瀬戸内少年野球団の作品情報・感想・評価

「瀬戸内少年野球団」に投稿された感想・評価

QI

QIの感想・評価

3.8
今日は夏目雅子さんの命日。

1985年の今日、白血病の抗ガン治療の副作用が原因で27歳の若さでこの世を去りました。

『ひまわり』のソフィア・ローレンに憧れて女優になった彼女の女優人生はわずか9年。

その間、多くの映画、テレビ、舞台で活躍しましたが、スクリーンでの彼女がいちばん輝いていたと思います。

自分にとって『魚影の群れ』『時代屋の女房』そして本作が出演映画BEST3。

残念ながら本作品が映画での遺作となってしまいました。

時代は終戦直後。

彼女は瀬戸内海のとある島の国民学校の女先生。

戦死した(と思っていた)夫はかつての甲子園球児。

進駐軍とともに次々とアメリカの文化が押し寄せ、島の子どもたちはこの先自分たちはどうなるのだろうと右往左往。

とあることがきっかけで皆で野球をすることに。

そして進駐軍チームと試合の日を迎えます。

はたして結果は…

『二十四の瞳』と『がんばれベアーズ』へのオマージュに満ち溢れた作品です。

「わたしたち、野球やりましょう!」

子供たちに向かって意を決したように呼びかける彼女の凛とした表情とその姿が目に焼き付いて離れません。

さらにそこに流れるグレン・ミラーの♪IN THE MOODに気持ちが高まります。

夫役は当時29歳の郷ひろみ。

そして郷ひろみの弟役は本作品が映画デビュー作となった当時25歳の渡辺謙。

『みじかくも美しく燃え』というタイトルの映画がありましたが、彼女は今でも自分の中で“美しく燃え”続けています。

R.I.P.

p.s.
もう一つの9.11.も忘れてはいけませんね。
健一

健一の感想・評価

4.0
27歳の若さでこの世を去った夏目雅子さんの遺作。
と同時に 渡辺謙さんのデビュー作。

子供の頃、理由は全然覚えていないのだが、週末に新聞の朝刊に挟んであるチラシを見るのが好きでした。
なんでだろう? 理由が思い出せない。

ある日いつものようにチラシを見ていると本作のチラシが挟んであった🤭。 隣に居た父が、
「映画のチラシが新聞に挟んであるなんて珍しいなぁ。」
と言いだし、
「よし! 観に行こう!」
という事になった
幼い子供だった私は 当然ながら全然本作に興味がなく 半ば無理矢理 映画館に連れて行かれた思い出があります。


終戦直後を描いた作品は数多くあるが、本作は最高の一本。
戦争を引きずった大人達と民主主義に出会った子供たちが 野球⚾️を通して交差していく。

とにかく野球に打ち込む元気な子供たちに癒される。
それは 劇中の大人達も一緒で それも同時に伝わってくる名作。

夏目雅子さんが とてつもなく美しい。
戦場で負傷し、片脚となって帰還した 郷ひろみ の姿が衝撃的で子供ながらに戦争の恐ろしさを本作から学んだ。

かなり昔の作品だが、今の子供たちに観せても、充分に伝わる まさに名作です。



1984年 7月。
千葉 京成ローザ
💺600

Filmarksが掲載している本作のジャケ。
もうちょっと何とかならない?
何これ? DVD📀BOX?
ShojiIkura

ShojiIkuraの感想・評価

3.3
 戦後の島の子どもの愚直さは、現代の子どもの小賢しさに比べると、失笑すらしてしまうけど、可憐な駒子先生、小悪魔な武女に導かれて、野球というスポーツのもとにひとつになり、成長する。戦争で傷ついた大人たちも、犠牲を払いながら何かを取り戻していく。
 武女が「手紙が胸に当たったの」と言うシーンは、こんなことを少年期に言われたらと妄想して年甲斐もなくドキドキしてしまった。駒子先生と共に清純なるエロスだと思う。
阿久悠原作 自伝的作品の映画化

