炎628の作品情報・感想・評価

「炎628」に投稿された感想・評価

AkihiroIio

AkihiroIioの感想・評価

3.8
カルト映画に詳しい先輩に教えてもらって観賞。
内容は悲惨という言葉では生易しすぎる、残虐を極めた凄絶なシーンが続く。偵察機の機影、まとわりつく蝿の羽音、感じるはずのない悪臭が観終わった後も頭から離れない。
終盤で捕らえられたナチス将校が子供を皆殺しにする理由を『子供から全ては始まる。生かしてはおけない』と吐き捨てる。そう、まさにヒトラーこそ生かしてはいけなかったのだという、監督の強いメッセージを受けとめた。
solo

soloの感想・評価

5.0
旧ソ連で伝説とされている戦争映画。

一人の少年兵の壮絶な戦争体験記。
カルトチックなロシアンフィルムだが、地獄絵図のような構図の数々に何度見ても言葉を失ってしまう。
少ない台詞にも一言一言が心に突き刺され、洗練された映像表現にも感服する。
ヘタな感動要素も、英雄賛美もない。映画でここまで描けるのかと恐れ入った。
映画の枠を超え、全人類に問いかけてくる。単なるナチス批判などでは終わらないことを。

本作を超える戦争映画にはもう出会えないかもしれない。文句なしオールタイムベスト。
greatman

greatmanの感想・評価

5.0
一言で言うと「阿鼻叫喚」
[あらすじ]
1943年のドイツ占領下の白ロシアでの出来事。
少年が兵隊の真似事をして遊んでいたところ、土に埋まっていたライフルを見つける。少年は兵士にあこがれがあるのか、母親の必死の生死も聞かずにパルチザンに入ってしまう。しかし、彼は本当の戦争の恐ろしさを知らなかった...。

ロシア人がナチスに対する怨念が染み付いてそうな映画。
これは5.0をつけないと失礼でしょ😓...。
とにかく136分この世の地獄を延々と見せられたような感じでした。
今まで沢山の戦争映画を観てきたんですけど、これほど衝撃を受けた映画は今作を右に出るものはないと思います。
とりあえずアクションやらグロさで勝負する映画じゃなくて、戦争時、如何に人は残酷になれるのか、戦争の恐ろしさ、悲惨さのメッセージ性を全面的に押し出してるように見て取れました。
それを物語ってるのが主役の少年の顔。最初と最後でこうも老けるのかと思いましたよ😰。
全ては子供から始まる。かつてヒトラーも子供だった。そうと分かってたらヒトラーを子供の時から殺してただろう...しかし歴史を打ち砕けないのも現実。受け入れざる負えないんでしょうね〜😥...。
とにかく言葉では表せない、表したくないリアリティを追求した残酷さや残忍さが染み付いてます。
とにかく観てください。そして存分に恐れおののいてください。
戦争には被害者しかいない。この事を強く示したような傑作でした。
K2

K2の感想・評価

5.0
"だから言ったんだ 掘り出すなと"

戦場の狂気と絶望炸裂の名作。

撮影に際してかすめるような距離で銃弾を飛ばしまくる狂気映画。監督は主人公の少年が怖がらないように撮影にあたって催眠術師に催眠をかけてもらったのだが、少年は不運にも催眠にかからなかった上に監督を不安にさせないために"かかったふり"をして演技する2重演技する羽目になったらしい。 撮影の緊張と壮絶体験からか終盤の少年のシワのつき方がえげつない。

実弾は本当に『フューリー』の戦車戦みたいに閃光が迸るのがびっくり。

2018年も素晴らしい映画に出会えるといいですね。
まさにZ級。絶対に見ちゃいけない映画no.1

この点数は「逆にどれだけ胸糞悪いか」です!w

これはもう悪い夢を見た、いや悪夢以上の何物でもないです。
よくこれを世に出すなと。
ストーリー?グロさ?史実的要素?
いえいえ、そんなものはどこにもない!w
ただの悪夢のようなプロパガンダ映画です。

精神を病む映画ナンバーワンといっても過言ではないでしょうw

映画が進むにつれておじいちゃんみたいになっていく青年を見てると「これガチでおかしくなってないか?」と、思ってしまう。
BC級映画が大好きで、グロ耐性もあり、クソ映画が大好きな僕でも、

今までにこんなクソ映画は見たことありません!!

そして二度と見たくない映画ナンバーワン!w
なのでそういう意味で4点以上付けちゃいますw
映画に引き込まれた、というより、もう、飲み込まれてしまった。映像と音楽がひたすら、暗い、怖い、グロい、ものすごい戦争映画を見た
naggypops

naggypopsの感想・評価

4.8
戦闘機が飛ぶ音と蝿が飛ぶ音が耳から離れません
戦争映画を撮る意味を知らされました
戦争こわい人間こわい
yadakor

yadakorの感想・評価

4.0
やはりヒトラーに悪が一極化した描写は誤りで、強い権力を持った人間の心理的な極限として誰しも残酷になり得るというのが正しいよ それから一般論としてこういう反戦映画は大衆へのプロパガンダには成功してるけど、実際に戦争をなくすことはできてないね
当然だけど、映画も音楽も結局は世界を変えられないことを思い知る
きは

きはの感想・評価

3.8
ナチスによる白ロシア侵攻の実情があまりにも凄惨で言葉が出ませんでした。
残虐な行為の前で笑うナチスの兵達に、映画だとはわかっていても怒りが込み上がります。
主人公の少年の演技が直接的な感情が出ているので見ていて疲れる部分はありましたが、映画の背景と合わさって良い演習になっていました。
きょる

きょるの感想・評価

4.5
アインザッツグルッペンをロシア人の少年目線で描いたお話
アインザッツグルッペンとは、ドイツの保安警察と保安部がドイツ国防軍の前線の後方で敵性分子(特にユダヤ人)を銃殺するために組織した部隊である…wiki参照


久しぶりに戦争映画を鑑賞
昔の映画ってどのジャンルでも重く、じわじわとのしかかってくる
最近の感動出来る戦争映画が軽く感じてしまう程だ
“ソウ”のグロテスクさとはまた違う、人間の狂気や異常さをまざまざと体感した錯覚にもなり、観終わったあとは体がぐったりしてしまった
直接的な表現は無いけど、強烈なシーンが多過ぎて消耗しまくった…

邦題の628が何の数字を表しているのか、それは終盤に字幕が出た
住民もろとも村を焼かれた実際の数との事…
思わず一時停止をし、テレビから目を逸らしてしまった
あと、牛さんのシーンも目を逸らした

主演の彼の表情がすざましい
頭から離れなくなってしまう
「全ては子供から始まる」
>|