おっぱいバレーの作品情報・感想・評価

「おっぱいバレー」に投稿された感想・評価

be

beの感想・評価

2.9
普通に映画としては好きなんだけど、これを観て教師にだけはなるまいと思った……おっぱいを見せる見せない関係なく
Akane

Akaneの感想・評価

-
私の前に道はない
私の後ろに道はできる!

生徒の成長と先生の成長がみえる映画

勝ったらおっぱい見ていいの?という疑問に関しては
結局、目的は重要ではなくて頑張ることの大切さを知ることに意味があったということ
Lbfm

Lbfmの感想・評価

3.7
すごく面白かった。
本で読んだ後に行った。
本の方がいいけれど。
2010年06月11日に、ブログに書いたたわごとの、転載になります。

おっぱいバレー

レンタル屋で借りてみるには、
かなり気恥ずかしいタイトルだと
思いますが、
この映画、好感度が高い
とっても良い映画です。
宣伝のコピー「このタイトルで
満足度90%」は、
あながち誇大広告といえない、
みょうなはまり具合。
見た後に考えると、
コピーライターの力量に
感心してしまいました。


主演は綾瀬はるか。


(ここでブログでは、バストショットの写真が貼ってあったりする)


なーにしろ、この(↑)危険な胸の
持ち主であるから、
ゆるい青春映画だと聞いていても、
みょうな期待はどうしたってしてしまいますが、
そういう方は「僕の彼女はサイボーグ」を観てください。
衣に隠されていても、強調したバストショットに、
目のやり場の困る映画でした。

そういう意味では、なんかとってもすがすがしい、
むちゃくちゃ良いって分けではないですが、
楽しく見れる本作でした。

この映画、なんと実話を元にしてるらしいのですが、
そのせいか、野暮ったいカットわりに
微笑ましい演技といったことを除けば、
みょうにディティールに凝った映画で、
ちょっと昔の地方都市の感じや、
走行する車がやたらに古かったり、
変に力が入っていて、
見ていて楽しいです。

登場人物の特に弱小バレー部の子供たちの
ダサさ加減のさじ具合など絶妙。
適当なのか演出なのか判断できませんが、
不思議な魅力となっていました。

なんていうか、肩の力を抜いて
のんびり見るにはピッタリの映画でした。

名作でも傑作でもありませんが、
間違いなく良作。
意外にこぶし握りしめて見てしまい
最後にほんのり泣かされてしまう人も
居るんじゃないかな?

https://american.naturum.ne.jp/e1027946.html
仲村トオルにナイスおっぱいって言わせたいだけの映画。悪くない。
仲村トオルのナイスおっぱいが聞けるのはおっぱいバレーだけ!!
名前はめちゃくちゃ知ってても聞いたことあっても見てなかったシリーズ

分かりやすくていい
雰囲気もいい
はけ

はけの感想・評価

3.5
普通にいい話で、割と泣かされてしまった。
先生の先生の話ね。
あそこだけ別映画みたいに雰囲気マジメ。
まあ自分は泣きのツボを押されるとなんでもすぐ泣くんだけど。

景色も雰囲気も挿入歌も良くて、中学男子がバカな事をしてる感じは純粋に楽しかった。
挿入歌は最後の方しつこく感じたけど。

実際見せたら、子供が言いだした事とは言えアメリカとかだと性的虐待で逮捕されるよね。
たかがおっぱい程度なのに、タイトルで評価低くなってるみたいで逆に引いた。

道程という言葉に中学生が反応してたが、自分は知り合いの絵が趣味のおっさんに、公共の場で「写生」連呼されて困ったことを思い出した。
「この間公園で写生したんですけどね。天気が良くて気持ちよく写生できました」みたいな。
ka28mar

ka28marの感想・評価

2.4
ふふふ。確かに中学生の頃って動機は常に不純なものよwww
でも結果的に頑張る彼らを応援してますたwww
まったくこんな原作があるなんてねw 水野宗徳さんの実話を元にした小説ですってwww
レンタルでどうぞwww
[R_D]
公開当時すでにいい大人だった僕はわかっていましたよ、人気絶頂の綾瀬はるかが罷り間違ってもオッパイを見せてくれることは無いと。

しかし何かの手違いや奇跡が起こり万が一にもオッパイが出ているかもしれないと、「確率がゼロじゃなければそれに賭けるのが男ってものさ。」と鑑賞しに行き見事に裏切られたものです。

でも久しぶりに見てみるとコレ面白いです。
王道スポ根青春ストーリーです。
バカな企画ながら昭和50年代の再現にかなり力が入っているのは好感。
合宿中になんとか11PMを観たら釣り特集だったシーンは映画史上に残る絶望シーンです。

男子バレー部のメンツがいいです。
リアル中学生感があります。
僕も中学時代に綾瀬はるかがオッパイ見せてくれると言われてたら死ぬ気で部活をやっていた事でしょう。

綾瀬はるかのオッパイに先頭で飛び込んだアイツは人生や性癖が絶対に変わっているのではないでしょうか。

当時「おっぱいバレー大人1枚」とチケットカウンターで言えない人の為に公式がOPVと言っても買えますというキャンペーンをやっていましたが、そっちの方が万倍恥ずかしい。

今作や座頭市やひみつのアッコちゃん等、綾瀬はるかは無茶振りの企画が多すぎて可愛そうになる事があります。

「ナイスオッパイ!」と言ってもカッコいい仲村トオルの様な男になりたいです。
>|