地獄の黙示録の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「地獄の黙示録」に投稿された感想・評価

フランシス・フォード・コッポラ監督。マーロン・ブロンド。本格的、というか正統派のベトナム戦争映画。完全版で見直すと印象が変った。いずれにしても圧倒的なパワー。いろいろと印象に残るシーンが多い。今でも、釣り船に乗って港から沖に出るとき、気がつくと頭の中で「ワルキューレの騎行」が鳴っている。どうなってんだ、オレ。これはやばい。
この時代にこのレベルの戦争映画は凄い
マーロンブランドが大佐の恐怖感を増してる
コッポラらしい長回し演出もいい
レオ

レオの感想・評価

5.0
‪ワルキューレの騎行をバックに九騎のヘリが爆撃かますだけが映画じゃないって事がわかるこういう哲学的な映画で視聴者が思考すべき点を残してくれるのが映画って感じがする。北野武監督の映画に通ずる感動というか衝撃を覚えた。映画はこういうのが好き😢‬
一応完全版を観たので、内容は一緒で付け加えただけなので、便宜上こちらにもレビュー載せをします。
完全版は、より戦争の悲惨さや政治的メッセージを添えたシーンを加えている感じです。
前半はベトナム戦争の混沌
後半は主人公とカーツ大佐の心の中の混沌
を描いてる気がした。

難しい。難しくてまだまだ理解出来てない。
とりあえずワルキューレのあのシーンが忘れられない。そして迫力が凄い。
おつ

おつの感想・評価

4.3
らいどおんゔぁるきゅーれ
I love the smell of napalm in the morning.
Kaz

Kazの感想・評価

4.5
言わずと知れた名作
子供の頃にテレビで観て学生時代にレンタルビデオで再度観た
そして大人になってデジタルリマスターDVDが出たときに買いまた観直したが古さを全然感じなかった
米軍ヘリがナパーム弾で攻撃するときに拡声器から大音量で流すワグナーの「ワルキューレの騎行」が恐怖心を煽るシーンが印象的
おかげでワルキューレの騎行は大好きな曲となりました
MiYA

MiYAの感想・評価

3.3
久々の視聴。さすがに完全版は長かったー。

戦争の狂気を描いた作品だとは思いますが、これって「ロードムービー」って捉え方できないかな?

ボートで川を上っていきながら、クレイジーな人々によるクレイジーな光景にでくわし、次第に精神のバランスを崩していく主人公。最後は彼自身がカーツ大佐にとってかわって、旅はあがり。そんなところです。
KANJI

KANJIの感想・評価

3.9
個人的にこの作品に関しては"観たい"というより"観るべき"作品でした。
最初この映画を知った時はジャケットを見て何となく気に入りました。それから数々映画を観ている内にこの作品の名前がちょいちょい出てきて。多分アメリカではこの作品日本より浸透してるんでしょうね。

後、日本を代表する文豪の村上春樹もこの作品の大ファンだと公言しています。僕も大好きな「海辺のカフカ」でもセリフが引用されています。そんなこともあって"観るべき"だなと。

基本戦争映画はあまり好みでは無いのですが、くすりと笑えるポイントが所々あって、2時間半の戦争映画が暗くなく観れました。
隊長のサーフィンの拘りは笑いました。敵地でバンバン撃ってくる奴いるのにサーフィン優先笑 ヤマハ、スズキの後のスキヤキは吹きました笑 あと仔犬。ランスがアホ過ぎ笑

ただ最後が少し難しかったですね。割と戦争映画にしてはシュールな明るさで進んでいくのですが、終盤は夜の影響もあって重い空気だなと。理解は出来たのですが少し不安で人の解説読んで「あ、あってる良かった」て感じでした。ただ某知恵袋に戦争の背景や聖書の流れなど引用されてる方がいてなるほどと。

2時間弱経ってからやっと出てくるマーロンブロンドの貫禄が凄い。相変わらずドスの効いた声が渋い。
音楽のチョイスが好みです。冒頭のドアーズの「The End」や敵地に向かうボートのシーンでストーンズの「Satisfaction」、ヘリ上でのワーグナーの「ワルキューレの騎行」。アカデミー音響賞も納得です。

全体的に噂通り出来の良い作品だと感じました。
ゴッドファーザーの監督ってことは知ってたんですが、まさか最近お気に入りの「アウトサイダー」まで手掛けてたとは、、、
>|