東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの作品情報・感想・評価

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.5

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

3.9
自分の母親と重ねて見てしまった!というのも、もう何年後かには起こりうることだと感じました。何にも親孝行出来てないな~😢
頑張らないと‼

オダギリジョーさん、渋いな…カッコいいし!表情があまり変わらなくても、伝わってくるんだよな。

樹木希林さん、やっぱり半端ないって😱平気で難しいお芝居をやられているように感じるんですよー。演技しているようには見えない‼苦しんでいる姿とか、凄かった!今回も見事にひき込まれました。

物語はリリー・フランキーさんが原作のもので、恐らくテーマは「家族」なんじゃないかなと。東京タワーが日本の中心のようにそびえ立つ中、この街で暮らす青年。そしてこの大都会で、家族と共に必死で生きていくものです。

時々、オトン
本当に時々でした。父親って人前ではなかなか感情をあらわにしないんですね。カッコいいけど、何だか切ない。
johnny

johnnyの感想・評価

3.7
やっぱ希林さん凄い
つま先から足の裏まで苦しんでた…

九州弁が心地よかった
REIAk

REIAkの感想・評価

4.0
ほんとにほんとに素敵なお母さまで、優しい気持ちになれたしなんだか切なくて涙が出てくるお話だった。
ファンキーなお母様の元、彼は健やかにファンキーに育ったのだなぁ。

オトンのこといくつになっても好きだったんだなぁ。オトンの前でもじもじするオカンが可愛くてかわいくて。
紆余曲折あっても好き合ってる夫婦だったのだなぁ... 息子にも旦那にも愛情深くてなんか泣けちゃったよ。
最後は悲しくて愛しくて泣いて泣いて涙で画面が滲んで見えた。

親を大切にしようと思ったし、親が元気に健康でいてくれることはありがたいな。

このレビューはネタバレを含みます

樹木希林さんてすごいなぁの一言。
若い頃は本当の娘さんが演じてたのか!そりゃ、似てるわ。

いい話だったけど、ん〜家族って難しいな。
共感はしないかなぁ、するかなぁ。
ん〜〜。

なんかぼくとオカンの間には誰も入れない何かがあって、それは愛情?依存?なのかわからないけど。
娘と母とは違う何かがある気がする。

松たか子の気持ちを思うとなんだかな〜〜って思ってしまう妙齢w
つらいよね彼女も。そりゃ別れるよw

リリーフランキーの実話だけど樹木希林さんの実話みたいでした。
aratassk

aratasskの感想・評価

4.0
小林薫さんが一人で20年位の役を演じられてすごいと思った。髪形替えたら全然不自然じゃない。病床のオカンがオトンが見舞いに来る日に化粧して指輪をつけて待っているのが可愛くて、樹木希林さんのプライベートも想像してしまいました。
茜

茜の感想・評価

4.0
これは泣くやつだなァ
最近、自分が母物にかなり弱いことに気づいた
豪

豪の感想・評価

4.0
母がいるうちに観た方が少しでも後悔がなくせそうな作品です。樹木希林よ永遠に…
ゆ

ゆの感想・評価

3.0
うーん、あんまり…。
期待値が高すぎた?
10年前の樹木希林が見れてよかった。
内田也哉子も。
樹木希林はやっぱ凄い。
いつも子の幸せを願う母の気持ち‥ちょっと頼りなげでだめっぽくて母想いの息子~オダギリ・ジョーがぴったりだけど若ければリリー・フランキーでもぴったりだなぁとだぶって見えたが、原作はリリー・フランキーで彼の実体験だったんですね‥(忘れて見ていました‥)樹木希林さんが癌で亡くなられた後でこの母を見るのは辛い‥若い時を娘さんが演じているのも当たり前だけどそっくりで配役がぴったりの作品に感じました♪毎週ラジオを聞く場面は涙‥御冥福をお祈り致します。
リリー・フランキーの自伝的小説の映画化。田舎から東京に出てきた母子愛の話で出来は普通。作品そのものより興業としての力が高いと思う。

当初知る人ぞ知る、サブカルの軽佻浮薄なイラストレーターからマルチな領域で活躍するようになって知名度が上がったリリー・フランキーがこういうベタな直球の母への人情エッセイを綴ること自体が衝撃、というのが売れたポイントだし、また映画化について、オダジョーがリリー・フランキーを演じる配役の妙や、オカン役の樹木希林、その若い頃を樹木希林の娘が演るというキャスティングについても、話題性に富んでいた。

もっとも最近のリリー・フランキーは言うまでもなく俳優として活躍がめざましく、いい人の役も(一見いい人そうなサイコパスの役も)たくさん演じているので、本作を今見てもそれほど意外性が無いというか、そもそも今さっきまで彼がイラストレーターだったことを忘れていたし……。

作品の感想。うーん、そうだなぁ……オカンが亡くなったその日に、死体の傍で面白可笑しいエッセイ漫画を描いている様子を見て、仕事とはいえ、お笑い関係の人は大変だなぁと思った。そんな彼をオカンは誇りに思っていたみたいだけどねぇ。
>|