野火の作品情報・感想・評価・動画配信

「野火」に投稿された感想・評価

進十九

進十九の感想・評価

5.0
地獄絵図。


観終わった直後の感想である。
月並みで陳腐だが、そうとしか思えない。
戦争は、地獄絵図である。

8/7に向けたNHK広島の企画「1945ひろしまタイムライン」を直前に知り、前日から追った。
昨年は、西村利信氏の「原爆体験記」を拝読した。

どれも、脳裏に浮かぶ光景に胸を締め付けられた。
いや、そんな生ぬるいものではない。

絶望に襲われた。

そして本作『野火』である。
噂には聞いていたが、残酷な描写が遠慮なく展開されている。

戦争は無残。
戦争は酷い。
戦争は人を狂わせる。

月並みで陳腐だが、そう思わざるを得ない。
「1945ひろしまタイムライン」と「原爆体験記」は活字だったが(それでも迫るものがあった)、『野火』は映像だ。塚本流のビジュアルで突きつけられると、自分が地獄の中にいるのではないかと感じてしまう。

また、この状況が自身の瑕疵で引き起こされたものではない、というところに恐ろしさを感じる。
戦争では、最前線の兵隊はただの駒である。そして無能なプレイヤー(軍上層部)により、ただただ無駄に命を落とすのである。いや、そもそも命ある者として扱われていない。悲惨、という言葉では足りない。
将来、戦争が勃発し、徴兵制が復活し、自分の子どもたちが否応なく戦地へ駆り出されると想像すると、苦しくて死にそうになる。
それだけで、戦争に反対する理由になるのではあるまいか。難しいことは考えなくていいんじゃないか。そう思う。

ここからは、ひねくれた私の思いなのだが。
いま、日本は平和である。いや、コロナ禍やいろいろな考えはあると思うが、少なくとも道を歩くとき命がけではないし、敵国の兵士を殺すために銃を手に敵地へ赴くということもない。
平和と言って良いと思う。

この国では、「戦争」は遠い。

だから、この作品が戦争の悲惨さを伝えているということが伝わらないのではないか? そう思ってしまった。
戦争とは? あの戦争でなにが起きたか?
その前提が伝わってないと、作品の力が強いだけにただのグロ映画で終わってしまう。そんな風に感じてしまった。

私も、戦争体験者ではないし、祖父母のような身近な戦争体験者はほぼ亡くなってしまった。
だから、戦争のことを子どもたちに伝えようとしても、かなり難しい。無理。

私たちのような大人が、いまこそ真剣に戦争に向き合い、平和の大切さを実感し、伝えてゆく努力をしなければならない。
『野火』は私に教えてくれた。
ポカリ

ポカリの感想・評価

2.5
かなりグロいと耳にしていたものの、想像してたほどではなかった(内蔵とか肉の切断面とかまでは映らない)。
戦争の話はただでさえ観るのに体力使うんだけど、野営・潜伏のせいで顔が泥だらけになった日本人キャストを見分ける作業に集中しすぎてストーリーが上手く飲み込めませんでしたとさ。
第二次世界大戦終盤のフィリピン レイテ島を舞台に戦争の悲惨と不条理を映し出す。

食料が少なく、極限下に置かれた兵士たちの行動や考えは常軌を失っており、見ていて恐ろしく感じる。

また中盤の一方的な虐殺も戦争下での一面であり、いち兵士から見たら死ぬことに理由など見つけられないのかもしれない。

この映画が楽しいかどうかで言ったら、楽しくないしエンタメの要素も少ない。

ただ、気軽に「戦争」と発言する方には是非見てほしい作品です。
自分や自分に近い人がこの作品の一面に遭遇するかもしれない。
そう思いながら。
com

comの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

死に損ないが戦地を這い回り、結局死ねないという話



色々考えてから追記しよう
sakura

sakuraの感想・評価

2.5
2020.10.20 日本映画専門チャンネルで放映
リリーフランキー?と思ったら、リリーフランキーだった。
こういうのは、白黒の方がいいんじゃないかと思った。
juri

juriの感想・評価

4.0
※イヤホン推奨です。セリフが全然聞き取れません。

リヴァイ兵長も言ってましたもんね、「食い物で釣られると、人間は弱い」って。

中村達也さんもリリーさんもいい仕事するなあ
azkyon

azkyonの感想・評価

3.9
この戦場の敵は他国の兵士ではなく飢餓。
戦いはいかに飢えを凌ぐか。
生きるためにはなんでもするのが人間だと突きつけられる。
飢え、狂気、絶望、恐怖は銃弾だけではない。
それが戦争というものなんだ。
ただ残忍なシーンばかりが描かれているが、これはこれで戦争の恐怖を伝える意味があるんだと思う。
戦地で極限状態、餓死寸前の兵士は人間と言うより野生の動物のような状態だった。
こわっ。
ちば

ちばの感想・評価

4.0
ヘタなホラー映画より、モンスター映画より、圧倒的に怖い。

不衛生な環境、飢え、爆撃、ゲリラ。

飢えた人間の恐ろしさ。戦争映画なのに、味方も関係なく食う。
余裕のなくなっていく主人公の目が恐ろしかった。
ああまでして生きて、生きて、その後に待ち受ける苦しみ。過酷すぎて救いがない。

これは第二次世界大戦という、日本が経験した過去をテーマにした話だけども、昔話ではないんだよね。
今も地球のそこら中で日常なんだよね。
人を食うとかは別として。

真面目に生きよう。
>|