野火の作品情報・感想・評価

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たもの…

第2次世界大戦末期のフィリピン・レイテ島。 日本軍の敗戦が色濃くなった中、田村一等兵(塚本晋也)は結核を患い、部隊を追い出されて野戦病院行きを余儀なくされる。しかし負傷兵だらけで食料も困窮している最中、少ない食料しか持ち合わせていない田村は追い出され、ふたたび戻った部隊からも入隊を拒否される。そして原野を彷徨うことになる。空腹と孤独、そして容赦なく照りつける太陽の熱さと戦いながら、田村が見たものとは・・・

「野火」に投稿された感想・評価

自主映画とは思えないド迫力、戦争のはらわたでした。壮大で美しい大自然の中で人間が勝手に愚かしく狂っていく様にゾッとさせられた。

戦争映画でありながらホラー要素や監督のオリジナリティがそこかしこに見られるが、ふと思ったのが、役者としてもほんとに稀有な存在だなと思わされた。塚本監督のクリエイティビティの究極の到達点は御本人のご尊顔かもしれない。眼力は安藤忠雄を彷彿とさせ、油断したらペナルティのワッキーになってしまうんだけど。

こんなことがほんとにあったんだから全くもっていたたまれない。二度とこんな悲劇は避けなければならない…
[透き通る匂い]

終戦記念日なので、この作品を。
塚本監督と言えば「鉄男」「ヴィタール」など、過激な描写で、常に哲学的な作品が多い。そんな中、彼に戦争映画を撮らせたら、どうなるだろう?とんでもない!事件である。
そんな彼が撮った戦争映画は、この[野火]。あれ?どっかで聞いたことがあると言う人がいるのではないか?そう、この作品は[リメイク]である。巨匠市川崑の作品である。まぁ、似たような二人なので、ここでもヤバイなと感じるが、中身を観たら、想像以上にヤバイ…。

まるで、[灼熱地獄]である。普通、戦争を[美化]してしまう、今までの戦争映画の常識からずれてる。全然美化していない。
環境に耐えられない兵士たちの[心の餓え]を描いている。既に壊滅に近い状況にあり、兵士たちは[餓えと痛み]に苦しんでる。主人公の臆病な兵士に焦点を当てている。仲間が死んでいき、遂に三人位しか残らなくなる。そして、次第に兵士たちは、食料がほしくなり、[人肉]を喰らうように…。

市川監督が触れなかった所に、塚本監督は触れている。その影響で[人類の生き残るという狂気]が、また新たに増大した。
そしてこの作品、あまりにキツい作品なため、兵士たちの生き血、まわりの風景、体臭が、[伝わる]ようになるのだ。なぜだか分からない。もしかしたら僕だけかもしれないが、しっかり伝わってきた。この83分の中で、戦争に駆り出された男たちの[狂気]が鮮明に刻まれていった作品は、初めてかもしれない。

本当に恐ろしい作品でした。

思い出す度に、あの[匂い]が思い出されるかもしれない…。
川合

川合の感想・評価

5.0
大学の課題で、もう見たのは2年前?くらいだけど夏になると必ず思い出す映画。

もう見たくない、、
悲しいとかそういう感情全部吹っ飛んでしまう映画。

戦争映画見始めるならキツいけど真っ先にこれ見てほしいし
泣ける戦争映画見てきた人は絶対これ見てほしい。

人によくすすめるけど、自分ではもう見に行きたくない映画。(特に映画館では)
今日はユーロスペースで塚本晋也監督『野火』。見るたびに発見のある傑作。白旗を上げるシーンでやっぱり泣いてしまう。人間の動物化、幽霊化みたいなことを考える。
おまけのメイキングは本編に輪をかけて面白い。自主製作の過酷さ、達成の中身が凄すぎて放心。お金を出せない日本映画界の貧しさも。
なつ

