東京タワー オカンとボクと、時々、オトンの作品情報・感想・評価・動画配信

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン2007年製作の映画)

上映日:2007年04月14日

製作国:

上映時間:142分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

大人になって見てよかった…
これは誰かと一緒には見られない しんどい

最後の主題歌がたたみかけてきてますますジーンとした。
当時小4の私にはある映画の一つのCMとしか思ってなかったのに

お母さん大切にしよう、本当に親孝行ちゃんとしよう
自分と重ねて見てしまうシーンや設定が多々あってオカンのしんどそうな場面はこちらもしんどくなった
この映画通して内田也哉子とオダギリジョーを好きなった
原作を読んでからだとどうしても物語が薄く感じる。父ちゃんの破天荒さも母ちゃんの苦労もボクのどうしようもなさも、もっと表現できないとこの作品の良さは伝わらない。
ま

まの感想・評価

-
樹木希林さんって、どうして、こんなに“生きる”ことが出来るんだろう。

何もしていない時がなくて、全部にちゃんと意味がある。

でも、気を張っているように見えないのもすごい。
千里

千里の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

前から気になってたのでAmazonPrime特典にて観賞。良い映画だったと思う。でも思ってたよりは響かなかったかも。描く年数が多いせいかちょいちょいすぐ1年経ってたりする部分が多く、映画よりドラマの方が向いてる気がした。淡々と母子の人生を観ていくだけなのだけど、私の家も母子家庭なので共感出来る部分は多かった。皆から好かれる自分の母親って素敵な存在だなって思う。抗がん剤治療の件は樹木希林さんの演技力も相まってめちゃくちゃ辛かった…。でも上述した描写の仕方が影響したのか、結構涙腺にくるかと思いきや意外とそこまで泣けず。うるっとはきたけど。親孝行は出来るうちにしておきたい。
miki

mikiの感想・評価

5.0
田舎から上京してお父さんとお母さんを思って1人暮らしてく同じ境遇、後半涙止まらなかった、オダギリジョー、あんたかっこいいよ、、お母さんの無償の愛が優しくて優しくて、オダギリジョーがもうこれ以上生きられないかもとなってから、手を引いて信号を渡るシーン、私のお母さんとお父さんを思い出した、泣きすぎて嗚咽、上京してる今見れて親の愛をさらに感じるし、きっと自分が親になった時に見ても子どもを想って泣いてしまうだろうな
この作品は自分の人生に繋がって来る場面が多い。なんかジワジワと染み込んで来る映画だ。樹木希林、小林薫とオダギリジョーの親子が上手い。このキャストとリリーフランキーの原作がキレイに融合して作品を構成している。心にジンワリとくる映画だ。
最後までみんなに囲まれて死ぬのは幸せやと思う
にこにこ家族増やそう

せっかく生きてるのだから面白く生きたい
最後は思い切って、えいっと死にたい!
親孝行しっかりしていきたい
価値観は違うくても大切!だいすき!って思える家族がはじめからいて幸せや
あとは価値観同じ家族をどんどん作っていこう
ゆち

ゆちの感想・評価

4.0
オカンって呼びたくなるし、会いたくなる
そしてタバコが美味そう
River

Riverの感想・評価

3.9
個人的にレトロ感のある情景描写が魅力的でした。普段洋画を見ることが多いですが、やはり邦画の見慣れた風景を通じて感情移入もしやすくなり、結構泣きました。ゆったりした良い映画だと思います。あとオダギリジョーがバカかっこいいです。
また 破壊されるから 
出来るだけ執着しないようにしてる
それでも匂いと共に記憶してる
遺伝子に刻み込まれてく
この胸に大切な場所がある

ミスチルの東京をまた聴きました。
>|