敗戦後の淡路島で暮らす子供達と学校の先生駒子との交流を描く
駒子は夫の正夫が戦争で亡くなり次男の鉄夫と再婚するように進められていたが正夫のことが忘れられず断っていたが。。

夏目雅子さんの遺作であり
渡辺謙さんのデビュー作品

因みに
阿久悠さんは数々のヒット曲の作詞を手掛ける傍ら「最高試合」という詞を書いている
高校野球の箕嶋×星稜戦を観戦し感動されて新聞紙上で発表された詞
今でも故郷の箕嶋高校には石碑が建っています
MOCO

MOCOの感想・評価

4.0
「私たち、野球 やりましょう」

 足柄竜太と戦犯として判決を待つ元海軍提督の父に同行して島にやってきた波多野武女(むめ)の淡い恋と、中井駒子(夏目雅子さん)と戦争で足を失い家に帰る機会を失った夫(郷ひろみさん)の深い愛を中心に、村人を巻き込んだ子供たちとGIの大人たちの野球が描かれます。

 昭和20年の淡路島。江坂町国民学校の初等科5年の男の子たちは複雑な気持ちで終戦を迎えました。日本の敗戦で「りっばな軍人になる」ための教科書は黒くぬりつぶされ、何を目標に生きて行けば良いのか解らなくなってしまったのです。この戦争で父親を失くした男組の級長=足柄竜太とバラケツ(ヤクザもんのこと)=正木三郎はもっと複雑な気持ちでした。

 子供たちの担任駒子先生も戦争で夫を亡くし、嫁ぎ先の父母から(駒子を気に入っている)夫の弟との再婚をせまられ、70人の漁師を抱える婚家の網元を離れるべきか迷っていました。

 そんなある日、駒子の死んだはずの夫が偶然竜太とバラケツの前に現れ、駒子を裏山に連れて来て欲しいと頼みます、しかし駒子は手紙を書き、会うことを拒んでしまいます。駒子はある夜、義弟に体を奪われていたのです。
 そして「死んだらだめだよ」と言う竜太とバラケツに落ち着いたら手紙を出す約束をして男は島を離れていきます。

 やがて武女の父親が裁判のため島を離れ、バラケツがダメな兄姉に誘われ学校を出ていき。子供たちの心を一つにしようと駒子先生が教室で竜太に言います。
「私たち、野球 やりましょう」
 
 ルールは知らない、夫が愛した野球ならきっと子供たちが、夢中になれる、そして自分もきっと・・・。

 気持ちの整理がついた駒子は、夫がいる金比羅を訪れ・・・。

 金比羅での会話は涙を誘い、ラストにバラケツの歌う「かえり舟(復員兵の歌)」が印象に残ります。

第27回ブルーリボン賞
 作品賞
第8回日本アカデミー賞
 作品賞
 優秀主演女優賞(夏目雅子)
 新人俳優賞(佐倉しおり)など数々の受賞をするのですが、キャストに新人として名を連ねる弟役の男優のことを「すごい迫力のある俳優さんが出て来た。」と友達に話した記憶があります。
 この映画は渡辺謙さんのデビュー作品であり、同時に27歳で白血病で亡くなられた夏目雅子さんの最後の主演作品です。(偶然ですが渡辺謙さんも白血病にかかりましたね)

 夏目雅子さんは1980年のNHKドラマ『ザ・商社』の出演で芸の幅を広げた女優で、1982年の『鬼龍院花子の生涯』の「なめたらいかんぜよ!」は有名なセリフですが、清楚で可憐な役が似合う女優さんでした。

