地獄の黙示録の作品情報・感想・評価・動画配信

地獄の黙示録1979年製作の映画)

Apocalypse Now

上映日:1980年02月23日

製作国:

上映時間:153分

ジャンル:

3.8

「地獄の黙示録」に投稿された感想・評価

この映画を観終わってすぐ、ツイッターで「感想を処理するのに一週間ぐらいかかりそう」と呟いたけれど、未だにきちんと処理が出来ているか分からない
戦場にいるのが訓練された兵士ではなくただの若者だという印象を強く受け、彼らが酒女ドラッグに溺れていく様は、人が大量に死んでいくような戦争映画と同じぐらいの凄惨さを感じた
戦争の中で狂い、人の心がなければどんなに楽だろうと悩んだカーツの心情も辛い
それはそうとチョイ役で出てくるハリソン・フォードがかっこいい
yuukite

yuukiteの感想・評価

4.0
初公開時は大阪キタにあったOS劇場で。シネラマ館での大画面で激しい戦闘シーンに圧倒された。ワルキューレのシーンでヘルメットを尻の下に置くのがリアルに感じた。ジャングルのトラにはかなりびびった。自分がベトナム戦争をリアルに見つめた初めての映画。ジョンミリアスが脚本参加。
ふみ

ふみの感想・評価

3.5
ベトナム戦争中、戦地にて命令に背いて殺人をし、王国を築いて好き勝手やってる兵士を殺しに行く話。

映画史に残る有名なセリフ、まさかの序盤だった。しかもメインキャラじゃなかった。でもあの存在感。

全体通してカオス。戦争のせいで倫理観とか理性がバグってしまった人達をずーっと見てる感じ。個人的には子犬のシーンが1番狂ってると感じました。
KiNA

KiNAの感想・評価

3.9
冒頭のシーンからそれとその音楽が印象的。
キューブリックのフルメタルジャケットを思い出した。オマージュされたのかな、

原題はApocalypse Nowだけど、確かにアポカリプスのイメージってなんというか渋い、濃いオレンジって感じがするなあと。この世の終わり感。

そしてなんだろう、戦争映画ってディプレッションに陥るものが多いけど、この映画はそうでもなかったかな。もちろん内容的にはカオスなことは間違いないと思うのだけど。それも撮り方なのかなーとか。

あと、ベトナム戦争が終わってからそんなに時が経っていないのにもかかわらずこんな映画が撮れてしまうって凄いことだなあと思う。

68/2021
一度は聞いたことのある戦争映画。人が人を殺すというのがいかに正常な状態ではないか描写されてる。
やはりワーグナーの「ワルキューレの騎行」が流れる有名なシーンは圧巻。冒頭から絶え間なく聞こえてくるヘリコプターのプロペラ音が、軍人の心に迫り来る狂気を体現しているように思える。

中盤で、光の効果によって幻想的に見える戦闘シーンがあるけれども、ベトナム戦争では兵士の薬物乱用が問題になっていたことから、おそらく薬物服用者の視点で映像表現をしている。

戦犯のカーツ大佐(マーロン・ブランド)を訪ねてカンボジアの奥地へと船を進める過程で、ベトナム戦争の狂気が浮き彫りになっていく。岩壁に「Apocalypse Now 」と血文字で書かれた秘境は、カーツ大佐やウィラード大尉(マーティン・シーン)が辿り着いた心の深部であろう。アメリカは、口では「防共による平和維持」という大義名分を唱えながら、実態としてはベトナム民間人の大量虐殺など残酷な行為を看過していた。作中でウィラードが述べた「戦争の欺瞞」である。カーツやウィラードは、戦争にのめり込むアメリカ、そして人間の本性が闇深いことに気づいてしまった。

制作の影響もあって、後半はグダグダだと言われているけれども、後半からこそ強烈なインパクトを受けた。
戦争映画だと思ってたらホラーだった

ワーグナーのシーンのテンションを期待してたら拍子抜け

狂気は描けてるが個人的にはバシバシ戦闘の方が好き




長え
地獄、カオスな映画
マーロンブランド主演かと思いきやラストの方しか登場せず、それでも貫禄があった
みーる

みーるの感想・評価

4.0
最初は戦地に戻ったのに戦えない事でフラストレーション溜まっていく感じの話だと思ってたけど全然違った。
戦地で姿を消した1人の男の人生を辿りながら、戦地で行動する事で徐々に変わっていく主人公の心情にグッとくるものがあった。
戦争映画ながら映像は美しいのが違和感(褒めてる。
その矛盾がまた考えささられるんだよな。
やっぱりコッポラ上手いんだな。
ファイナルカット版も観てみたい。
ky7073

ky7073の感想・評価

4.7
小学生の頃観て訳分からなかったぶりの鑑賞なので、ほぼ初見

凄まじいシーンばかりで圧倒されっぱなしだったな〜
今まで観た地獄巡り映画の中ではぶっちぎりの傑作
>|