麦子さんとの作品情報・感想・評価・動画配信

「麦子さんと」に投稿された感想・評価

ばばあ!って言ってたな松田龍平。吉田恵輔作品にしては、あんまり覚えてない。
ながの

ながのの感想・評価

3.5
ザ・邦画って感じの空気感。
嫌いじゃない。
少し中盤ダレたけど、暇潰しにはちょうどいい長さって感じ。

松田龍平の演技ってなんか癖になるから、もう少し出番増やして欲しかったなぁ。

エッチなシーンなし。
snicky

snickyの感想・評価

-
嫌だったな〜〜〜
若い女として生きていると経験する嫌なことの詰め合わせって感じでかなり嫌だった(主題は全然そこじゃないが)
がべ

がべの感想・評価

3.6
いい意味の堀北真希アイドル映画。
母の故郷を訪れ、
突然現れ、突然亡くなった母への今までの気持ちを、よくしてくれるおばさんに酔っ払って八つ当たりしてしまう場面。母に素直になれなかった過去の自分を、生意気な青年に重ね合わせ、平手打ちで怒る場面。それぞれが相反しているのに結局嫌いなはずの母に対する想いで、吉田恵輔監督の粋な計らいだと感じた。
堀北真希を存分に可愛く撮った映画。
吉田恵輔監督作品ということで観たが、
おい毒っ気薄いぞ。

親子の絆を描いたハートフルムービーとして、よく撮れている。田舎の景色も良くて、いい話だなと思える映画。
吉田恵輔といえば、日常のすぐ裏に潜む狂気のシーンが特徴的だが、今作は薄めというかブラックコメディ的なシーンになっている。冒頭の警官事故とか、押入れのあるアイテムとか、そこは吉田恵輔成分だと思う。

小道具の使い方は良かったが、そこまで感情を乗せているというまでもなかった。
あと、主人公の麦子の心情がわかりにくいので、クライマックスの感情盛り上がりはイマイチな上に、説明ゼリフをベラベラ喋るのだから、それまでよかっただけに残念すぎる。

赤いスイートピーの使い方も、結局物語の重要な要素に見せかけてそうじゃなかったただの主題歌だったのでもうちょい意味を見出して欲しかった。

良い部分はすっごくわかるのに、やはりどこか盛り上がりに欠けてしまった。
サブ女

サブ女の感想・評価

4.5
こんなに堀北真希が可愛い映画だと思わなかった。話の筋はベタだからこそ、この作品はちゃんとテーマを語りかけてくるところが好きだな… 親を突き飛ばすシーンは何度見てもウッとくる…
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.3
2020年 155本目の作品
ありきたりなんだけど、ホッコリとしました。温水さん、本当にええなぁ。気さくなオッちゃん上手いわ。なんかモヤモヤとした空気が常に漂ってるんだけど、それでもなんとかシーンを紡ぎながら、物語を突き進む、そんな作品でした。母親って本当にうざくて邪魔臭いけど、なんか目の敵にできない存在なんだよね。
ツンツンした兄妹のなかにたまに生まれるデレがギャップ萌え。
松田龍平はクズ役がよく似合うと思う。
見た目もなぜか世間ではイケメン扱い?のようになっているが、全然イケメンじゃないし人殺しの目だろって常に思ってます。

幼い頃に離れ離れになった母親と再開したものの、早々に母親は亡くなってしまい、そこからは母親の過去を辿るような展開に。

親のありがたみは亡くなってから改めて気が付くんだよ、亡くなってから親孝行はできないからね。
た

たの感想・評価

-
邦画のいいところが詰まっています

それにしても堀北真希さん可愛いですね
マシンボーイってばU-NEXTで気になる作品を片っ端からマイリスト入れているんやけどさ、さぁ何観よう?つってマイリスト見ても今日はそういう気分や無いんよぉ…つって全部スルーして、結局リストに入れてもいない大して興味も無い作品観ちゃうのなんなんやろな?……マシンボーイだけ?

私たちを捨てたハズのオカンが帰ってきたぞ…今さらなんなん!って話

そうな、これもなマイリストを完全スルーしたうえで、好きなキャストとかで片っ端から検索かけた挙句、龍平さん出てっからコレにしよ〜、つって選んだんやが…
そもそもマシンボーイってば吉田恵輔監督の作品は全く好みじゃ無いし、「銀の匙」は唯一、吉田監督の映画ん中でもドSな(?)岸井さんがアナルフィストするシーンに!ぐぅ…マシンボーイも岸井さんにバックからメタメタにされてえゎ!つってキュンしたもんやが、本作のヒロインは堀北真希やから、マシンボーイのたったひとつしかないアナルを堀北真希に捧げる気は一切無いし、いやいや河童みたくアナル3つあっても堀北真希はパスやわ!なったんよ
だからな、ぐぅ…前半は出番多かったけど途中から全く出てこなくなる龍平さんだけでは補いきれない退屈映画やったわぁ!スンスン

そもそも全く内容知らずに観たマシンボーイなんやが、コテコテなお涙頂戴展開には涙どころか汗ひとつ流れない始末でして
好きな作品無いとはいえ、「ヒメアノ〜ル」ではかわゆいワンコロと佐津川さんにヨダレぽたぽたして、「愛しのアイリーン」の青葉さんのお漏らしSEXや「銀の匙」の岸井さん渾身のアナルフィストにはちんこの搾り汁にパンツ濡らしたマシンボーイやからな
涙や我慢汁どころか体液ひとつ滲みでないとか…とんだ凡作掴まされたもんやで!そもそもU-NEXTの本作のページの写真が…龍平さん可愛すぎるんが悪い!つって龍平さんにぷんすか!しちゃったよなぁ!
龍平さん…あたってゴメンね?ぺろぺろ

あ、あまり書くことも浮かばない退屈な作品やったが、ひとつだけ言わせてもらうけどな、反抗期とかあまり無く育ったマシンボーイやけども、もしも大切な漫画ゴッソリ親に捨てられていたらまぢ怒髪天なるんは間違いないわ
にも関わらず!本作のオタクの堀北真希からは、仲悪い母親に漫画(しかもサイン本)を捨てられても、一応上辺では怒っているが全く怒りの感情が感じられず…、お前はホントに漫画を愛しているのか?って疑問しか無かったわ
まぁな、マシンボーイも隠していたエロ本捨てられていた時はさすがに、ぐぅぅぅぅ、って怒りを体内に押し留めて熟成、夜晩酌後に野球中継観ながら居眠りする母親の鼻先で怒りを屁に変えてぶぅっ!っと放出するくらいしか怒りをどうぶつけたら良いかわからんかったけどなぁ…、はぁ…あん時のデラべっぴん帰ってこんもんかねぇ、しみじみ

なんか最近お上品なレビューばかり書いていた気がするんやが、久しぶりにちんことかアナルとかデラべっぴんとか書いてキュンキュンしているんやが!はぁ〜うんこうんこ!ゲラゲラ
>|