アラジンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

アラジン1992年製作の映画)

Aladdin

上映日:1993年08月07日

製作国:

上映時間:90分

4.0

あらすじ

「アラジン」に投稿された感想・評価

Nana

Nanaの感想・評価

4.0
疲れた時、元気になりたい時ジーニーに助けてもらってる( ˘ω˘ )あのテンションにはいい方向に気持ちを引っ張ってもらえる。
何回も見た作品。どの歌も素敵で一緒に歌いたくなる。アランメンケンは天才だと思います。冒頭でアラジンが歌う「ひと足お先に」という曲が特に大好きです。
あとやっぱり山ちゃんのジーニーは最高ですね🧞‍♂️
ViVi

ViViの感想・評価

4.6
男主人公のサクセスストーリー。ディズニーには珍しいですよね。
アクションもあって面白いです。

ジニーがいいキャラしててとっても好きです。
今公開されてる実写を見る前にこっちを見てから実写を見るとより面白く感じます。ジャファーは見た感じ悪者って感じはした。

この間20年ぶりくらいに地上波で観ました。

ジーニーのパワーはやっぱり凄くて、展開が分かっていてもやはり笑ってしまう!

実写版ではウィル・スミスが出演していますが、アニメ版はやっぱり山寺宏一がぴったりですね。

みてて歌を口ずさんだり、前のめりになったりする映画でした。
「♪アラジンがいつのまにか泥棒になるなんて」の「いつ」っていつ?!
+-+Togetter
https://togetter.com/li/1367189
fusemasa

fusemasaの感想・評価

3.8
スーパー懐かしい。
ほんとに久しぶりに観たけどやっぱりオリジナルは違う。
基本的に吹き替えでは観ないけど幼い頃に観た記憶があるから吹き替えで観ちゃう。
ジーニーは永遠に山寺宏一だなぁ。
すき

すきの感想・評価

3.8
妹はジャスミンが好きだけれど、ジャスミンのグッズがありえないほど少ない。もしかしたらディズニープリンセスで一番少ないのでは?わたしはアリエルが好きなので大丈夫でした。アラジンは盗人なのにお姫様と結婚できてすごいな〜。そんなこともあるんだな〜。わたしも不束者だけれど石油王と結婚したい。そんな感じよね。アラジンはアニメシリーズがディズニーチャンネルであったので夏休みは毎日観てました。ぶっちゃけちょっと飽きたかも。まあ本作はすごくまとまってるので良きです。
実写版鑑賞前に吹き替えで再鑑賞。通しで観るのは公開当時に劇場で観て以来。改めて感心したのは魔法の絨毯の動き。手足どころか表情も無いのに感情が見えるようで見事。そしてランプの魔人ジーニーの自在な動きと山寺宏一の伝説の変幻自在な芝居が驚異的。一人で演ってんの?本当に?ディズニー作品なのに「トムとジェリー」のハンナ・バーバラ風味を感じるのは、ジーニーのトンデモメタモルフォーゼのせいか?悪役ジャファーの卑劣でちょっと間抜けな悪役ぶりが良い。神谷明のオウムがうるさい。楽曲はどれも良い。アニメ表現的にはキャラの表情に幅がなく、作画もレイアウトもあまり上手くない。記憶の中で美化されてた模様。
chamimerci

chamimerciの感想・評価

3.0
顔がなくても台詞が伝わる絨毯の愛らしさと、何と言っても、ジーニーの底抜けに明るさが魅力。
最後、ディズニーランド行く気満々、笑。
ロビン・ウィリアムズの演技がすごいと聞きますが、それを越えようとしたという山寺さんの吹き替え、さすがです!!
楽しい!!

でも、子供には文句なしのストーリーかもしれないけど、アラジンの魅力も見つけられず、大人にはもの足りないかなぁ。
>|