遊星よりの物体Xの作品情報・感想・評価

「遊星よりの物体X」に投稿された感想・評価

horahuki

horahukiの感想・評価

4.2
北極にやってきたスーパーニンジン星人(別名血を吸うニンジン)からの襲撃にキャベツたちが灯油使って立ち向かうSFホラー。

あの大傑作『遊星からの物体X』のオリジナルで、SFにホラー要素を加えた最初の映画と言われています。そんでエイリアンの侵略を描いたのもこれが最初。『ザ・フライ』なんかもそうですが、オリジナルよりリメイクの方が人気って珍しいですね。でも本作もリメイクに負けず劣らずな傑作でした!

あらすじ…
謎の円盤が北極に着陸。調査隊は氷漬けになった円盤を見つけるがうっかり爆破して粉々にしてしまう。その側で氷漬けの宇宙人を見つけたので基地に連れ帰るも宇宙人は犬数匹をぶっ殺し逃げ出す。そこから宇宙人による人間の殺戮が始まり…という話。

50年代SFの演劇風なわざとらしさとか、堂々とハッタリかまし続ける雰囲気が大好き!本作は特に登場人物たちの間の抜けたコメディ感が強くて、危機的状況にもかかわらずなぜか明るいキャラクターたちが醸し出す独特な空気感が好み。

本作は侵略系エイリアンの恐怖を描く作品でありながら、わりかしそういったところはどうでも良くて、目の前に圧倒的な名声だったり人類の驚異的発展だったりを得られるチャンスが転がってる状況で、人命を省みずにそれに飛びつこうとする人間の汚さと、それとは逆に名声や発展、そして自身の社会的地位よりも目の前の人命を優先する考え方の対立から浮かび上がる、人間のエゴによる行きすぎた発展がもたらす恐怖と愚かさを描いている。

本作のエイリアンはそういった名声や発展のチャンスを象徴するものであり、あまり恐怖の対象としては強調されてはいない。とはいえ、もちろんエイリアンによる恐怖演出もしっかりあり、ラストのメッセージを見る限り東西冷戦下でいつ来るかもわからない他国からの攻撃に怯える現実的恐怖をどこかの空から突然降りてくるエイリアンへの恐怖として反映したものなんでしょうね。

そして本作の面白いところはエイリアン侵略映画でありながら吸血鬼映画でもあるところ。本作の吸血鬼はそれまでのゴシック的な恐怖を与える古めかしくてありきたりな吸血鬼からは一線を画している。見た目的にはフランケンシュタインモンスターっぽくて古くささはあるけど、吸血鬼が宇宙からの物体で、なおかつ植物的要素を備えているというのは、原作とは違った設定であり、当時としてはかなり斬新なものだったのではないでしょうか。

そんな感じでカーペンター版とは方向性が全く違う作品ではありますが、当時の社会情勢を反映しつつ、虚構の恐怖を現実的恐怖に落とし込むというSFホラーのお手本的な作品で面白かったです。

このレビューはネタバレを含みます

「遊星からの物体X」のオリジナル作品との事で先にこちらを鑑賞。
科学の進歩を追求する博士と人類の生命を尊重しようとする遠征隊
謎の生命体が増殖していく発想が斬新で恐ろしく
火だるまのシーンも類をみない程、凄まじかった。
今、観てもそう思うんだから
当時鑑賞した人達にとっては凄くインパクトがあったと思う。
dude

dudeの感想・評価

3.7
カーペンター版とは違って物体が植物性吸血エイリアンだが普通に面白い。というか基地の長い廊下やら最初に犬が...という展開やら全くの別物ではないことに驚いた。
製作がハワード・ホークスというのが関係しているのかは知らないが、登場人物たちがテキパキ動きまくって喋り通しなので妙に頼もしい。物体に灯油をぶっかけて燃やす場面がなかなか壮絶。
Catman

