炎628の作品情報・感想・評価

「炎628」に投稿された感想・評価

ごぶ

ごぶの感想・評価

-
記録用。

ナチスドイツによる白ロシア住人の虐殺。
どんよりする。特に村ごと虐殺するシーンの迫力は特筆。
どう評価していいのかわからなかった
主人公が見てる光景を画面を通して一緒に見ている感じ
地獄すぎて史実とは思えないレベル
人間の焼ける臭いがしてくるほどのリアリズム

進撃の巨人の元ネタはこれかぁ
この作品は「戦争映画の皮を被ったホラー映画」だと自分は思ってます…
戦争映画=教科書的な作品が多いですが、これはホントにひどすぎて…とにかく気持ち悪くて不快です(-_-;)
今までいろんな映画を見てきましたが、この映画は"もう二度見たくない映画"ナンバー1だと思いました💦

※もっと気持ち悪さが軽減されれば高評価でした…笑笑

第二次大戦中の白ロシア(現ベラレルーシ)、軍隊に憧れる少年は祖国を守るために軍に入隊し、ナチスの蛮行を目撃・体験するというストーリー

あまり知られていない映画ですが高評価で、いい意味でトラウマを植え付ける映画としても有名みたいです(^◇^;)
血が出たりとかはほぼ無いのですが、ショッキング描写に強い僕でもなかなか精神的にきました…💦
とは言っても、作品内のナチスの蛮行がトラウマというわけではなくて、"映画そのもの"がトラウマです…もう二度と見たくないです笑

前半はとにかく静かでサイコホラーみたいなんですよね…
BGMもないし、画面暗いし、出てくる人みんな"顔"が本当に怖かった…何気ない表情でも夢に出そうなくらい怖いです💦
さらに、映画としてはなかなか珍しい「役者の表情を真っ正面から撮る」という手法をたくさん使っている作品なので余計に怖さが増しますね
主人公と前半に仲良くなる女の子が森の中で笑ってるシーンが一番自分は不気味に感じました…

「戦争の恐ろしさを知ってもらう」という戦争映画が持つ目的は達成されていると思います
けれど、時間が140分と長めで、そこまで長くする必要はないと感じました…笑
ほかには「登場人物のセリフ少なくて心情が掴みにくいから、人物の背景が理解できない」「不快な音声や爆音が多く、僕のような頭痛持ちの人には不向き」というのがマイナスポイントですね …笑💦

「見て何かを得られる」と思って見てみましたが、それを遥かに超えるトラウマ級の怖さだったのでオススメはしません笑💦
これを見るのであれば『縞模様のパジャマの少年』を見る方がいいです(^◇^;)
(おもしろくなかったというわけではないので、気になる方はぜひ!)

※『Mr.タスク』のあとに続けて見たのですが、完全に順番間違えましたね…笑笑
てるる

てるるの感想・評価

4.0
「胸糞」「絶望」の名を欲しいままにする、人はどこまで残酷になれるのか系映画。

先日ルワンダの虐殺で、虐殺を行った側のインタビューを読んだ。
そこには殺人が日常(仕事という輩も)になり、娯楽にすらなっていたという鬼畜どもがいた。

この映画は、ナチスのアインザッツグルッペンがロシアで行ったホロコーストが如何に残虐だったかを少年兵の目を通して描いている。

少年目線で言えば、先日観た「ペインテッドバード」に近い。
違いといえば、こちらはナチス側の狂騒を描き、ペインテッドはロシア人の側の狂った人々を描いていたこと(逆にそれが新しくもあった)。