なつの感想・評価

-
本作で描かれた田村一等兵は、ごくごく普通の男性だった。
語り尽くされた事だけれども、戦争は、人間が人間で無くなる。
人間の極限状態を描いています。
美しい大自然の描写と、醜い人間描写の対比が表現されていた。
ここまでの熱意で制作した監督に敬意を表してノースコアで。
(ただ正直、のれませんでした)
大岡先生の原作は、傑作です。文章を目でおっているだけで、血の匂い、死臭、煙の匂い、ありとあらゆる匂いを感じる。
精神的圧迫感も凄い、おそるべき筆致力だと思いました。
戦争を風化させない為にも、定期的に読まないといけないと痛切に感じた。
終戦間際のフィリピン、レイテ島、敗戦濃厚な状況で彷徨う日本兵たち、極限の状態の中での狂気を描く

1959年の市川崑版に続いて鑑賞、ついでというか、この機会じゃなきゃなかなか見ようと思わないと思うので

もともとが原作(未読)のある作品なので当然流れは大体一緒です、明らかに違うのはラストの方、帰国後の描写もある点か
調べたところ市川崑版のリメイクではないらしい、監督が原作に思い入れがあり構想20年、自ら製作監督脚本主演をつとめ、公開も自主製作映画としてっていうんだからその意気込みがわかります

最初に見たのもあるし市川崑版の方が好きなんですが、この作品も悪くはないです
カラー作品である利点としては流血、血の赤い色を効果的に使うことで悲惨さ残酷さグロさを出しているかなと
こっちのほうが全体的にシリアス、重い雰囲気漂う作品になっている
蝿がブンブン不快な音を立てウジが這い回り、そこら中に人間が倒れている生々しい描写の連続です

どっちかと言ったら市川崑版のほうをおすすめしたいけど、モノクロだし相当昔の映画だしで見る人も稀だろうから、比較的最近公開でカラー作品でもある本作のほうが見る人は多いのかな
しかしなかなかグロかったなー、トラウマになるのも頷ける、食欲が減退する映画でした
しうち

しうちの感想・評価

4.0
手作り感満載だけど鬼気迫るものがある。現代人の平和ボケした頭を覚まさせるという点ではファイトクラブを超えてるかも。
戦争はだめだとよくわかる映画

美しい自然との対比や、主人公の幻覚などが強く印象に残った
さとこ

さとこの感想・評価

4.0
何故この映画を観ようと思ったのか、今となってはもうどうでもよいけれど。それでもこの時期にこの映画を観れたこと(観るという決断ができたこと)は、間違っていなかったと思う。

レイテ島で極限状態を生きる日本兵達。生きること、そして死なないこと。生きるためには食べなければならない、例えそれが何の肉であっても。

途中、目を背けたくなる描写が何度もあった。これまで見た戦争モノの作品で一番残酷だったかもしれない。そして、だからこそあのラストシーン。平和な今を生きる我々に強く語りかけるものがあった。それで野火か、なるほど。

いやにクリアな映像は、この悲惨な戦争体験を記録ではなく生の体験として見せるためだったのかもしれない。泥まみれの身体、飛び散る血と肉。それを屠る人の、生への執着。

そして何と言ってもリリー・フランキーの雰囲気よ。この人はどんな役でも見事に演じてしまうのに、きちんと「リリー・フランキー」を保っているのよな。凄い役者だ。

興味を持った人はぜひ。覚悟の上でどうぞ。
健一

健一の感想・評価

-
う〜ん正直世間から高評価を受けている程良くは無かった。何の知識も得ないで観たので舞台がまずわからない(フィリピン?)。あとデジタルで撮影したせいか画が綺麗すぎる。フィルム撮影の戦争映画を見慣れてしまったのかもしれないが逆にリアルじゃない。演劇の舞台を観ているような感覚。最近定番のグロい死に様もプライベートライアンやザ・パシフィックに追い付け追い越せと言わんばかり。う〜んかなり期待ハズレでした。
>|