Catmanの感想・評価

4.0
オープニングタイトルのビジュアルエフェクトが最高!シビレます。JCのリメイク版で忠実に再現されているのはオリジナルへのオマージュであると同時に、これを超える事は出来ないためだからなのでは。
ついJC版と比較してツマラナイと言われがちな本作ですが、基本プロットは既に完成されているし、1950年と言う年代を考えたら素晴らしいと言えるんじゃないでしょうか。人命を守る事よりも研究を優先させようとする科学者と、得体の知れない怪物を抹殺したい軍人との対立と言うクリーチャー映画の鉄板ドラマをこの時点で描いいるのも見事。何よりこの時代にこうしたキワモノ映画(スミマセン)を大真面目に製作している事に対して、スタッフとキャストへ尊敬の念を抱かずにいられません。
吹雪が吹き込むドアのくだりはヘイトフルエイトをちょっと思い出しました。
最近のド派手なSF映画に見慣れていたのでとても新鮮・・・・なんてことはなくダラダラとした演出、雑な脚本、自主映画並みの特撮、まだまだ未熟な吹替え声優陣などに疲れた。
物体Xは不死身だが見た目ただの危ないオッサンで魅力なし。
ガイガーカウンタ反応してるのに、みんな普通にしてますやん(笑)

先日『地球の静止する日』見直して、やっぱり面白かったので緊急企画"古典SF傑作選"始めます!
と言うわけで次に選んだのはジョン・カーペンター監督のリメイク版が有名な今作。

火星人は植物人間!?って話し。
と言うか、火星人って何の根拠で言ってるんや?(笑)
時速6400キロで飛行する円盤が北極に墜落して、磁場が狂って調査に行くんだけど、基本的にその調査団の行動が描かれてるだけ(笑)
しかも放射能があると言いながら防護服着ないは、氷に埋もれた円盤掘り出すのに爆弾使うは、やる事がかなり雑!(笑)
各人のセリフ多すぎやろ!ってくらいドラマは丹念に描かれてるのにもったいない。
そして今作は原作やカーペーンター版とは違って、火星人(だからその根拠は何処からきた?ww)が植物人間の吸血鬼として描かれてます。
なので隊員に紛れて疑心暗鬼になるっ言うのがありませんでした。
その代わり、科学者が火星人(笑)退治の邪魔をする、ってパターンでした。
もうちょい火星人(笑)が不気味なら、SFホラーとしてなかなかだったと思うので、残念なヴィジュアルでしたが(笑)

今作、途中まで見ては寝てしまい、翌日途中から見ては寝てしまい…のエンドレスに落ち入り、何と4夜連続鑑賞になりました!(笑)
いやー、無事見終えられて良かった良かった(笑)
ジョン・カーペンター監督の名作と言われる『遊星からの物体X』(未見ですが…)の元となったオリジナル版。

北極に落ちた円盤と氷の中に埋まった宇宙人を軍と新聞記者、学者らが保護する話。

今作で凄いのが、放射能反応がありながらも防護服も着ずに近づき平気で爆発させてしまう笑
さらには宇宙人が埋まっている氷の塊を雑に保管したり…。

どちらかと言えば、軍と新聞記者、博士が揉め出すドロドロな人間ドラマなんです。
挙げ句の果てに映画が終わる20分前にやっと宇宙人が暴れ出します。
それまではあまり皆んな危機感がない‼️笑
さらには倒し方も雑、雑。

かなり古いからCGもなく仕方ないんだけど、B級SFとして観れば楽しめます。
この機会に『遊星からの物体X』も観てみようかな…。
さとう

さとうの感想・評価

4.0
2回目。純正ホラーより、ホークス活劇を楽しむノリなら悪くない。物体Xが一回も大写しにならないところが清々しい
シナチQ

シナチQの感想・評価

3.0
リメイク版はこの作品を随分とリメイクしてあるね…こちらは緊迫感なし。
紅二点のうちのメイン女優さんが綺麗。
磔刑

磔刑の感想・評価

1.0
「何も起こらない恐怖」

いやーつまらん!思ってた100倍はつまらん!!カーペンター版のリメイク元じゃなければ現代において何の価値も無い作品だ。
肝心な物体Xは全然出てこないし(出るまでが遅く、登場してからも全く姿を現さない)、無駄に登場人物が多い。しかもそこから一人ずつ物体Xに殺される訳でもないので画面に必要以上に人が居てサスペンスとしての緊張感も皆無だ。一つのシークエンスも長く、会話劇なのだがその内容も大体無駄話で物体Xの代わりに睡魔が頻繁に襲ってくる。個人的には主人公とイチャつくために顔を出す女と「記事にさせてくれ!」としか言わない記者の2名には本当腹が立った。ストーリーラインに必要無い上に必要以上にしゃしゃり出てくるのでストレスマッハだった。

ただ物体Xを焼くシーンの派手さと最後の電撃の演出は割と好き。だが時間の無駄。もっと優先して観るべき映画は山程ある。
>|