野火の作品情報・感想・評価・動画配信

野火2014年製作の映画)

Fires on the plain

上映日:2015年07月25日

製作国:

上映時間:87分

3.8

あらすじ

「野火」に投稿された感想・評価

すず

すずの感想・評価

3.0
たかが1時間半の、濃密な地獄。屍肉に群がる蝿の羽音と素知らぬ顔した自然と、ちっぽけで尊厳もない気の触れた死が淡々と描かれる。戦場の不快感を擬似体験させる実用性の高い反戦映画では。学校の授業で流したら良いと思う。人殺しの数を競うゲームとか流行ってる昨今には。
りほこ

りほこの感想・評価

4.3
小学生3.4年生の頃、昼間にお布団の中で読んでいた本。

火で人が燃えて、銃口が向けられて、生きる事自体が苦難である印象が強く、
これら以外の大事なエピソードが頭から抜け落ちていたなぁ。
毎日おいしいご飯を食べて、寝て、映画や本を読んで、ぬくぬく育った平成時代からは想像も出来ずにいた現実。
本は読んでいたが、本の詳細は覚えていなかった為、映像化された今作を観た。
この作品以外にも戦場の映画を多く観た現在の私にはただの衝撃的映像というよりも、既視感のある景色と大人になって事象の意味を知るという新たな一面が観えた気がした。

次は自分かもしれない、もう死ぬかもしれない。殺された者の痛みを目の当たりにした時に、加害者の自分は自分の為に怖がる権利があるのか。
戦場で英雄が現れるようなハリウッドとは全く違うが、ある男が生還した時間を共有される作品。
妙な空と緑の鮮やかさと、芋の現実味にリアルを感じる。
K

Kの感想・評価

3.0
リアル、グロい
ストーリーの起伏がなくて戦時中の極限状態を撮っている感じでした。
はっきり言って暗い気持ちになるし後味悪い。
途中でやめようかなって思ったけどなんとか見れた。
リリフランキーって優しいおじさんもできるし意地汚いおじさんも演じ分けられるから凄い
Yuki

Yukiの感想・評価

3.0
極限状況におけるカニバリズム
とても難しい映画。
あまりにも生々しい描写
ば

ばの感想・評価

3.6
戦争により極限状態に置かれ、正気を失った人間を非常に鮮やかな色彩で描いた作品。
観るに耐えない描写も多くありましたが、その画力と音響に常に引き込まれ、最後まで飽きませんでした。
大戦について調べてたので、観に行った。生々しくてグロくて狂ってたところは良く覚えている。監督がトークショウで主張されてた反戦メッセージはあまり感じられなかった。
今まで観たどの戦争映画より

非情
凄惨
地獄…

どの言葉も軽過ぎる衝撃の映像で言葉失う…

レイテ島の話。
戦ってる人は日本人。
ほんのわずか昔、私たち祖父の年代の話…
wong

wongの感想・評価

3.5
強烈。戦争の悲惨さがリアルに伝わる。
内輪でもめて、日々生きるなかで、まるでそれが無意味だったかのように、一瞬で命が奪われる。生きるとはなんなのか。現代に生きるからこそ、死が遠く感じる中で、より身近に向き合う必要があるのだろう。
yuka

yukaの感想・評価

3.8
まじでご飯食べながら観るもんじゃなかった

フィリピンにレイテ島ってあるらしいってこの映画で知った…

普通に観ててしんどいし、自分なんで誕生日にこんなん新幹線で観てんねやろ…と思いながら観ていた…

人間本当に極限状態になったらどうなるんだろうね。わかんないよね。コロナで都市機能停止して、電気とかも全部止まって、物流も止まって、全部が停止したら究極人間こんななるんかな…とか思いながら観てた。のんきに新幹線の指定席で。

戦争もの観る度に思うけど、本当に戦争はだめだぁ…



キャストメモ

田村 / 塚本晋也
主人公
まぁまぁ運良いよな。

安田 / リリーフランキー
脚怪我してるおっさん
だいぶ頭いっちゃってるけど、生きるのうまそうやなぁとは思う。途中までリリーさんって気付かへんだ

松永 / 森優作
安田のぱしり
意外とこいつが1番好き。人間くさいというか。ギリギリまで媚び売りながら、それでも利益計算しながら自分の身はちゃんと守る感じとか。

伍長 / 中村達也
ええ人人間らしい
普通に上司としていい
生きるためという、ヒトの生存本能のエグミ、目を背けたくなるようことも、実際追い詰められた状況になると、こうなるものかと想像してしまう。

自然がいかに雄大で、超越しがたいものか。自然には敵わない。

美しい緑が逆に印象的。
>|