カノンの作品情報・感想・評価・動画配信

「カノン」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

アルコール依存症は治っても一滴飲むと歯止めが効かなくなるという。料理の中、お菓子の中のリキュールもダメ。

アル中を克服しつつある途中の328日目(1年頑張ったら子供に会えるという条件だった)に子供たちが一瞬姿を見せた時の母(鈴木保奈美)の「待って 」という声は魂の叫びだった。

最後の結婚式のサプライズ、認知症の母の無表情の中に、途中で気づき薄らいだ記憶の中で微かに覚えているあの日の記憶と結びつけステージの3人の娘を見て立ち上がり、遠い記憶を手繰り寄せながら思い起こされる娘たちとの時がよみがえった喜びを、失われつつあった表情の中に点す母(鈴木保奈美)の表情はとても素晴らしかった!

非常に心に訴えかける素晴らしい作品。
渡邊

渡邊の感想・評価

-


泣かないで観るなんでできない🥺

子供たちの気持ちもわかるし、お母さんの気持ちもわかるというか、全員報われて欲しいと思った

お母さん役の女優さんの演技が凄く上手くて、
お酒飲んで荒れている時、普通の優しいとき、認知症になってしまった後と全然違う

なんだろう、皆さんの演技がダイレクトに伝わってくる感覚がありました
伝えたいことが役者さんと撮る側とで明確だったような気がした

いろんなお母さん像が出てきて
より悲しくなったし、優しさが染みたというか
ちょっとやりすぎ?って思うくらいの演技がちょうど良く思えた、皆さんの熱量が全体的に高かったからかなと思う
メガネ

メガネの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映像が2時間ドラマみたいだったのと、セリフがこなれていないのが気になった。お話は普通にいい話だったが映画じゃなくてもいいかなとなった。
娘たちの存在が生きる支えであると同時にプレッシャーになっていた母親に対して、お婆ちゃんが「殺してやる」と言ったシーンがとてもよかった。
酒呑みのクズ母ちゃんの話だったらやだなぁと思っていたら…
ラスト感動させて頂きました😭
カノンの意味が素敵だった☺️
豪華なキャストだなぁと思って観ました。
鈴木保奈美さんが綺麗綺麗ではない役にスッとはまっていて最後までひきつけられました。
私にはいい映画でした。
まさ

まさの感想・評価

3.0
久々の女優復帰鈴木保奈美が良かった
歳とって親も亡くしていくと兄弟の関係性も変わってくる
丁度ささった
あかん。涙出る気持ちになる。
ピアノと発表会で弟のこと思い出す。 

1回だけだけど、弟が8歳くらいの時かな、ピアノの発表会でパリパリの白いシャツに赤い蝶ネクタイ、サスペンダーと黒い半ズボン、白いハイソックス、ピカピカの先が丸っこい黒い革靴(あんな綺麗な服、家にあったっけ?と思った)でグランドピアノが置かれた舞台に左の方からヒョコヒョコ出てきて、ピアノの前で誰かに教えられたんだろうなって感じのお礼をして、ヒョコヒョコとピアノの前のイスに座って、辿々しく弾いて、ヒョコヒョコとピアノの前でまたお礼をする姿を思い出した。 
今は薬中とアル中で精神科の病棟で社会復帰目指してる(?)36歳。 
あいつが富山ダルクに入ってる頃に僕はいろいろな面で家族との関係断ちたくて県外に引っ越したんだな。 
10年経って、母親とは連絡取るようになったけど、弟は相変わらずだった。 
依存症は本人を責めてもなんの解決にもならない。救えるのは近くにいる人だけだと思う。 

あいつがこうなったのは、高校の頃、僕が朝起こしたり、お弁当をあいつの分まで作らなかったのもあると思う。 
高1と高3は結構違う。

大抵の映画を酔っ払って見てるからその時は弟を救いたいと思うけれど、素面に戻った時にはめんどくせってなっちゃう。いろいろな映画で弟を思い出す。
僕はクソだな。なので早めに死すりたい。 
こんなふうな感情がめんどい。 
あるいは常に酔っ払ってれば救えるのかもな。
knmnis

knmnisの感想・評価

-
鈴木保奈美さんの演技が素晴らしかったです;;
3姉妹の愛がとても素敵〜🎶
 東京、金沢、富山それぞれに暮らしていた3姉妹のヒューマンドラマ!地元が舞台なので鑑賞!

 母と娘の重く切なく悲しい物語でした!
富山の方言や、地元の風習みたいなものがなかったのが残念!
 

 人間って、ほんと弱いよ。

 弱くっても、三人ならね。

 それは、共鳴し、伝える。
>|

あなたにおすすめの記事