プレデターの作品情報・感想・評価・動画配信

プレデター1987年製作の映画)

Predator

上映日:1987年06月28日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「プレデター」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

「プレデター」という単語は知ってたけどシュワちゃん出てること知らなかっ。

ベトナムで宇宙人に遭遇するというだけでも傑作シナリオなんだけど、宇宙人に対してゲリラ戦で勝つ、という結末がアメリカがベトナム戦争をどう思ってたのかの一端を知れる感じがして面白い、
ベン

ベンの感想・評価

3.4
2、3を観てないので観る前に再視聴!
当時はプレデターと共にジョーズ、アリゲーター、エイリアンの恐怖感が半端なかった。
光学迷彩、サーモグラヒィーは当時、画期的だったんだろうけど、子供時分にサーモグラヒィーなんて知識なかったから理解出来んかった(笑)
シュワちゃんの若かりし頃の作品。
アマゾン?のジャングルでシュワちゃん率いる救助隊がプレデターと闘います。

【感想】
一回観たことあったけどうる覚えだったので見てみた。
モンスターや怪物と闘うというシンプルな映画なので何も考えず気楽にみれます。
シュワちゃんの上腕二頭筋がすごい。
無難な作品ですね!
K

Kの感想・評価

3.5
久しぶりの鑑賞でも退屈せずに最後まで楽しめた。

ポロシャツよりも泥だらけの方が格好良く見える、完全に仕上がったシュワちゃんを観られる。
ジョン•マクティアナン受刑者の監督作品。

おシュワ主演のSFって事で楽しみにしてた作品。
当時何時も一緒に映画観に行ってたS本くんと行きました。

レスキュー部隊vsプレデターって話し。
リドリー•スコット監督がモンスターとしてのエイリアンを描いたのとは違い、マクティアナン受刑者はハンターとしてのエイリアンを登場させたのが当時は凄く斬新に思いました。
古い映画だからプレデターが出て来るまでに結構時間があるんですが、人質救出、ゲリラの基地急襲のミリタリーアクションと、プレデターとの闘いのSFアクションの2部構成にしてるので飽きさせません。
いやむしろずっと緊張感が続いてる感じ。
プレデターと言えば景色と同化する光学迷彩、醜悪な顔、そして熱感知の視覚ですが、普通に肉眼で見る方が視覚情報としては多いけど、ジャングルの中でなら確かに熱情報で見分ける方が合理的かも。
でもそれを逆手に取られて反撃されるんだけど。
この映画の上手いところはレスキュー部隊の隊員たちが個性的だけど、それを紹介文の文字情報で伝えるのではなく、性格を表すような行動を数回さす事で自然と見てる人に伝えてるところ。
文字で説明文出すと覚えようとして、人数多いと結局覚えられないですからw
しかしプレデターってあの口でどうやって食料を咀嚼するんでしょうね?w
後指もめちゃくちゃ不器用そうな形してましたよね?
あんな手では武器とか開発するのも無理そうなんやけどw

さて去年はコロナで映画館が休業して映画が観れない時期もあったし、観たい映画は出来るだけ観るようにしてたんですが、今年はちょっと観る本数減らしてます。
お金も無いしwww
って事でポイントで観れるのは除いて週3〜4本にしてるんですが、観たい映画はいっぱいあるし、選ぶの大変です。




*********鑑賞記録*********
鑑賞日:1987年
鑑賞回:ー
劇場名:ー
座席情報:自由席
上映方式:2D 字幕
レーティング:G
上映時間:107分
備考:過去鑑賞記録
**********************

NEXT▶︎▶︎▶︎『AVA エヴァ』
ぷに

ぷにの感想・評価

3.5
豪快な爆発シーンは大昔の仮面ライダーを彷彿とさせますね。
プレデターが人間の言葉少し覚えようとしてる?のとか色々面白い。
lag

lagの感想・評価

3.7
中米のジャングルに殺し屋ではなく救助隊として向かう屈強な男たち。皮剥がれて吊るされた仲間を見てお礼参りだとミニガンを取り出す。敵拠点は擲弾を奮発して爆破粉砕する。ひとまず回収地点を目指す。

熱源探知と光学迷彩に緑色の血を流す頭蓋骨収集の狩人。鉤爪とプラズマ砲。腹と腕に穴が開く。銃が効かないなら服を脱いで泥を塗って身を隠す。滝から落ちて装備もないならそこら辺の木で罠を作る。準備万端の雄叫び。力を認めたら武装解除して殴り合い高笑いして自爆。話が通じそうな奴。
クロキ

クロキの感想・評価

4.2
コマンド部隊初登場のシーンが印象的だ。屈強な筋肉モリモリのマッチョマンたちと、葉巻をくわえ冷静に状況を分析するアーノルド・シュワルツェネッガー演じるダッチ。

こいつらには誰も勝てないという雰囲気がすごい。そして戦闘に突入、部隊の強さを遺憾なく発揮する。見た目も実力も最強だ。

この最強部隊が狩られる。1人ずつ残酷に容赦なく。皮を剥がされ、腹を割かれ、名状し難い殺され方をし隊員は断末魔をあげる。

狩人は見えず痕跡もない。なおかつ場所は救援の難しいジャングル。ターゲットはひたすら逃げるしかないのか。しかし彼らは逃げない。立ち向かい続ける。

泥だらけになって眠れない夜を過ごそうが勇敢に戦う。獲物と狩人の立場が永遠に変わらない訳はない。獲物だった男は牙を研ぎ準備を整え狩人になり獲物を待つ。そして正体不明の獲物に問う

お前は一体何だ?
けんや

けんやの感想・評価

3.3
先月の午後ロードショーの録画。
ジャングルでのシュワちゃんとプレデターのタイマンバトルはホントにアツい!
滝壺に落ちたシュワちゃんを執拗に追いかけるプレデターのシーンが好き!
なばる

なばるの感想・評価

3.4
戦闘狂の異星人と闘うというあらすじは知ってたものの、ジャングルが舞台だとは知らなずここからエイリアンと闘うのかー!と新鮮だった。死に様はちょっとグロテスク。爆破シーンの演出に時代を感じて楽しい。
他の仲間には当たったら腕が吹っ飛ぶ攻撃がシュワちゃんだと血が出て終わりになるのでシュワちゃん強すぎだろ!と思わずにはいられなかった。プレデターも妙に紳士で面白かったのでこれは次も見たい。
>|