東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの作品情報・感想・評価

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン2007年製作の映画)

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.5

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に投稿された感想・評価

Fuuu

Fuuuの感想・評価

5.0
オダジョーと樹木希林の演技が光る。
樹木希林はホンマ、凄いです。

自分が大人になるに従って、肉親は歳を取ってるんやなって、改めて考えさせられました。

「親孝行って何やろうか?」

自分の親が生きている間に、自分は何がしてあげられるやろうか??

「いつかは来る肉親の最期」

ちゃんと考えんとな。
家庭のバランスや、父母との距離感に、主人公と似た部分があるせいか、とても惹かれました
ただ、髪を切っているお母さんの写真、息子にはどう映ったのか、作中に少しでいいから出して欲しかったです
しんじ

しんじの感想・評価

3.5
公開当時、原作も読んで映画館で見たなぁ。
舞台になった筑豊の隣町で育って、東京に住んでる僕としては、どうしても重ねちゃいますね。(オカン生きてるけどw)

こんな方言使うかなぁって所々思った所もあったけど、いい映画でした。
gKawai

gKawaiの感想・評価

-
民放でやってた。
昭和な雰囲気がとても良かった。
おかん、おばあちゃんのこと思った。
takanabe

takanabeの感想・評価

2.8
二回観た。

リリーフランキーがオダギリジョーなのは何度考えても笑えるけど、樹木希林の若い頃を内田也哉子にやらせるアイディアはいい。

自分も美大出で、癌で闘病中の母がいるので、未来日記を読まされてる気分もあった。

家族の物語は、歳を重ねるほど染み入る感ある。
娘と樹木希林似すぎで、こんなに過去シーンに入り込めたことないわ今まで。親子とはいえスンゲー似てるんだもん
NaoTani

NaoTaniの感想・評価

4.0
自分の母も癌で亡くしたから同じような道を進んでて
子はどれだけ返せてないんやろうって思うんやけど、ウチのママも返してもらったって思ってくれてるやろうか。
私が何をしてあげれたやろうか。
頑張れ、と母に変わって言ってもらえたようで、じんわりとしみて温かくなる映画でした。ありがとう。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
人の人生の
始まりから終わりを描く
映画を観ると
今の自分は
自分の人生の
どのあたりを生きているのかと
ふと思う。
朝から観るものではなかったと少し後悔。
まだまだ先の事だろうと思ってはいるが、いつか必ず訪れる未来。
自分はどういう風にその時を迎えるのだろうか。。
と考えてしまう、そんな作品だったな。
Lily

Lilyの感想・評価

3.7
オカンと僕と時々オトンねぇ〜
見終わって
うーん 題名どぉー〜り。

リリーフランキーの自伝であり
日本アカデミー賞を受賞した作品だが
審査員による不正な操作が
あったのではないかと言われ
出演者の樹木希林も受賞には納得して
いないと語った作品だったので
興味があり希林さんが亡くなって
改めて見てみようと思い鑑賞

主題歌に注目
「東京にもあったんだ」
>|