オープニングでの主人公の友人の声が怖っ!
それより怖いのが牛さんの断末魔の目!これホントに殺してない?
まだまだ動物愛護がそこまで叫ばれてない時代だったし…。

終盤のカオスも凄まじい。
この世の地獄とはこのことか。
ジャケにもなってる写真撮影の悪趣味さ。
そしてラストでのヤツらの醜態。

何が怖いって、これナチスだけじゃなくてユダヤ人排斥を目的としたロシア人などが積極的に関与していたということ。

ブラックジョークのようなシーンもあったりするけど、終始流れる不協和音のような劇伴も恐ろしさに拍車をかける。

序盤とラストでの少年の顔付きの変わりようったら。
どうやったらあんな表情が演技で出来るんだ?
あの泥沼のシーンとか人間がぎゅうぎゅう詰めになってるシーンとか素で撮影がキツそうだし、監督が極限まで追い込んだんだろうか。

個人的には「ソドムの市」や「ペインテッドバード」ほどの衝撃は受け無かったけど、それでも噂に違わぬ胸くそ絶望作品でした。

こういうのって点数付けづらいけど、戦争を忘れない為にも皆が1度は観るべき映画なのでペインテッドと同じく4点。
粗忽者

粗忽者の感想・評価

4.2
 ただひたすらにカットと表情の怖さに引き込まれる怪作。
 ラストシーン、なぜその顔のまま涙が流せるのか本当にわからない。怖すぎです。
 やはり映画は興味深いものが映り続けていれば画面に釘付けになってしまうという事を改めて認識させられました。
K

Kの感想・評価

4.8
もう演技に見えない…本当に体験しているのか?と思える。映画を見ているというより、記録映像か何かを見ているかのようなリアリティ。

幻想に夢抱く、笑顔に満ちていた序盤の少年の顔は消え去り、凄惨過ぎる現実を目にし、後半はまさに初老のような顔につきに…。どうやったらあんな表情が作れるのだろうか…凄すぎる演技力。

終始、主人公が為す術もなくただ傍観者と化している事実も悲しかった。いや、主人公なりの抵抗はしていたつもりだったのだろうが、凄惨で残虐非道、無限に繰り返される暴力行為のループには敵わず…ラストには主人公もその暴力の無限ループに巻き込まれてゆく。暴力が生むものは暴力だけ…この映画を観て痛感致しました。

私の中で、戦争の恐ろしさ、人間の汚く、醜悪で愚かな部分をこれでもかと描写した戦争映画は後にも先にも、この映画以上のものはないと思います。戦争映画が好きな方は必見の一本ですね…🙌
たけだ

たけだの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

正面ドアップカットがまじで怖い。何だあの表情は‥。やたら追いかけるカメラ、少ないセリフ、美しくリアルにキマる残虐&炎上シーンが相まって、意図的な臨場感を微塵も感じず、え、本当にこの人たち今戦争してるんじゃないだろうか‥みたいな感覚に陥らせる。
こじ

こじの感想・評価

5.0
ここまで救いのない映画は

逆に清々しい。

絶望的な役者の表情を

正面から捉えるカットが印象的。

恐そうなナチスの偉い人が

肩にかわいいペットを乗せてるのが

日本の漫画の悪役にありそうで

唯一の救い。

あとは悲惨なシーンしかない。
がく

がくの感想・評価

5.0
どうして映画という芸術媒体が必要なのか。
この映画はそのような問いに対して、映画が必要なものであるということを証明してくれるような、そんな作品でした。

ずっと重苦しい雰囲気が流れており、無残な虐殺が当たり前のように行われていました。少年はどんな思いであの景色を見ていたのでしょうか。彼のセリフはとても少なかったですが、画で魅せられました。

特に、正面から顔面のアップをとらえたシーンが多く印象的でしたが、人間としての尊厳を失いそうになりながらも、ギリギリのところで踏みとどまっている感じがして、何とも言えなかったです。

ラストの逆再生のシーンも、戦争というものに対して深く考えさせられました。未来は子供が作る。子供に非はない。ヒトラーをここまで駆り立てたものは何だったのでしょうか。人が悪魔になる瞬間と言うのはどこだったのでしょうか。

3日分ほどのエネルギーを使い果たすような映画でした。
>|