動が
常に出来ればいいんですけどね


難しい
k

kの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

さんかく や ヒメアノ〜ルを期待してみたら破壊力不足は否めなかったが普通にええ映画。
余さんはだいたいええ人の役、今回も大分ええ人。
堀北真希がとにかく綺麗にとられてる映画。
松田聖子の歌の懐かしさで泣きそうになる。
jtea

jteaの感想・評価

-
泣けましたよ。
バッグの中からごそごそとハンカチを出して涙をふきました。
赤いスィートピーの曲がこんなにも温かく感じたのは
麦子さんがあの人のことを母と感じることができたからかなぁ。


2019年177本目
ひょんなことから覚えてもいなかった母親と暮らすことになった娘と母のお話。
久々に堀北真希見たな~
亡くなってから気づく愛は良いものがありました。
はけ

はけの感想・評価

3.6
一つ前の作品が好きだったので、同じ監督の物を。
過去に自分と兄を捨てた母親が、突然戻って来て少し生活を共にした後急死、納骨のために訪れた母の故郷で、母の事を知っていく、みたいな話。

身内の死をめぐるエピソードということで、話を持っていきたいところは大体わかってるんですが、この作品は流れや感情の持って行き方が自然で、安易さを感じることなく感情移入できました。
一番エモいのはジャケのコピーかも、ってくらい平熱のテンションなのが好み。
この作品において、一番大事とも言えるセリフをこの人が言うのかーとか、出どころの見えないフォームの投球って感じで良かったです。
>|