ロボコンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ロボコン」に投稿された感想・評価

カカオ

カカオの感想・評価

3.0
まだ初々しい長澤まさみ、
まだゼンゼン整っていない小栗旬、


全国の高専がロボットで争うゲーム、ロボコン。
中途半端な理系の心を刺激させる。















青春の脚本は今ひとつだったが、ロボコンの面白さが伝わる演出。







一回戦負けしていたBチームが、全国を制覇する展開が強引過ぎる。










ロボコン、
様々なルール設定があって見てて面白いけど、会場が一体となって掛け声しなければならないような不必要な盛り上げが面白くない。
気付いたら応援してました。
小栗旬と長澤まさみが初々しい。この後、「岳」や「銀魂」で共演することを考えると、感慨深いですね。
2022-4

全編通してシュール
約20年前の作品だから当たり前にキャストが若いけど、長澤まさみがセカチューの1年前とは思えない程特に幼く感じた
Kuroita

Kuroitaの感想・評価

3.8
長澤まさみがかーわいい。
なにかに熱中するのはやっぱり楽しい。
Gak

Gakの感想・評価

4.5
懐かしいよーーー、誰か助けてーー、懐かしくて死んじゃうよーー、助けてー!!





無理やり巻き込まれて、でも負けて悔しくて、頑張ってみたい、っていう長澤まさみに、いつのまにか感情移入してるの、脚本めちゃくちゃ勉強になる。

旅館で別角度からの訓練ってのも超いい。

とにかく手際がいい、大変良い脚本。

アイデンティティを掴み取る物語のお手本中のお手本だ。成長前のセットアップの速さも、成長のさせ方も。
tacky

tackyの感想・評価

4.0
周南コンビナートを背景に、颯爽と自転車で坂を降りる長澤まさみ。
もうこれに尽きるでしょう。

この作品を観たのちに、NHKの深夜の「ロボコン」を見まくってた時期が懐かしい。

長澤まさみの原点であり、理系高校生の甲子園「ロボット・コンテスト」を描いたこの作品は、青春映画としてはゆったりと進むが、意外にも熱い感情が溢れていて、とても感動した。

チームの四人もさることながら、脇役まで魅力的な人物として描いてある。
また、ところどころBGM無しで、二人の人物のゆったりとした会話を、正面ショットで捉えた構図。などなど上質のフランス映画を観ているみたいだった。(少し褒め過ぎかも)

「夢先案内人」を唄う長澤まさみもカワイイが、
長澤まさみにしばかれた小栗旬が、メガネを壊して、次の日コンタクトにしてきたのを見て、ドキッとするところで、胸がキュンとなった。

青春だぁ!
ロボットコンテストの模様がリアルで面白かった!合宿の時の旅館での女将とのやりとりが笑えた。とにかく第2ロボット部!皆初々しくて、可愛いです。
springday

springdayの感想・評価

3.5
長澤まさみ、小栗旬 初々しい。伊藤淳史、塚本高史、荒川良々はかわらないね。
kuuc

kuucの感想・評価

2.8
再視聴

当時の事はすっかり記憶にないですが

キャスト豪華だし
みんな若い!可愛い^_^

青春だな〜
まるみ

まるみの感想・評価

4.0
今までロボットって、ただただ難しいイメージが先行して毛嫌いしてたけど、何かの課題に向けて解決法考えて実際に作るっていう流れがあるの知って、すげー面白そうだなーと思った。
あと、荒川良々、若い時も今も変わらなくてびびった。あと長澤まさみはやっぱゲロ可愛くてびびった。なにあの可愛さ。きゅんきゅんする。
>|

あなたにおすすめの記事