野火の作品情報・感想・評価・動画配信

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

まひろ

まひろの感想・評価

4.5
映像の力で地獄がフィルムの中に顕現されている。恐ろしかった。
Taikid23

Taikid23の感想・評価

3.0
ん〜悪趣味!(褒め言葉)
極限状態が続くとこんなになるのか。
狂いに狂い切った世界に見終わって疲れた。
ストーリー★4.3
吹替え度★➖
リアリティ度★3.8
飢餓パニック度★4.6
総合度★3.2

戦争怖い🪖

こんな地獄体験した後に生存しても一生幸せを感じれずに終わりそう…。

リアルな描写、映像の綺麗さが余計に恐怖を沸き立たせます。。

※間違っても家族で鑑賞してはいけません!

とは言え全員が現実から目を背けてはいけませんので、
観れる機会がある方は鑑賞してみて下さい…。。

※鑑賞後あまり心はスッキリしません
よ

よの感想・評価

3.9
これは演出の賜物だけど、描写がとにかく煽ってくるから体力と精神力いる
beni

beniの感想・評価

4.0
良いグロ、ありがとうございます!塚本作品の中でも好き度上位!!
mimi

mimiの感想・評価

3.5
戦争映画にありそうな感動ストーリーとかではなく現実的な人間味感じる。過酷でグロテスクで悲惨。人間の極限状態。台詞が聞こえづらいところもあるけれど観てよかったと思った

このレビューはネタバレを含みます

どうしても二番煎じとして見てしまいがちなのよねぇ〜……。

小説「野火」の映画化第二弾で、現代の感覚で描くレイテ島戦記の地獄絵図。


感想。
徹底的にグロ描写を全面に押し出して、地獄絵図と化したレイテ島の戦争の凄まじさを描いた作品。
腐乱した死体のリアルさは、そこらの邦画にはない迫力で、レイテ島で起きたカニバリズムをホラー映画として作り直した鬼作でもあります。

自主製作映画の分類なので低い製作費と短い時間で製作されているので、市川崑監督作品のような芸術性もなく、現代劇に置き換えてる解釈から軍人っぽくないセリフなど、見比べてしまうと違和感ありますが、近年の邦画の中では戦争映画としてよくできていると思います。

グロ描写もさることなく、徹底的に役者のボロボロの布切れと化した軍服や、汚れた髪や肌、汚い歯に至るまでの作り込みは、当時の背景をよく表しております。

リリー・フランキー演じる頭が狂った班長は、なかなかキャラが立っており、最も軍人っぽい普通さもあっております。

個人的には、市川崑監督作品が素晴らしい演出と映像や、役者の演技力で見比べてしまって、ホラー色が強過ぎる塚本晋也監督は、また違ったイメージになってしまいました。
とはいえ、レイテ島で起きたエゲツない飢餓とカニバリズムを、邦画として最高クオリティのグロ描写と、戦闘機から銃撃され木っ端微塵になる死体や、ハエが群がる肉片などのホラーチックなドギツイ描写から描かれる視点を変えた戦争への悲劇を演出した、面白い作品となってました。

4点を付けさせていただきました!
りん

りんの感想・評価

2.9
これは何とも評価しずらい映画だった。
誇張しすぎ?いやでもそんなことないのかもしれない。これはもう自分で見て判断するしかない
戦争をテーマにした映画は派手なガンアクション、またはいかに当時に基づいた緊張感が描写されているかが作品の評価を左右する印象でした。
本作は後者よりですが、戦地における兵士の心理にスポットライトが当たっており、負傷描写が過度であるほどにメインのテーマが引き立ち評価に繋がっているのかなと。

単調なテンポながら抗えない没入感は、知識としては頭にあっても実際に戦争を経験したわけではない身にはただ罪悪感に似た惨めさを余韻として残してくれた。

グロい、の一言だけでは絶対に片付けてほしくない作品です。
zouQright

zouQrightの感想・評価

4.9
個人的に、少なくとも邦画の戦争映画の中で一番記憶に残るであろう作品でした。
>|

あなたにおすすめの記事