エネミー・オブ・アメリカの作品情報・感想・評価・動画配信

エネミー・オブ・アメリカ1998年製作の映画)

Enemy of the State

上映日:1999年04月17日

製作国:

上映時間:132分

ジャンル:

3.6
みんなの反応
  • ハイテク監視社会を描いた恐ろしい作品
  • スピード感、逃走劇、ウィル×ジーンの魅力的な演技
  • 監視される恐怖がリアルに描かれている
  • ジーン・ハックマンの渋い演技が印象的
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『エネミー・オブ・アメリカ』に投稿された感想・評価

はと

はとの感想・評価

-

90年代っぽさがスゴイ伝わる映画。
スリラーなのかサスペンスなのか難しいところ。ウィル・スミスはボロボロだけど妙にタフなキャラが似合う。
監視社会のテーマが当時は斬新なのかもしれないけど、ゲームや小…

>>続きを読む
SD

SDの感想・評価

5.0
最後まで目が離せず、内容も分かりやすいのでとにかく楽しめます
よね

よねの感想・評価

3.9
最後までハラハラドキドキさせてくれる。
トニー・スコットの映像もこの作品ではいい感じ。。
momo

momoの感想・評価

3.7

議員を暗殺したのが映ってるテープをめぐって
1人の男性がいろんな人から追われるという
ドタバタした感じの映画でした!
展開早くて良かったし
機械とか盗聴器とかメカ系が最新で
やっぱアメリカは進んでる…

>>続きを読む
青雨

青雨の感想・評価

-

政府高官(ジョン・ヴォイト)による陰謀に巻き込まれた、タフな弁護士(ウィル・スミス)が活躍する作品であり、監督もトニー・スコット。そのため、面白く観るだけで十分満足できるいっぽう、監視システムの導入…

>>続きを読む

国家安全保障局(NSA)による議員暗殺を撮ったテープを偶然入手した弁護士が追い詰められる、ポリティカル・スリラー。本作は1998年の映画だが、前々からエシュロンによる通信傍受は話題にあがっていたし、…

>>続きを読む
ryo

ryoの感想・評価

-
ほんと面白すぎて頭おかしくなる。どんな現場で、どんな言葉で演出されて、どんなやる気に満ち溢れているんだ。
黒雪

黒雪の感想・評価

3.5
始めは真面目なウィル・スミスが、中盤からなぜかおちゃらけだしたのはご愛嬌ですかね。ラストの政治家とマフィアのコントも笑えました。
爆破シーンなどは結構好きめ。
ジョンヴォイドの顔やっぱり悪い。
この頃のハリウッド映画はあんまり外しはない気がする。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5

ウィル・スミス演じる弁護士は、知らずのうちに国家安全保障に関して行われた暗殺を記録したディスクを保持する事になり、暗殺を指揮したNSAの高官から追われる身となる。ジーン・ハックマン演じる元NSA職員…

>>続きを読む

あなたにおすすめの記事