地獄の黙示録のネタバレレビュー・内容・結末

「地獄の黙示録」に投稿されたネタバレ・内容・結末

語り継がれている映画だけあって、すごい作品だった。凄まじいの一言に尽きる。
有名なワルキューレの騎行の爆撃シーンをはじめ、とにかく映像のインパクトが凄まじい。死体が転がりまくりのカーツ大佐の王国のヤバさとか、カーツ大佐自身の異様なまでに陰影のついた描写とか、脳裏にこびりついて離れない。内容も含めあまりに非日常なので、映画館で観るから印象に残る、とも言えるかもしれない。

狂気と恐怖が蔓延した映画だが、実はメインの登場人物はみな本質的には正常で普通の人たちなのかな、と感じた。
登場人物の誰もが、戦争に意味を見出していない。だからか、カーツもキルゴアもウィラードも、誰もが恐怖を克服できない。キルゴアは躁的な防衛だし、ウィラードは麻痺して投げやりになっている。カーツは虚無に支配されている。

意味のない殺し合いを続けていけば、当然気がおかしくなる。元々彼らは常識的な人たちなので、恐怖に支配されて気が狂ってしまったのだと思う。
恐怖を克服するには、自身の行動が意味のあるものだと感じる必要がある。戦争で意味を見いだす人たちは、狂信がないと無理だと思うし、それこそが真の狂気だろう。カーツは虚無がキツすぎて意味を見出そうとして、その結果、戦争を終わらせるために狂信的な兵士を作り出そうとまでしている。
誰もが正義などに酔っていないので、元々はみんなデリカシーがある人たちなのかな、という印象さえ持った。

地獄の黙示録とはよく名付けたものだ。邦題のセンスに脱帽です。
観ました。

まさに地獄。狂気。気がつくとニヤついている自分に恐怖する。そして、凄まじく大きい。大き過ぎて消化が出来ない。
三池崇史最新作。

不穏な画や音楽の塊。
茹でたエビが不気味すぎる。

正義もクソもないような無茶苦茶な戦場で、正気を保とうとしてあんなぶっ飛んでんだろうけど、側から見たら完全に常軌を逸してる。みんな歪なバランスを無理してとってるけど、サーフィンおじさんは限界突破している。その対極にいるのがカーツ。

ワーグナー爆音ヘリコプター掃討ナパーム一掃作戦は狂気の極みで感動した。

基本カオス。

終盤は眠いのも相まってよくわかんねかった。そんで最後の最後で寝た。この爆音オール無理。正気の沙汰じゃない。特に2001年宇宙の旅。
本当に本当にすごかった。どうやったらこんなふうに撮れるんだろう。こんなものを作れるんだろう。見えるもの聞こえるもの全部がすごい。 不気味さ、美しさ、音楽、善悪、正気、狂気、日常生活、戦争、爆撃、殺人、道化、軍人、カリスマ、混沌全部。



安吾も言うように、戦争は遊び。

『お前は殺し屋か?』
『軍人です』
『どちらでもない。使いはしりの小僧だ』



苦悩して苦悩してでも軍人として死にたかった殺されたかったのかもしれないけど、軍人は、戦場では軍人でなくなる。

『 愛する家族や道義をもち、感情をもたない訓練された兵士だけが、戦争に片をつける』

『彼の頭は正常だ。魂がいかれている』

ふだん映画見てても台詞なんて覚えてないけど、全部が強烈だった。
なんというか“つなぎ”のような台詞が一つもないと思った。
完全版も見たい…!
色々狂気がつまりつまった映画だった。
直接的な残虐シーンはないのに心を抉られる。

戦争が良いとか悪いとか以前に、生きるものの生死をどう考えるか。
ディレクターズカット版。だんだんどんな映画を見に来てるのか分からなくなった。ロードムービーと言えるかと思うが、ラスボスに会ってからがちょっと退屈になってしまい眠くなってしまった。なんか哲学的なのか文学的なのか、そういう雰囲気になってしまい・・・。ワーグナーのシーンとか、サーフィンのシーンとか、子犬発見のシーンとかは、とても印象的だったけど。あと、キングコングの髑髏島の巨神が、これオマージュなのが良くわかって、もう1度キングコング見たくなった!
ハットを少し下げて爆風を避けるシーンすこ
戦争における狂気がテーマ
戦場でサーフィンがしたい中佐、隊長不在のなか戦う兵隊達、そして敵地で自分の王国を作る大佐
めちゃくちゃだ。もはや何のために戦っているのかが分からなくなっているのではないか
その"異常"にアメリカ政府に対する反抗心を抱いた大佐はジャングルの奥地へと身を隠し、本来敵であるはずのベトナム人たちをまとめ軍隊をつくる。しかし彼にとっては王国事態、戦争による地獄そのものであった。
大佐は死ぬこと以外、戦争から解放されることはなかったのだ。
ワルキューレとナパーム弾ばかり取り上げられがち(実際そこは最高なのだが)だけど、その後もとてつもなく良かった。最後に辿り着く場所の文字通り極地って雰囲気とマーロンブランド。戦場の欺瞞を目撃してきた末に…。たまらんですわ〜。
19世紀末のアフリカを描いた原作小説『闇の奥』の舞台をベトナム戦争に移し、ベトナム奥地に独立王国を築いたというカーツ大佐の暗殺指令を受けた主人公が奥地へと向かう姿を描いた作品。

ベトナム戦争を描いてはいるけれど、戦争映画か?といわれるとなんだか違和感はある。
川を遡るという道程の中で、主人公は軍を抜けて独立国を作った大佐の内面に何かしらのシンパシーを感じていくという変化が主題かな。
戦争はその背景にしかすぎないし、同行する海軍のメンバーが次第に正気を失っていく様子に、漠然とした不安というか…人間が闇に足を取られて沈んでいく様な…じわじわとした感覚が怖い。

ただ、背景に過ぎないとは書いたものの、ベトナム戦争の欺瞞…例えば戦闘よりサーフィンの方が大事なキルゴア中佐や、指揮官不在で何かと戦っている橋を巡る部隊など、まともではない世界の記号として“ベトナム戦争”はとてもよく機能しているとも思う。
さらにキルゴア中佐がヘリ編隊でベトコンの村を襲撃するシーンは、戦闘と楽劇の曲という組み合わせが見事な効果を発揮しているし、カメラワークも相まって映画史に残る名シーンになっているのは間違いない。
このあたりのコッポラ監督のセンスはやはり脱帽です。
正直、「ワルキューレの騎行」を聴くと楽劇よりも軍用ヘリUH-1の方を思い浮かべちゃうもんなあ。

映画の終盤、カーツ大佐の王国の場面はもはや「行きつく先にきた」という感じの世界。
この映画、撮影当時のマーロン・ブランドとは色々あったという話も有名だけど、それはそれとしてもカーツ大佐という人物のオーラはブランドだからこそなんだろうな。
極度に陰影をつけているという画作りもそういうオーラに一役買っているんだろうけれどね。

物語の終盤、主人公は任務を果たす。それはもともと軍の任務だったかもしれないが、カーツが暗に望んでいた事でもある。
主人公はその後者を果たしたのだろう。それによって主人公は彼の王国を継ぐこともできたかもしれない。
そのことを察しているかのような群衆を前にした彼の姿は、その選択の狭間の微妙な揺れを感じさせもするが、彼は戻ることを選択した。
かくてカーツの王国は王がいなくなったのだ。
このあたりの流れの、まるで神話の舞台劇のような雰囲気に飲まれてしまった。
>|