おっぱいバレーの作品情報・感想・評価・動画配信

おっぱいバレー2008年製作の映画)

上映日:2009年04月18日

製作国:

上映時間:102分

3.0

「おっぱいバレー」に投稿された感想・評価

人は、何かを賭けて戦いに挑むと、持っている以上の力を発揮する


賭けているものがデカい程に…


それが命だろうが、おっぱいだろうが、その人自身が精一杯戦うに値するものであればあるほど…

風速80キロがおっぱいの感触とか、男子にとっては通過点みたいなもんです


さすがに一緒にライブいくとかおっぱい見せるみたいな約束は教師がしたらいけないけど


そりゃ~頑張るでしょ!
くま

くまの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

「ナイスおっぱい!」

綾瀬はるかさんの魅力に頼ったコメディ、懐かしい歌謡曲をバックに、

男子中学生の青春おっぱい願望映画

思春期の男子の単純さ、純情さを面白く、ばかばかしく描いた作品でしたが、なんと実話がモデルらしい

綾瀬はるかさん演じるは新任の中学の国語(?)の先生だったか、、

男子バレーボール部の顧問となり、、、「バカ部」などとあだ名されているダメ集団。

情けないくらいやる気がなくて女子バレーボール部との練習試合でコテンパンに負ける弱小部の成長と新任教師の歩み、奮闘をコミカルに描いている。


・・・以下ネタバレ


「あなた達が頑張ってくれるなら先生なんでもする」と宣言しちゃったから、、

部員達は「試合に勝ったら先生のおっぱいを見せてください」と言い出し、、、強引な成り行きで約束させられてしまう。

それからは

単純で凄く浅はかな男子部員のモチベーションは高く、それまでとは打って変わって猛練習に励むようになり、

みるみる内にどんどん強くなって、綾瀬はるか先生危うし!大ピンチ。

「おっぱいは見せたくない、でも試合に勝って生徒達に勝つ喜びを教えてあげたい」という複雑な思いを抱えながら、

ついに試合当日を迎える、、、、




この時代の中学生はこんなもんでしょう、、、バックに流れる音楽が懐かしいものばかり、
「個人授業」、「渚のシンドバット」、「風を感じて」、「ヒーロー」、「燃えろいい女」、「微笑み返し」、、、、など

いい時代でしたね。

さて、最後はどうなるのだろう?

でもだいたいオチはこの時代の青春って感じで想像できた。

まあ青春ドラマらしい爽やかなエンディングでした。

感動ってほどではなかったが、、まあ面白かったです。

綾瀬はるかさんがおっぱいを見せる訳ないとはわかってはいても、、
彼女が「おっぱい」と口にするたびドキリとしながら、最期まで観てしまった。

セクシーなシーンは全くないです、ある訳ないですよね。

70年代に青春を過ごされた方は観て懐かしいなあと思うでしょう。

綾瀬はるかさんが好きなら観てよかったと思うでしょう?
Kir

Kirの感想・評価

1.0

このレビューはネタバレを含みます

顧問のおっぱいを見るためにバレーボールを頑張る話。

まぁ今だと規制が入りそうな内容で、ありきたりかな。

綾瀬はるかも真面目にアホ役をやるという意気込みが流石だわ。

あれ?おっぱい出てきましたか?な映画です。
思い出めも🏐

青春おっぱい映画❤

僕も中学時代、バレーボール部でした♪
綾瀬はるかさんのお胸に触れられるのであれば
もっと全身全霊、魂が燃え尽きるまで頑張っていたのになぁ。


こちらの作品は、
爽やかだがどこか愁いを感じる秋風の様です。

ノリは…結構おバカちゃん。
この年代の少年が物語の主役となれば
言わずもがな♪

何かに打ち込むのに、理由なんて何でもいいんです。
その瞬間、瞬間に
自分の心にどれだけ熱量を注ぎ込めれるかが大切なのだから。
例え、顧問の先生のお胸が理由であってもね❤

それにしても羨ましいなアイツら…


綾瀬はるかさんの演技は、多くの作品で
そのほっこりした空気感で癒やしてくれる。
勿論こちらの作品でも。
とってもキュートな女性を演じておられます。


彼らと彼女の物語は
少し甘酸っぱく
些か汗臭い
正に青春のいっぱい詰まった作品でした。
迂闊にも、些か感動すら覚えてしまいました♪

ん〜…やっぱり羨ましいよね❤


cast 4
story 4
architecture 3
Picture 3
acoustic 3

フィルマの皆様のレビューを読んで、
以下追記

見せてくれるだけだったのか…
妄想が独り歩きしてた。

それでも♪僕は頑張りますよっ!!
DamKeeper

DamKeeperの感想・評価

1.0
綾瀬はるかがおっぱい出す訳ないと、判ってるのに観てしまう哀しさ。
このタイトルは胸の“谷間”(=バレー)とバレーボールをかけているらしい。
なんとなく漂白されているけど気色悪さがあった。
2021.10.09

時代背景も古く、内容も有り得ないですが、バカで明るい作品なんで気軽に見れますね。最後は少しほっこりですね。
過去鑑賞

タイトルにある おっぱいが全く出てこないんだが...
たろう

たろうの感想・評価

3.2
中2のときに見たら膨らみそう。

え、何がって?
夢がですよ。
綾瀬はるか主演。落ちこぼれ男子中学バレー部が、勝ったら顧問のおっぱいを見せてもらう事を条件に頑張っちゃうおバカ青春映画。

【感想】
おっぱいに飢えてたので観てみた。というのは嘘だけど完全にノリで。
映画としてはかなり浅い内容だけどおっぱいだから許されます。
ツッコミどころ満載でもおっぱいだから許されます。
綾瀬はるかがセクシーなシーンは少ない。
モチベーションなんて単純でいいでしょ。

おっぱいは地球を救う。
>|

あなたにおすすめの記事