ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争の作品情報・感想・評価・動画配信

「ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大戦争」に投稿された感想・評価

鎌谷

鎌谷の感想・評価

-
魔女
フランケンシュタイン
ドラキュラ
オオカミ男
バックベアード

長男みんな知ってた。改めていろんな作品に登場していることがわかる。あのー"妖怪大戦争"なんですけど、いつものメンバーなんですけど…タイトルに釣られました。

『東映まんがまつり』の一本ですよね、懐かしい…吉幾三さんの「ゲゲゲの鬼太郎」が私ドンピシャ世代なので、また聴けてうれしかった。

まさか、この時代の鬼太郎が戸田恵子さんだったなんて…全く気づくことなく過ごしてた。やっぱりスゴい方ですね。安定の目玉おやじ(もう聞けない声なのが本当に残念です)
バックベアード登場。
ラストが呆気ない。
何の為の砦だったんだろう?

原作は昔読んだはずだが、こんなに登場妖怪少なかったかな?
上映時間の問題で削られたのだろうか?

ねずみ男がなかなか活躍しないなーと思ったら、最後にやっぱりやってくれました。
nao

naoの感想・評価

3.7
カロリーヌちゃんを守ろうとする鼠男がカッコ良かったね!カロリーヌちゃん^ ^💟鼠男ちゃん^ ^💟の言い合いとか可愛いよな〜
ママン

ママンの感想・評価

3.1
記録👀

私の時の鬼太郎ボイスは、野沢雅子さんと戸田恵子さんだったけど、個人的には戸田恵子バージョンの時に激的にどハマりしていた。

映画も観に行ったけど、どのタイトルを観に行ったのか❓🤔覚えてないな
ゲゲゲの鬼太郎って昔はこんな感じだったのか!ぼけーっと見てる分にはよかった!
つうか、このロリコンどもめ!、の妖怪?!画像は見たことあったから、あ!、ってなったw
わかな

わかなの感想・評価

2.3
大戦争だからオールスターものか!?と思ったけどそんなに人数いなかった。
西洋妖怪こわくなかった
ぽち

ぽちの感想・評価

2.2
前年の劇場版第一作が上映時間も絵のレベルもTVと同じだったのに比べ、15分長い40分となりキャラクターもアクション用にTV版より頭身を上げるオリジナルデザインになっていたりと、少しだが映画らしくなってきた作品。

ストーリーのつながりが悪かったり、スケールの小ささやいい加減さが、なぜか水木の原作の匂いがして良い効果を上げている。

新宿アルタもタモリっぽいサングラス男も、昭和のアイコンで懐かしく思い出してしまう。
あと一瞬出る百目は本気で怖い。っていうか生理的に見た目がダメだ。

ねずみ男のダーティーぶりが相変らず魅力的だが、珍しくラストでヒーローと勘違いされるのが楽しい。
1646本目。こういうあざとい設定はどんなヒーローものでも楽しいですね。「ゴジラ対キングコング」のようで。尺が短いので西洋妖怪のキャラクターの描き込みが薄いのが残念です。日本の妖怪が知恵と団結でそれぞれのモンスターと戦う姿が見たかったです。夢子ちゃんという恋愛要素がないのもよいです。
劇場版第2作の本作ですが、敵のバックベアードが懐かしかったですねー
当時ファミコンで中々倒せなかった敵キャラでしたか嫌な思い出ですけどね

作品の方は前作同様にキャラクターがデフォルメ的になる事もありギャグ要素が強い作品でした

ただ鬼太郎って、ちゃんちゃんこで妖力が戻るとは思わなかったですが

短い時間での作りになっているのでサクサク見れる作品ですね

2020年8月4日 220作目
シネフィルWOWOW 録画
恐らくベビーの頃に観たであろう1986劇場版をAmazonプライムで鑑賞。西洋オバケたちとバックベアード様が日本の離れ島に襲来!ドラキュラやフランケンたちはコミカルだけどボス戦はなかなかスケールがでかくてカッコ良かった!アルタとタモリが出てきた。
>|

あなたにおすすめの記事