 昭和歌謡史に名を連ねる作詞家阿久 悠さんの自伝といわれる小説を元にした映画、瀬戸内三部作の第一部です。

 「核家族」なんて言葉も存在しない頃の、お嫁さんが嫁ぎ先の両親に意見をできない時代のお話です。そんな国だったのです、100年にも満たない少し前のこの国は。
 
軽快な「イン・ザ・ムード」の音楽に乗せて。
敗戦国でもたくましく生きていく少年たち。
夏目雅子の魅力。
「ギブ ミー、ギブ ミーしてんか?」と言う少年が印象的だった!
二十四の瞳を彷彿とさせる温かさのある日本映画ですね。夏目雅子は早逝過ぎました。
多分、小学校で初めて観た映画。
「おっちゃん、ギブミーや、ギブミーしてんか」と、米兵にお菓子ねだるセリフは今も頭にこびりついてる。
瀬戸内"大人"野球団の広島カープ球団創設5年前の日本の世相、東京や大阪などの大都市ではなく長閑な淡路島でのそれが細かく丁寧に描かれていていました。
小学校の教科書に墨を塗ったり、砲台をアメリカ兵が破壊に来たり、小学校のクラス分けで男女別々が無くなったりと少しずつ戦争の影が生活の中から消えて行きます。
ただ、単純に描かれているという所にとどまっている感じでドラマとしては瀬戸内海の穏やかな海のように盛り上がりに欠けるというか惹き付ける物が少ない印象です。
出演者が豪華なのでそちらには惹かれますが…
また野球のパートが少ししかなくてこれは題名詐欺だと思います。
"瀬戸内"に加えて"野球"という言葉が入っているのでカープ優勝記念作品としてわざわざセレクトしたのにぃ……笑

※以下は本作とは関係の無い文章ですのでカープの優勝に興味が無い方は読み飛ばして下さい。

CーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーC
今年は二位のチームに大差をつけてのブッチギリの優勝です。
9回目のセ・リーグ制覇です。
ばんざーい\(^-^)/

私なりに今シーズンを振り返ってみますと…

今年は"逆転のカープ"と言われますがそれは投手陣が弱体で攻撃陣に頼った証拠でもあります。
先発ではただ一人大瀬良だけが計算が立つ投手で、後は投げて見ないと分からないジョンソン、野村、岡田、九里、投げなくても分かる藪田、福井。
中盤以降も昨年まで活躍したジャク(ジャクソン)、ザキ(中崎)、スモーキー(今村)が全く安定感が無い。
大瀬良ァ、一岡ァ、アドゥア、フランスア(全員名前のオシマイが"ア"笑)が居なかったらと思うとゾッとします。
まア、勝っている時のチームとはそういうものかもしれませんがァ…
苦しい台所事情をなんとかやりくりして乗り切った投手陣と言ってもいいかと思います。

対して打つ方は頼もしかった。
活躍した選手の名前を挙げたら切りがない。
故障や不振に陥った選手の代わりに出てきた選手が期待通りに穴を埋めた打線だったと思います。
まずタナキクマルが崩れても野間が埋めた。彼の活躍は大きい。田中の穴、菊池の穴、丸の穴、どこか一ヶ所穴が空いても全部埋めました。ドラフト一位で期待されて入団して以来実力を発揮できずに燻っていた彼は今年一気に花開きました。
穴を埋めたといえば西川、バティスタ、松山ら準レギュラークラスの活躍も見逃せない。
そして捕手で3割をキープしている會澤。西川と共に下位打線に彼がいるのは脅威です。
怪我を経験した丸、誠也の活躍も勿論大きい。打線の軸がしっかりしていたのは非常に大きい。
強いチームには精神的支柱がいるものですが、ヤッパリ新井さんです。数字の面で奮わなくても彼の存在自体がチームに安定感をもたらしました。
カープの精神的支柱になっている選手は黒田も新井も出戻りなので今度は丸とも言われていますがFAは行使しないと信じています。

最後に今年は西日本豪雨があって広島県でも大変な被害がありました。
阪神淡路大震災の年、イチローがいたオリックスが「がんばろう神戸」を合言葉に優勝したことを思い出しますが、今年のカープも被害にあわれた方々の励みになったのは間違いありません。
この勢いでぜひ日本一になってもらいたいものです。
>|