プライベート・ライアンの作品情報・感想・評価・動画配信

プライベート・ライアン1998年製作の映画)

Saving Private Ryan

上映日:1998年09月26日

製作国:

上映時間:170分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「プライベート・ライアン」に投稿された感想・評価

Yuka

Yukaの感想・評価

3.8
戦争以外になにか方法はなかったのかな?人間てほんと醜い。もう二度と繰り返しては行けない歴史だよなあほんと。
これが噂のノルマンディー上陸作戦かぁ…

なんでライアンを上層部が救出しようとしたのかだけが理解できない。こういうことは実際にあるのか?
TEN

TENの感想・評価

4.0
みんながみんなもう既に同じようなコメントを残しているけど、僕も同じ事を言いたい。冒頭30分のノルマンディー上陸作戦の緊迫感と悲惨さが物凄い。人が次々とドミノ倒しのように死んでいく。最悪でしかない。正直言って無謀すぎる。だが、それでも突撃しなきゃ行けないのが戦争なんだと思い知らされる。戦争行きたくない。

二等兵1人を救うために8人が救出に向かうというのも意味がわからない。登場人物達が悩み憤るのもわかる。中隊長の言葉がなければ誰も遂行しようとは思わない。

トムハンクスの演じるミラー大尉が渋い。トムハンクスはなんでこんなにも温情溢れる色を出せるんだろう。表情や、セリフとして発した言葉の一つ一つが暖かくて奥深い。

終戦してひと段落した時代の日本に生まれた僕は、どれだけ残酷な内容の戦争映画を観ても結局は知った気にしかなれない。当事者の悲しみ憤りは計り知れない。でもこの映画の様に、戦争の残酷さ理不尽さをとてもリアルに描く作品があるおかげで、戦争をしたくないという思いは生まれる。過去に実際にあったんだということを受け止めて生きたい。
団子

団子の感想・評価

5.0
ただただ戦争は悲しみしかうまない。
そんな事は分かっているが、こんなに悲しく
生きている事の感謝は誰かのお陰と思う。
amy

amyの感想・評価

-
あぱむ!銃もってこい!

小浜ビーチの戦闘シーンがグロテスク、
ライアンイケメン
yuto

yutoの感想・評価

4.0
開始直後の戦闘シーンから圧倒された。

今の日本があるのも先代の方々が命を懸けて守ってくださったおかげ、ということを忘れてはいけないと思わせてくれる作品
冒頭30分のノルマンディ上陸作戦は言わずもがな、壮絶な戦闘シーンを含む人間ドラマ。
若かりし頃のマット・デイモンやヴィン・ディーゼルの活躍も拝めます。
h

hの感想・評価

-
アパムは観る側からすると難しい位置にいるというか、自分が最も考えなければいけない人物だと思いました

このレビューはネタバレを含みます

戦争映画の傑作

「終盤のアパムの行動に苛立ちを覚えた時に戦争の真の怖さを知る」というレビューを読んで意味を理解した時、スピルバーグは本当に天才なのだと思った
たく

たくの感想・評価

4.4
リアルを追求した戦争シーン。目を背けたくなるシーンの連続。戦争映画に大きな影響を与えたと言われるのが納得。あっという間の3時間。

国のため、胸を張って故郷に帰るため、与えられた任務を命をかけて遂行しようとする男たちの生き様を描く。

『無駄にするな、しっかり生きろ』

かっこよい。
>|